ハイスペック・バカ

食べることを強いられてみた

 ガンダムAGEスナック買いました。蓋部分のタイトルロゴと「スナック」の文字の位置関係、そしてデザインのズレっぷりが面白過ぎます。おまけのトライエイジカードも初期に販売されたものの再録だそうで、この手のお菓子のウリである「お菓子を買わないと手に入らない!」がないあたり、東鳩もどんだけ強いられているんだという気分になります。わざわざ使い回しの効かなさそうな「A」の形を作っちゃうし。放映開始と同時に売り出せなかったのはこの形状のせいだとしたら(カードが完全にフリット編のものしか入ってないし)かなりの機会損失が発生した恐れがありますが、同時に出た所で売れたかというとそれはそれでわかりません。
 ちなみにバーベキュー味のスナックは普通に美味しかったです。
    21:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

こってりの極みの鍋

 寒くなると鍋料理が嬉しくなります。急激に気温が下がっていったのでここぞという事で以前から温めていた鍋プランを試す事にしました。
 天下一品のラーメンスープを利用した天下一品鍋でございます。
 作り方は簡単。天下一品でラーメンを二杯注文し、出てきたラーメンを持参した容器に全て移して持ち帰り、その中に自分の食べたい野菜をぶち込めば完了です。

 真似しないように。

 実際には店鋪やネットで持ち帰り用のラーメンが売ってるので、それを購入します。僕が購入した時は麺とスープ以外の箱や辛子味噌なんかが在庫切れてしまっていて、店で使っている辛子味噌とニンニクをラップに包んで、足りない箱の代わりに袋に詰めてくれました。多分普段はちゃんとしてくれると思います。付属品が足りなくても別に困らなかったんで、こういう対応してくれた事に感謝します。翌日定休日だったし新潟は一軒しかお店ないし。

 で、被験者をひとり呼んでおいたので三人で鍋にしてみました。四人前購入しておいて、最初の鍋で二人前消費、〆のラーメン用にもう一人前消費という計算でした。一つ余るのは予備。余れば後で普通に食えばいいし。
 スープの量に関してはこれで十分でした。具材は他のブログを参考にして、白菜と豚コマをメインに油揚げやつみれ、長葱などの味が染みやすい、香りの強すぎないものを選択。
 野菜が入ってるとそれなりにあっさりします。辛子味噌は多めにあると良いかも。場合によっては付属のものだけでは足りない人もいるかもしれない。
 鍋2ラウンドの後にラーメンを二人前投入して、スープもここで一人前投入。麺は一分ほど茹でてから(通常は2分)鍋に入れて軽く煮込みました。

 翌朝は残りのスープにご飯突っ込んで玉子で絡めて雑炊。完食。
三人がそれぞれ二回に分けてラーメン一杯スープごと全部飲み干した状態であり、調理前のあの袋に入った状態のスープの中の油を見ると摂取カロリーに戦慄を覚えますが、大変うまかったので良かったということにします。豆乳鍋とかともまた違った、一風変わった鍋が食いたいという人にはおすすめです。

 食後の感想としては、ラーメンと同様に「大変おいしかったけども1シーズンに1回食えればいいかな」という感じでした。1回に鍋とラーメンと雑炊と何度も楽しめる分、身も心も満腹になってしまうのでしばらく食わなくてもいいなーというのは普通に天下一品のラーメンを食べた後よりも強く思いました。普段から週一くらいで食えるよ!という人は普通に何度もいけると思いますが。
    18:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ご当地グルメグランプリin月岡

国際ご当地グルメグランプリin月岡に行ってきましたよ。
ここ最近の天気の悪さというか台風のアレの中、どうなるかと思ったら雲一つない青空でした。九月じゃなかったらそこら中で倒れる人が出たんじゃないかと。

家を出て、駅についた所で所持金がほとんどない事に気付いたりもしましたが、気にしない事にします。
田舎のイベントのくせに駅に行ったのは、会場までの足として今回はSLが用意されていたからです。SLばんえつ号として会津若松と新潟を結んでいた蒸気機関車を普通料金で利用出来るという事で、せっかくだから乗っていきましたが気分満点ですね。ご当地グルメとは何も関係ありませんが。
窓開けてる奴がいたせいか車内に煙と煤(炭のかけら?)が入りまくってましたが、まあ滅多にない事だから気にしない事にします。あと走ってると凄い数の撮り鉄さんに遭遇したり、こっちに手を振る人がたくさんいたりと乗っているだけで楽しめました。1人、反対車線の砂利の辺りに陣取って撮影していた人がいたんですが、我々が彼を見た直後に反対車線を列車が通過していって、彼は大丈夫だったんでしょうか。特にニュースとか出て無かったみたいですが。

