ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE36話「せめて父の日らしく振舞いたい」

うっかり土曜日に更新を忘れてしまいまして、今慌ててここを書いております。本文は仕上げてあっただけに油断してしまいました。昨日、というか金曜からずっと色々ありまして、まあTwitterには適宜書いてしまったのでそっち見てる人はもうお分かりなのですが、その辺はまた後日詳しく書きたいと思います。
あと拍手コメントで面白いものを頂いたのですが、これは改めて後日しっかり書いておきたいと思うので、もうちょっとお待ち下さい。
 先週の引き方をちょっと適当に書きすぎてしまい、先週の冒頭と話が繋がりにくくなってしまったので少し補足させて頂きます。
 大筋は変わらないんですけど、戦闘はAGE3オービタル一体に対してゼハートの操るギラーガと、ザナルドの操るザムドラーグ二体で行われていました。(ゲイジングバトルの筐体に入らない機体は出ていないので)プラモ化されなさそうな機体ほど好みの体型というのは皮肉な話ですが個人的な話なのでどうでもいいですね。
 AGE3を奪う事が目的なのではないかと思ったフリットはAGE1フラットで出撃し、それを阻止。旧式のMSで最新鋭機二機を相手に健闘するとか、フリットだけいればいいんじゃないか状態。キオに帰還するように命じてこの場をしのごうとするのですが、アスノ家の人間は大事な局面程命令を無視する家系なので、一旦戻っておきながら戦場に舞い戻ります。
 フリット「なぜ戻ってきた!」
 キオ「だって今週のサブタイトルは『奪われるガンダム』なんだもん!」
 というような会話はありませんでしたが、タイトルに縛られたキオはザムドラーグに両手両足で羽交い締めにされて連れ去られました。
 コアファイターで分離すればよくね?と思いましたが、組み付かれてしまうと背中のコアファイター部分が押しつぶされて動けなかったのだ、という事にしておきましょうか

 キオが攫われた事で、ディーヴァではフリットがMSの修理はAGE1を優先しろとか俺の命令に従わないとはどういう事だと艦長を責め立てたりとか「救世主」を奪われた事へのいらだちを隠せずにいましたが、娘であるユノアがフォローする事で落ち着きを取り戻します。この親娘の会話って多分作品中初めてですよね。
 ユノアは一生懸命「孫を奪われた悲しみ」という表現をしていましたが、フリットはぽろっと「救世主」と本音を口に出してしまって割と台無し気味。ついでに落ち着きを取り戻せと言われましたが、語気が荒いだけでやってる事は普段と大して変わらないような気がします。こういうのは普段との対比が必要なのですが、いつも自分、またはアスノ家の事ばかり優先するような思考の持ち主なのでねえ。視聴者的にも「別にフリットがこのまま現場戻ればそれで解決じゃね?」というような感想を描きそうで、もうちょっと世代交代の説得力をつけておかないといかんのではないかと思いました。せめてXラウンダーの能力は年とともに衰えるとかね。老いてなお盛んなフリットが居続けると子どもや孫の存在意義がなくなっちゃうんだよね。

 ところで隊長は艦長に対して「フリットの命令を素直に従えなかったのは自分に考えが出来たからだ、偉い」と無理矢理褒めてましたが、ハンター試験じゃないので命令に対して沈黙で答える事は答えを出した訳ではない気がします。

 今週に限ってやたらとMSに損害が多く、ディーヴァだけではすぐにキオ救出に迎えるだけの準備ができないと判断したので、マッドーナ工房へ向かう事にしました。いつもニコニコあなたのそばに這い寄る工房。どこにいても近くにたどり着ける不思議な工房です。というか月に行けばいいんじゃないの?

