ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

最近ってほどでもないおすすめマンガ

 今週アップしているエントリはかなり前に書いたものをようやく公開できたものなので、結構賞味期限切れ掛かっていたりするのですが、最近ずっとガンダム感想文しか書いてなかったし、少しずつ出していこうかと。

 最近買った本でオススメを。

 林家士弦「地獄ニート」
 エロ漫画誌で描いていた頃の作品集という事で、微妙に古いものが多いんですが、はやて×ブレードが好きなら買って損なし。掲載誌の都合で下ネタ方面へのリミッターも解除された林家ワールドは暴走の極みへ。
 表題作以外にも読み切りのエロ特化漫画も収録されていますが成年指定する程の物でもないような感じなので安心ですね。
 林家ファン以外にもキレのいいギャグ漫画をお探しの方にも是非一冊。

 竜の学校は山の上
 この人の作品を初めて知ったんですけど、凄くいいですね。ちょっとファンタジー系かじると考えるであろう事をしっかり考察して作品にまとめてくれているという、多分僕が一番読みたかった(描きたかった)ファンタジー漫画かもしれない。
 例えば「魔王を倒した後の勇者はどうなるんだろう」とか、「現実的に半獣人がいたらどんな社会になるんだろう」とか「現実世界に竜が存在したら?」とかそういう感じのお話がたくさん入っています。
 どちらかというとドラマ作りより世界観の構築や考察をするのが好きなのかなーと思うほどに緻密に作り上げられた世界は、これ以上ないってくらいにベタなファンタジー要素が組み込まれているにも関わらず、その妄想が、まるで人間サイズのカマキリとして顕在化して自身に傷をつけてくるかのごとく、どれもこれも一定のリアリティを感じてしまうように出来ています。
 表題作は現代の我々とほぼ同じ世界において、もはや脅威とはみなされず、滅亡の一途を辿るドラゴンという生物は必要なのかという問いに対し、非常にシニカルな解答をはじき出します。

 ただの揚げ足取りではなく、疑問を自分なりに解釈して、検証して、その上で作品として成り立たせるという形になっているのが痛快です。
 普通の人なら看過してしまうような設定部分に注目して、その部分の妄想を肥大化させて現実世界にリンクさせる作風は、「それは昔からそこにあるからそれでいいのだ」という事では済ませたくないタイプの人には大変おすすめできる作品です。

 ビブリオ堂古書店
 書店で原作小説を見かけて気になってはいたんですが、漫画化してくれていたのでそっちを買いました。小説のコミカライズはボリュームが膨大になって終わらなくなる恐れもあるんですけど、気になったら原作読む事にします。小説の積みタワーが割としゃれにならない状態ではありますが。
 古書店と古書にまつわるミステリーという事で、てっきり実際の事件を過去の作品の設定に結びつけて解決する安楽椅子探偵的な作品だと思っていたら誰も殺されなくてびっくりしました。
 日常の中に潜むミステリーって結構あって、そういう部分の謎に迫る作品も意外と多いという事を氷菓のアニメ化の際に知ったんですが、今の所そういう感じの内容でした。
 亡くなったおばあさんの蔵書の中の、夏目漱石全集に一冊だけ書かれた夏目漱石のサインがきっかけでその真贋を見極めるためにやってきた古書店の店長と主人公の交流や謎解きがメインとなります。
 かなり淡々としたお話なので、連載用の漫画に起こすのはさぞかし大変だったろうとは思いますが、丁寧に話がまとめられているので面白く読めました。
 単行本一巻時点で原作の1/4しか進んでいないようなので、これ以上の話が知りたくなったら原作読んだ方が早そうなんですが、とっかかりとしてこの本屋対象にも選ばれて累計300万部という売上の作品がどのような内容なのかを知るという目的で読んでみてもいいんじゃないかと思います。
    11:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/996-f7ed5ca5
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。