新発田駅で降りて、シャトルバスにゆられて会場へ。一緒に来た友達と別れて並んで三種類の焼そばやきのこ汁なんかを適当に買います。行列の凄い所と、その間にある不人気スペースの差が凄くてなんか物悲しい気分になったりとか。アスパラケーキおいしかったですよ!単に暑すぎて皆がアイスに走っただけですよ!
唯一屋根のあったテントは常に満席で、地面はほとんど湿っている状態だったので日に晒される場所しか残ってませんでした。ステージ脇の階段状の部分。まあ、ある意味ここは当たりの場所でしたが。

会場にはゆるキャラ着ぐるみがいくつか来てました。もちうさぎとかレルヒさんとかレッドやきそばのキャラとか。中の人の安否が気になるくらいの天候でしたね。一部のキャラは背中にファンがあったので(きっと気圧差で膨らますのも兼ねてるのね、今時の着ぐるみは)大丈夫なのかしら。

ステージでは色んなPRイベントが行われて、ビール片手に適当に見ていたのですが、一人の友達の大プッシュである「Negicco」ライブが始まりました。ねぎっこと言えば新潟に完全に定着したご当地アイドル。もう九年近いキャリアを誇り、ほとんどメンバーが変わっていないというのも特徴です。あくまで地元のねぎRPのためのユニット(キャンペーンは終了してますが)という立場を変えず、ここまで続けてきたそうです。あいさつは「こんにちネギネギ」です。覚えましょう。

ステージに上がったねぎっこ三人、軽いトークの後におもむろに袖から取り出したダンボール箱。その後曲の前奏が始まり、何をするのかと思ったら箱から新鮮なネギを取り出して観客席に投げ付け始めました。何なの。どんどん投げます。間髪入れずにオーバースローで投げ付け続けるねぎっこ三人と、それを下で受け止める観客。綺麗な放物線を描いて飛ぶ緑と白のツートンカラー。突然気を利かせて我々側面の客にもねぎを投げ付けた所、気付かず歩いていた通行人の頭にヒットして真っ二つに折れ、その破片を避けようとした他の通行人が持っていたラーメンをぶちまけるという地獄絵図が目の前で繰り広げられたりもしましたが面白かったので気にしないことにします。我々は「投擲された葱は人体にぶつかると意外とダメージを受ける」という事を学びました。格闘漫画で殴られる人の1コマみたいでした。
キャンペーンは終わってもねぎっこは葱のために活動するアイドル。ライブ(というかこの手のイベントゲスト時)でも毎回葱投げはやってるっぽいです。惚れそう。

で、気を取り直してライブが始まったのですが、というかここまでが前奏のほんの数十秒程度の事だったのですがあまりのインパクトに数分に及ぶ壮大なコントのように記憶に深く刻まれてしまいましたが、それはさておきライブです。

思ったよりクオリティ高い。歌も踊りも。
歌詞は葱を食えというど直球なものではありましたが、三人の歌も踊りもちゃんと見られるレベル。学芸会レベルを想像していたらとんでもない話でした。さすがキャリアの長さは伊達じゃありませんね。いや、普通によかったですよ。アイドルの歌ってこうだよね!って感じの楽しい曲だったし。踊りも可愛かったし。レルヒさんも登場してノリノリで踊ってました。
二曲目あたりでステージを降りて最前列の人と握手したりとか演歌歌手みたいな事してましたが凄く喜ばれていたし、地元密着アイドルって感じがして好感度アップ。降りてた時明らかにマイクが口元になかったけど歌は続いていたとかそういう事は気にしない事にします。あとレルヒさんがその間ステージで一人で踊っててプロ根性見せていただきました。レルヒさんは新潟を代表するキャラになって欲しいです。動きにくそうだけど。

正直写真だけ見てた時はそれほどでも…とか思ってたんですけど、実物はすらっと背が高くてスタイルもよくて、短いスカートで生足晒して素敵なダンスで笑顔がものすごく魅力的で、大変素敵でした。一緒にいた友人も全員ねぎっこにハマってました。とりあえず今後イベントのゲストに来るのがあれば見に行こうと思います。CD買ったりするかどうかはわかりませんが。

ねぎっこライブが終わったあと、適当に食ってからもう一つのグルメイベントにも顔を出しました。一緒にやれよとか思いましたがこっちは毎年やってるイベントなのかしら。DASH村でお馴染み浪江村のやきそばとか出てました。あとこっちのステージは地元の演歌歌手っぽい人が歌ってました。正直もう疲れててほとんど覚えてませんが。

二時くらいに解散して、シャトルバスと電車に乗って帰ったんですが、バス待ち列とか電車時間の待ち時間とかで結局家についたのが三時間後という。車で行ったら1/3くらいで着くような所なんですが、まあ昼間に外で酒が堂々と飲めたので満足です。
来年はまた会場を変えて「どこか」でやるらしく、食の陣や酒の陣と並んで新潟の秋の風物詩となって欲しいですね。もちろんねぎっこライブも込みで。
    18:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

