ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE38話「息子がお父さんと目をあわせてくれないんです」

 そろそろ春アニメも終わって夏アニメに切り替わろうかというタイミングですがガンダムはまだまだ終わりません。秋まで続くので頑張ります。終わったらそのままの勢いでカブトボーグレビューを復帰したいと思っております。
 今日はレジェンドBB武者頑駄無が買えたのでいじっていたかったんですが、まあ明日の休みでやっとこうかと思うので、とりあえず今日はこれを終わらせてしまいますよ。

 あ、あと「赤い光弾ジリオン」がニコニコチャンネルで配信始まりました。マジで名作だと思うので皆も見よう!

 あ、えーとガンダムですけど、サブタイトルの「逃亡者」って今回もまたヴェイガン視点ですね。
 先週、ヴェイガンの実態を知る事になったキオは、悩んでいました。何を悩んでいたのかは一切表現されませんでしたが、なんか悩んでいたような表情でベッドに横になったりしていました。キャラクターの心情とかほとんど表現する事がないんでよくわかんないんですよね、この番組。
 そして何だか生活に馴染んだのか、事実上捕虜の身である事に対する不満や不安を感じる様子もなく過ごしていると、イゼルカントに呼び出されて、あるお願いをされます。

 最近存在意義を激しく問われていたAGEデバイスの解析は、ヴェイガンの技術力を持ってしても出来なかったという事で、キオに協力してもらいたいという事でした。生体認証がされているらしく、キオを使わないとプロテクトが解除出来ないのだとか。解除してどうするのかは「お前がしることではない」とか言われてたのでよくわかりません。

 連邦における最大の戦力の一つであり、最大の秘密であるガンダムの、さらにそのコアとも言えるAGEデバイスの内容なんて、バレてしまえばヴェイガンでもAGEシステムが作れてしまう恐れがあります。劇中にヴェイガンの人たちの口から「高速成形機」という言葉が出ており、おそらくシステムのうち、AGEビルダーそのものは普通に存在する技術なのでしょう。それならマッドーナ工房でのMS製作期間の短さも納得がいきますし。そうなればあとはAGEデバイスとシステムの解明が済めばそれに繋いで完成です。正直それほど強力な存在とも思えなくなってきてはいますが、連邦側の唯一の強みだった部分が奪われれば、このままでは連邦に勝ち目はなくなります。
 
 しかしキオはたった一人の敵地の少女を助けるためにそのガンダムを売り払ってしまいました
 貰った薬も、決して少女の病気を完治させられるものではない(まだそんな薬が存在しない)というのに大喜びで少女ルゥの元へ走り、薬を与えます。
 とりあえず薬のおかげで症状の緩和されたルゥは、調子に乗ってキオとのデートを決行し、はしゃぎまくり、AGE名物「イメージソングをバックに止め絵をつないで思い出を表現する」コーナーがやってまいりました。別名離別フラグ。これをやったキャラは必ず悲しい離別に見舞われます(フリットとユリン、アセムとゼハートとロマリー)。

 幸せな気分で遊んでいると、ようやく追いついた海賊ビシディアンが、ヴェイガンのコロニー「セカンドムーン」(今まで書くの忘れてましたがそういう名前でした)を発見。ヴェイガンの技術であったステルス機能でコロニーまで近付けて、さらにMS三体があっさりコロニー内に入り込みました。

 ヴェイガンのコロニーも警備の概念がなかった

 ここから海賊のターン。
 広いコロニーの中からあっさりキオのいる場所を探し出して救出し、ガンダムも奪取し、最大の懸念であったAGEデバイスに至っては「取り返しておいたぜ!」の一言で終了。
 セガサターンのゲーム、エアーズアドベンチャーにおける「空から降ってくるなんて!」(ストーリーの途中で、必要な装備が特に何の説明も無く空から降ってきてそれを何の疑問もなく主人公が装備する、というシーンが一部で伝説となっています)にも匹敵する超展開っぷりです。このモヒカン有能すぎるだろ。

 という訳であっさりと全てを片付け、アセムとの感動の対面!と思ったのですが、キオは「寄る所があるから」と言って勝手にどこかに行ってしまいます。ガンダム乗ったまま。これにはアセムもがっかりでしょう。初めての対面となる所なのに、なんだか「単身赴任のお父さんが久しぶりに帰ってきたけど息子はDSから目を離してくれない」みたいな感じになってます。ある意味リアルですけど。

 キオはコロニーのどこかにガンダムを放置してルゥの家へ走り、最後の別れをしに行ったら死んでました
 な…何を言ってるのか わからねーと思うが(以下略

 いや、まあ死ぬならここしかないのはわかるんですけど、昨日元気に遊びに行っててそれによる悪化の兆候も見せずに翌日ポックリとかすげえ展開ですよ。しかもキオが来た理由の一つが実は「薬を渡すため」だったという所で、薬を全部渡しておかなかったキオのせいで死んだんじゃないかという疑惑すら発生します。

 大して意味の無い時系列の整理をここですると、キオが連れ去られた段階でルゥの余命は約3ヶ月だったそうです。そしてイゼルカントの余命は約6ヶ月。ビシディアンがやってくるのにかかった時間は一切表現されていませんが、ルゥが計算通りに死亡したとして前回から三ヶ月がすでに経過しているという事になります。多分意味はないと思いますが一応

 さておき、とにかく予定通りにルゥが死亡してしまったので傷心のキオは外へ駆け出してガンダムに乗って帰路につきます。兄に思いっきりガンダム乗ってたのバレたみたいですけど特に何の感慨もなかったぽいのが不思議。もっと言えばイゼルカントの居城の徒歩圏内にガンダムを放置して何事も無かった事が一番不思議。敵地なんじゃないの。地球人とか憎んでるんじゃないの。

 そんな訳で、ビシディアンはヴェイガンの本拠地に単身乗り込み、MS三体だけでガンダムとパイロットとAGEデバイスを奪還し、少なくともコロニーを出るまでは味方の犠牲者も敵の犠牲者も一人も出さずに作戦を完了させてしまいました。こいつら本気になったら今回の作戦でセカンドムーン破壊して最終回迎えられたんじゃないでしょうか。恐ろしいぜ。

 帰ろうとして宇宙に出たら、うわさのヴェイガンダムが立ちはだかりました。もう出来てたよ。先週辺りからどれくらいの日数が経っているのかまったくわからないので早いのかどうかはわかりませんけど。あとパイロットは今の所不明です。


 今週は「アセムが本気出してキオの救出に成功したよ。あとヒロインが予想通り死んでしまったよ」という話でした。
 見ている時には、例のデートのシーンの後にキオの正体がばれて兄妹二人から全力で罵られたり住民から石を投げられたりとかしないかなーとか、キオがガンダムで出た後でルゥがおもむろに起きだして軍人から札束を貰うとかそういうシーンでないかなーとか思ってましたけど全然そんな事はなかったぜ。
 イゼルカントの余命についても明言された以上はそろしろ死んでしまうんだと思いますが、何かガンダムはもう一つ出るって話だし、実質的第四部があるのでしょうか。楽しみですね。 
    22:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/987-9b721a04
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。