 ロディはいないわマッドーナはフリットより年上だわで、マッドーナ工房って今どうなってんのかと思ったらお母ちゃん一人で切り盛りしてました(描写はありませんがおそらくマッドーナ自身は亡くなられていると思われます)。やたら若い嫁貰ってやがるなと思ったらこんな所で設定が活きましたね。とにかくここに頼めばどんな状態でもドラクエの宿屋のごとく一日で全て直ることでしょう。もう安心ですね。

 ディーヴァの連中がマッドーナのお母ちゃんの所に来た所で、丁度良くキャプテン・アッシュから連絡が入ってました。キオが攫われた事も知っていてコンタクトを取ってきたようです。行動筒抜けすぎだろ
 先週のビデオメッセージでは堂々としたもんでしたが、リアルタイムでフリットと通信をしたらかなりオドオドしながら話していて吹き出しました。どんだけ怖がってんだ。
 しかも内容も息子を助けに行く事をわざわざ了承を得ようとするというヘタレっぷり。行けよ勝手に。お前海賊だろが。

 最終的にはAGE3のウェアを貸してくれる事になったので海賊船もすぐに工房に来る事になったんですが、そんな近くにいたんなら直接会って話せよ。なんなら奪っていけよ。どんだけ怖がってんだよ。工房にディーヴァが付いたら海賊船が先に居て、「キオは俺が助け出すからウェア貸せ」と言うとかそういう展開でよかった気がするんですが。

 さて、攫われたキオですが、ドラクエの布の服みたいなのを着せられて、怯えきって憔悴したような目で牢屋に入れられてました。何があったらそこまでの目が出来るのってくらいに。何かあったんでしょうか

 今週は「予定通りにキオが攫われてアセムが勇気を出してお父さんとお話したよ!」というお話でした。思ったより話進んでないかも。次週はヴェイガンの世界をキオが知る、という展開で、それはお前アセム編でやっとくべき話なんじゃねえのとか思わないでもないです。本当にアセム編の存在意義がどんどん失われていくなあ。


 ちょっと余談になりますが、面白かったので追記。
 グレートメカニクスDX21号でガンダムAGEについてバンダイの人がインタビューを受けていて、メカデザイナーでもなくアニメ監督や原作でもなくバンダイの人って段階でちょっと面白かったんですが、色々面白い事を語ってました。
 僕が書くと少しバイアスのかかる恐れがあるので実際に読んで頂きたいのですが、以下のような事が気になりました。

・機動戦士ガンダムという番組は、放映当初はほとんど細かい設定は存在せず、後になってガンダムセンチュリーなどを筆頭に設定が積み上げられていって、30年という長い年月を経る事で今の状態になっている。
・ガンダムSEEDやガンダムOOでは、その「30年の重み」を最初から意識してしっかりとした設定を作り込んでスタートさせた。
・ガンダムAGEについては、最初のガンダムの時のような、皆で作り上げるガンダムという所を意識して、あえて詳細を決めないようにして進めてきている。だから視聴者も「これが足りないじゃないか」という視点ではなく、「これは実はこうなんじゃないか?」というような楽しみ方をして欲しい。

 言わんとしている事はわかるのですが、問題はそこまでしたくなる程の魅力ある作品だったかという所に尽きる訳で。

 ガンダムは決して「設定が細かく作られていなかったから良かった」作品ではなく、「とても良い作品だけど設定に足りない所があった」作品であり、ガンダムAGEは今の所「設定が細かく作られていなかっただけ」の作品にしかなれていません。補完したいという気になるだけのものになっていないというか。

 突っ込みどころが多いという事は、イコール駄作であるという事には必ずしも繋がりません(ないわけじゃないですが)。設定はあくまで話を組み立てるための土台でしかなく、柱や背骨ではないでしょう。これは個人的嗜好によるものなのであてにはならないでしょうが、映画「少林サッカー」や「機動武闘伝Gガンダム」は突っ込み所満載ですが駄作と言われるような作品では決してありません。

 という訳で、作品が愛されれば設定が緻密だろうが隙間だらけだろうがファンは勝手に補完していくものだし、それを見越してやるべき事をやらないのはただの手抜きと言われても仕方が無いかなーと思いますよ、というのが個人的感想でした。
    10:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/984-7f0512dc
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。