料理そのものは美味しかったです

鶏肉のオレンジ煮というものを初めて食べました。オレンジが余ったのでという事で作ってくれたのだけど。

鶏肉は大変おいしかったのだけど、調理に使われたオレンジを試しに食べてみたら凄い味。
オレンジの酸味と肉の脂の悪い部分だけを凝縮したこの味は……。
あれだ、胃液。

乗り物酔いとか飲酒時の悪酔いとかで気持ち悪い最中に胃から逆流してくるあの喉の奥から広がるあの独特の不味さ。あんなものが不意に再現されるとは思いませんでした……ッ。

腐ったとかの理由のない食い物で体が拒絶反応を示したのは初めてかもしれません。
    19:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

マスターグレードグミキャンディー

昔から昆虫系は蛾でも触れるくらい平気なのですが、なめくじとかかえるとか表面が濡れているタイプの生き物は苦手です。

で、そういうのが簡単に作れて、しかも食えるという素敵なアイテムがジュース合成グミックスです。
商品としては単に型が入っているだけ(計量カップなどの細かい道具もあります)で、専用の粉とかの材料は一切なし。市販のジュースとゼラチンで作れるのはよいですね。

とりあえずオタマジャクシとカブトムシの幼虫が難易度が低そうで効果は高そう、という感じなので挑戦してみました。

ちなみに最近のプラモデルのように成型色ごとにパーツが別れたりとかしないので(昆虫の足などは複数のパーツになっているものもあります)、この幼虫は側面の黒い丸部分や口元の部分は先にコーラグミを流し込んで固めてから白い部分の豆乳グミを流し込んでいます。この辺が多少難しいですが、あとはそれほど大変でもないです。
どちらかというとグミ液の作成が大変。30mlの液体の中に10gのゼラチンを入れて溶かすというのが予想外に面倒です。濃度が濃すぎてかき混ぜにくいし気泡は抜けないし。

やってみての注意点としては以下のとおり。

・グミ液はかるくあふれるくらいに型に流し込んだ方がバリ取りが楽。綺麗に流し込んで長さ1ミリのバリとかになると逆に面倒でした。取ったバリは溶かせばまた使えます。

・寒い季節だった事も影響しているでしょうがあっという間に固まっていくので、型は温めておいた方がいいのかもしれません。これから暑くなればその心配もいらなさそうですが。半端に固まってくると糸引くんだ、これ。

・砂糖は箱にあるより多めに入れないと味がしない。市販のグミキャンディーはどういう分量なのか気になるほどに。

・気泡はあまり気にしないでいいと思いました。

・初期セット(マザーセンター)を買わなくても湯煎出来る設備があれば作れます。ただし容器が軽いので中身がなくなるにつれて浮いてきて倒れるので注意が必要。マザーセンターは湯煎状態で固定ができるので倒れる恐れはありません。

何度かやってみて、わりと評判よかったですんで試してみてはいかがでしょうか。言うほど美味しく出来ないのが最大の難点ですが。
あとカエルの難易度が思った以上に高くてめげそうになりました。
    20:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

噂のラー油を食べてみた

最近話題になっていた、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を発見したので買ってみました。
辛い物に耐性はそれほどありませんが、品名の通りならなんとかいけるかなと思って。

蓋を開けてみると、ラー油という商品名からはちょっと想像のつかない具の多さにびっくり。スプーンでかき混ぜて取り出すのですがジャリジャリという感覚はどう考えても油のそれじゃない。
とりあえずごはんにのせると美味い、という事なのでまずは炊き立てのご飯に軽く一杯。

ヤバイッスわ。マジヤベえッス。どんくらいヤバイかっつうとマジヤバイ。

ラー油の中に入っているフライドガーリックのカリカリした食感とほのかな辛みと他の具材からなる複雑な味が油というパッケージに包まれながらご飯と絡み合って何ともいえない美味さになりました。まあ言うても油ですからね、それほど強烈な味が広がるわけではないんですが、暖かいご飯と絡む事で「油という旨さ」が直球で味わえる、そういう感じです。
これはすごいわ。油だからすいすいからだの中に流れていっちゃうし、それでいてガーリック等の固い具材が噛む事への満足感も補ってくれる。ある意味理想の「ご飯の友」かもしれない。
いつも通り食べているのに「もっとご飯食いたいな」という物足りなさまで味わいました。本当の意味でご飯三杯いけますよ。
ご飯以外にも色々使えそうですね。ニンニクが使えるタイプの料理には何でも合うんじゃなかろうか。納豆と組み合わせたら世界最強なんじゃないかと思ってますが。

もちろん油なので(一瓶で600kcalくらいありますんで)食いすぎにはご注意下さい。
    21:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: