ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

3DSをようやく買いましたわ

 3DSをとうとう買ってしまいましたよ。
 パルテナの鏡がやりたいんです。まだ買ってないけど。そしてとりあえず買ったのがGUILD01だったりとか。
 松野さんのゲームが遊べるならハードを買う事も辞さないんだなって思って自分でもびっくりしています。まあ、安かったってのもありますが。


 最近は本当に模型関連の買い物しかしないので、一度に数千円とか数万円とか財布から出て行く事が滅多になくて、3DSとソフトとカバーでほぼ二万という金額ですら割とおっかなびっくりですよ。どんだけ貧乏なんだと思いましたけど実際そうだからしょうがないな。

 で、買ったとたんに新機種出るとかどういうことなの。
 まあ大きくなる分にはどうでもいいです。小さくなるか、バッテリーが持つようになるとか、アドバンスのソフトが遊べるようになったとか、そういうような機能追加がないのなら気にしません。気にしませんたら。

 という訳でやったゲームの簡単な感想を書いておきます。どれもクリアしていない状態での感想なので、大きく変化があったらまた書こうと思います。


●クリムゾンシュラウド
 TRPG風という事でどんな作品なのかと期待してみたけど、ゲームブック風というべきかなーって思いました。ダンジョンで所定の場所を往復してフラグを立てて進むだけなので、特にキャラクターの技能や個性が生きるという訳でもなく、時折セービングロールのような(どの能力が参照されているのか)よくわからないダイスロールが出てくるくらい。
 戦闘はTRPG風の凝ったものになっている、というか、松野さんのゲームって大体そんな感じだし。行動判定に自分でダイスを振れる事があるのは、失敗しても自分のせいだと納得しやすいですね。多面体サイコロを数種類使われてしまうので期待値が出しにくくて嫌ですけど。計算苦手なだけですが。
 いわゆるランダムエンカウントがなくて、シナリオに組み込まれた戦闘だけが存在する、という事もあって戦闘バランスは相当に辛い。適当に殴っているだけではまったく勝てないし、装備もある程度考えて挑まなければならない。これは好みが分かれそうだけど、全体のボリュームの少なさを戦闘の手応えで相殺してくれていると思うので、僕は好きです。

 画面上はダンジョンタイルとメタルフィギュアが配置されたような構成になっていて、戦闘時に倒されたキャラは台座ごと後ろに倒れたり、追加や復活時には上から降ってきたりと、いかにもそれっぽい。通常時と戦闘時の主人公達のフィギュアが切り替わるのも面白いね。
 3D表示については、絵と文字を切り離す事で画面の色を薄くしたりせずに文字が読みやすくなるというのは面白いなと思った。ソレ以外のメリットがほとんどないので普段は切ってるけど。

 半分くらい進んだ所での感想なのでお話については特にまだ書けないけど、システムとしては「このボリュームだからアリ」な感じの未完成感がありますな。新しいビジュアルノベル的な。

 ちなみに今まで遊んだコンピュータRPGの中で、一番テーブルトークRPGっぽいなーと思ったのは、MMORPGのD&Dストームリーチ。アクション要素が強いんだけど、クラス毎の役割が明確でプレイ感覚が一番近いと思った。

●解放少女
 これほどまでにストレスのたまるシューティングゲームというものを僕は知らない。

 プレイ中に話しかけてくるゲームなんて、スプリガンMk2だとかバルクスラッシュだとかたくさんあって、どれも隠れた名作として評価されているけど、そこには入れそうにない。
 何しろ会話シーンが入るとゲームがストップするんだからテンポも何もあったもんじゃない。緩急のメリハリをそこでつけるというような演出の意図があるならまだしも、単純に何か出現時とかでこちらの状況も鑑みずに挟んでくるから鬱陶しい。もっと2画面をうまく使えばよかったんじゃないかと。

 他にも色々と、やりたかった事はすごくわかるんだけど、過去に類を見ないシステムという訳でもないんだから、過去の類似システムを勉強してから作って欲しかったなーと思ったゲームでした。その程度で個性が薄れるような人でもないでしょうし、悪い意味での個性をわざわざ発揮する必要はないでしょう。多分友達の須田ゲーファンは「ああ、またか」としか思わないでしょうし。

残り二つはまだ手をつけてません。上記二つが終わったらやります。大したボリュームでもないだろうから、今月中には四つとも終われるんじゃないかなーと思いたい。(部屋の隅の積みプラタワーをチラ見しながら)
    19:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/981-3955d82f
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。