ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE41話「知らない間に好感度MAX」

 ユニコーンの5話をようやく見られましたよ。ああガンダムってこういうのだよなって思いました。登場人物の立場が複雑に絡み合ってわかりにくい部分もありますが、それぞれの主義主張がぶつかりあい、巨大な兵器が動き回って戦争を繰り広げていることをしっかりと描いた、まぎれもないガンダムだなーと。MSの動きの重さと軽さがしっかり描けているので「大きなもの」という表現がしっかりしていたのもよかったと思います。久しぶりにガンダム見たな!って気分になれましたよ。
 クリックした後にある感想文は何なんだって言われたらまあ、その、アレですけども。
 冗談はさておき、今週もガンダムAGEの感想文です。
 実は今週は話が全然進まず、MS戦闘を見せただけの話だったので、あまり書く事がなかったりします。
 まず前半は回想シーンを使って戦う理由の再確認を行うのですが、本編より回想シーンの方が多いんじゃないかという構成になっていてちょっとびっくり。作画の荒れとか総集編による作業の調整とかが行われない、安定した進行(視聴している限りそう見えるってだけで内状なんか知りませんが)が唯一とも言えるウリなのに、進行状況を邪推してしまいかねない程の総集編っぷりにはちょっと残念。単なる演出だというのなら、もっと短くして欲しかったかも。
 最近はもう日野さんの脚本でないと満足出来ない体になってきてるんじゃないかという気がしてきて大変恐ろしいです。つまらないの次元が違うというかね。あ、いや、とても楽しんでおりますけども。

 先週からずっと侵攻しているにも関わらず、ようやく月面付近にたどり着いたディーヴァのアビス隊に対抗するためにゼハートが出陣します。偉い人ほど前線に出たがるのはいつものこと。その直前にフラムがXラウンダーの脚本先読み能力によってゼハートの愉快な死に顔を見てしまい、彼を守るために一緒に出撃する事に。
 彼女も元々はゼハートの事を見極めて、駄目な奴なら殺そうとしていたはずなのですが、以前一回だけゼハートが部下の名前を列挙した件だけでもう命をかけて守ろうとする程に心酔していました。好感度上昇イベントを序盤に一回やっとくだけでパラメーターMAXとかヌルすぎですねこの女。藤崎詩織を見習え。しかも上昇した描写一切なしで急に死亡フラグレベルのイベント開始とかもうちょっとイベント絵入れてあげてくださいよ。ルゥなんて複数イベント用意された挙げ句回想シーンまで出てきましたよ。
 そして先週からずっと意味ありげにゼハートの後ろに突っ立ってた謎のパイロットっぽい人が、なんなのかと思ったら連邦から寝返っただけの人らしいです。なんでそんなに偉そうなの?再就職先の責任者相手になんでそんなに不遜な態度が取れるの?
 というか残り話数も少ない中でそんな意味ありげなキャラを今更追加するのがよくわからないというか、裏切り者ならシャナルアさんでいいじゃないのこの役どころ。どうしてそんなに声優無駄遣いしたがるのかわかりません。

 あとはもうずっと戦闘してるだけ。
 戦闘シーンのキモはアセムvsゼハートと、キオvsフラムの二つでした。
 アセムは「海賊だから好きにやらせてもらう」という事をわざわざ父親に報告してから参戦してました。律儀ね。
 そのアセムとゼハートの戦闘では、アセムを見つけたゼハートが「アセムぅ~!」って感じに全力でアセムに向かって飛び込んで月面を転げ落ちる様が感動の再会みたいな感じの絵に見えて愉快でした。その後は後ろの方で延々とドラゴンボール戦闘(移動と攻撃の軌跡だけで表現する高速戦闘)してましたね。
 キオは相変わらず首刈り族を続けてるんですが、切られた首が月面に落ちて行くのを見て「月面だから大丈夫」とか言ってましたが本当か。検証したのか。お前一度も月に言った事もなければ重力差も聞いた事もないのに「月は地球より重力が低い」という情報だけで大丈夫って言ってるだろ。首だけで衝撃に関する緩衝装置もないのに無事に済むのか。そもそも着陸するまでに流れ弾に当たって蒸発してるかもしれませんが。無事に着地出来た所でその直後に地上でMS戦始まってるので生きて帰れる気がしません

 その後フラムの乗るファルシア(の、ユリンが乗ってた機体の色違い)との戦闘になります。キオは一生懸命闘いをやめようと言い続けるのですが、当然のようにフラムは聞き入れずに攻撃してきます。首刈ってから言えばいいのに、というか相手より有利な立場にならないとそういう話は相手が聞き耳を持たないものだと思うので、主人公の思うがままになる展開しか起こらないこの世界にしてはリアルな反応だと思いました。
 話を聞いてくれないので焦れたキオはファンネル全開でフィールドのようなものを作ってフラムを追いつめます。何か凄いもの作ったよこの人。結局逃げられたけど。

 その後、基地にいた例の偉そうな裏切り兵士、スプリガンさんがGエグゼスの色違いで援護にやってきて終了。背中にビット積んできたっぽいです。ビット系装備搭載MSが増えると戦闘シーンが単調になりそうで怖いなあ。

 今週は「総集編で尺取った後に新作MSと色違いMSのお披露目だよ!プラモ買ってね!」というお話でした。出るのかどうか怪しい機体ばかりでしたが。活躍する機体ほど出てこないというか、こんな終盤に出た機体がそうそう発売されるとも思ってませんが。しかし日野さん担当回じゃない時は話を進めてはならないでもあるんでしょうか。正直今週と来週は一つにまとめてフラムとスプリガンの立場を対比して表現した方が面白かったんじゃないかなーって思うんですけど、次週は一話まるまる使ってスプリガンの活躍(または死に様)をきっちり描こうとでもいうのでしょうか。本文中にも書きましたが、何故シャナルアさんでは駄目だったのかが気になる所です。Xラウンダーじゃないのが問題というならミューセル使えばいいわけだし(死ぬの前提の展開ですが…)。

 そんな感じでオリンピック始まってガンダムどころじゃなくなりそうですが、ちゃんと来週もやりますので。
    11:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/990-38afa06d
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。