ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE42話「男みたいな名前だなってフリットに言って欲しかった」

 井上和彦さんなので。

 久しぶりに周回遅れになってしまいました。
 書くだけは書いてあったんですけど更新するタイミングがありませんでした。実際ガンダム感想文以外にも色々書いてはあるんですが更新する作業に移れないままタイミングを逃してる状態で、8月の後半からはまとめてアップしていこうかなとか。
 どうでもいいですけどノイタミナでやってる「夏雪ランデブー」のOPの人の「Aimer」の歌のPVが百合エロくて素敵でした。
 今週は、ここ数話で突然登場したジラード・スプリガンさんのお話だけで本当に一話まるまる使ってました。ジラードさんのエピソードを通してユニコーン第一話のテストシーンをパクったり連邦の腐敗っぷりを表現したり、(本来AGEには完全に縁のないはずの)強化人間エピソードにあたる部分を無理矢理突っ込んだりしてました。そういう回です。冒頭に全部書いてしまったのは、これがあと8話しか残っていない、クライマックスに向かうべき状態での展開である点を考えるとココが一番面白かったからです。

 さて、冒頭に戻って。
 ジラードさんの情報はディーヴァでも確認され、やはり連邦の元パイロットである事が判明しました。しかしジラードとは男のような名前であるなーと艦長がポツリ。逆カミーユ

 そして月面ではジラードさんのターン。GエグゼスをベースにしたXラウンダー用MSだそうで(例によってガンダペディア情報です)、連邦にもちゃんとXラウンダーはいたようです。しかしこれマッドーナ工房製なんですね。Xラウンダーの資料とかテストとかどうしたんだろう。
 背中に背負ってた謎の機械は専用のファンネルで、イメージファイトのPODのように後ろから付いてきててびっくりしましたが、一応ファンネルっぽい闘い方もしてくれました。何故か背面にドリルがついててMSのコクピットを直接えぐってましたが、その機能の存在意義がわかりませんでした。近づくなよ

 ジラードの目的はガンダムと戦う事で、顔を歪めながらフラムの邪魔をしつつ、ガンダムと交戦します。ゼハートの命令も聞かずに勝手に行動する上に普通に命令に従っているだけのフラムを貶すというよくわからない人です。

 キオと対戦中、唐突に自分がなぜ寝返ったのかを語りはじめます。例によって対戦中です
 元々は名前は違うちゃんとした女性名だったんですけど、一緒にXラウンダーのテストパイロットとして働いていたジハードさんという男性と付き合いはじめて、Xラウンダー同士の性交渉って何か凄そうだなとかどうでもいい事を考えながら(だからユリンに拘っていたのかフリット。謎が解けたぞ)話は進み、Xラウンダーの強化パーツ(ミューセルみたいな奴?)のテストとして小惑星群を飛んでいたら急に暴走してジハードさんは衝突して死亡。彼女も重傷を負いましたが何とか生還。
 その後暴走は実は連邦が焦って未完成状態で無理矢理テストしたという事がわかったので連邦を恨み、タイミングよく裏切り者がいたので一緒になってムーンベースを明け渡したという事のようです(ものすごく大雑把な説明なので細かい部分に差異はあると思います)。その時に彼の名前をもらってジハードと名乗る事にしたようです。連邦のデータベースもジハードで再登録されちゃってる(ディーヴァで調べてたので多分そうだと思う)のですが、そんなの認められるもんでしょうか。
 そんな訳で、連邦はダメで本当の正義はどこにあるんだろう、的な話の展開にしたいのかなーというかフリットだけが正しかったという展開にでもしたいのかなーとかそういう感想です。
 連邦が腐っているという話はずっとやっていましたが、フリットがあらゆる手を尽くして制裁したはずなのにまったく意味が無かったという事についてはどうお考えなのでしょうか。

 そして、全てを話し終わって(回想シーンが終わって)画面が二人の所に戻った時、二人のMSは宇宙空間で静止した状態で佇んでいました。行儀がいいのはよろしいが、死ぬぞ。

 「奴の過去などどうでもいい、殺れ!」というフリットの意見には珍しく同意。目が血走っててかなりやばかったですけど、普通に裏切り者をいちいち温情で許してたら組織は持たないので、当然ですね。
 せっかく三世代に渡る物語やってんだから、重要キャラほど前世代と関係ないキャラっていうのやめませんか。深みも何も無い要因の一つなんですけど。世代間での引き継ぎが多いと途中から見る新規顧客が話について行けなくなるという配慮なら大丈夫だと思うんですよ。途中から見たがるような人はほとんどいないんだから。

 あと、アセムがゼハートと対戦中に、イゼルカントの真の目的をおおざっぱに説明していたんですが、ゼハートは聞く耳持ちませんでした。おそらく一応念のために後でイゼルカントに直接「アセムがこんな事言ってたんですけど嘘ッスよね?」とか聞いて「マジっすわ」って返事もらってショック受けたりするんじゃないかと思ったけどその前にイゼルカント死んでるかもしれんな。

 その後、なんかXラウンダーだけ共感してる感じの描写をしているなかでアセム一人だけがぽかーんとしていて、スーパーパイロットの設定はほんとうにこれでよかったんだろうかという気がしてきました。

 というわけで今週は「ジラードはあと何週生きていられるのだろう」でした。無駄にキャラ出すのやめて欲しい所ですがそういう作品だと思うしかないですね。
 後半が尻切れトンボっぽい感じで終わりそうなのは、下書きの古いバージョンを保存してしまっていてまとめ部分がまるごとなくなっていたからです。
 まあ、明日すぐに今週のお話をアップするので気にしないでいただきたい(するよ!)。
 
    22:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/991-4748b11e
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。