ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE35話「どこらへんが呪われているのか説明してみろ」

 今週はあらすじ復活してましたね。やっぱりあれがあると先週何があったのかわかりやすいので良いです。
 今週の文章は文末の大半に(棒)を入れる必要があるのですが、今更そんな事しなくてもみんなわかるだろうから入れてません。
 さっきアニソン三昧聞きながら書いてたらここに先週のネタを書いていたという訳のわからない事をしていたので今あわせて書きなおしています。というかタイトルとかまで全部忘れてた。何しとん。というかタイトル考えてなかったゼーット。


 気になる人は続きをクリックで。
 先週、海賊のキャプテンがアセムだったとキオに告げたフリットは、今週になってその会話の続きでアセムの事は死んだものと思え、と言い出しました。さすがに中学生くらいの年で、物心つく前から見た事のない父親がすぐ近くにいたというのにそんな事を言われて「はいそうですか」と言えるほどキオも人間出来ていませんで、ちょっとだけフリットへの反抗のフラグが立ったような気がします。

 先週のラストにアセムが帰還時に置き土産としてAGE3に撃ち込んだ謎のカプセルは、どうやらメッセージカプセルだったようです。何重ものプロテクトをあっさり破って出てきた動画には変わり果てたアセムの姿が映り、ある重要な事を伝えます。
 ディーヴァクルーとしてはここで初めてアセムの姿を見る人がほとんどで、闇のクラスチェンジする前のアセムを知らないわけで、その辺で扱いのギャップが出てくるかもしれませんね。

 さて、このある重要な事、とは大昔から存在する、ある呪われた秘宝についての情報でした。その秘宝があればこの宇宙の戦力バランスがひっくり返るというものだそうで、とうとうガンダムUCネタまで引っ張ってきました。
 秘宝(EXA-DBというそうな)はどんなものかというと、ガンダムAGEの物語が始まる前、コロニー戦国時代にあったあらゆる軍事技術が銀の匙条約で廃棄された事があったのですが、その当時の資料がほとんど残されたものだそうです。それ別に呪われてない。ヴェイガンはその資料の一部を手に入れており、それによって彼らのMS性能や様々な軍事技術が連邦のそれとは大幅にレベルの違うものになっていたようです。ほんの一部でそれなのだから、全てを手に入れたとしたら、それだけで軍事バランスはひっくり返る事は言うまでもありませんね。70年も続く壮絶な戦時中にも関わらずその当時のレベルまで戻れないのだから相当なレベルだったんでしょう。
 ヴェイガン側が妙に高いレベルのMSを持っている事や、ステルスフィールドなどの技術を持っている事が、キオ編になってから隊長の口から気になると発言され、視聴者としては第一回からずっと気になっていたことではありますが、この秘宝という存在が全ての答えとなったようです。
 これは面白い設定ですね。今までの謎があっさり解明されてしまいました。秘宝という存在自体が急に登場し、さらにたった二週で全てが解明してしまった部分はちょっと唐突ではありますが、銀の匙条約の事は物語開始時点からすでに明示されていた事だし、戦力差の不自然さもずっと指摘されていた事なので、これらが全て説明がついたという事は良い事です。キオ編はこの秘宝の争奪戦がメインとなるようですね。
 ただ、説明中に「連邦も探している」と言ってましたが、フリットがまったく知らなかったという所はちょっと気になります。というかフリットすら知らないトップシークレットって、まだ全然偉くなかったって事なのかしら。そこまで考えてなかっただけなのかしら。

 ちなみにヴェイガン側は実はずっとこの秘宝を探す部隊が存在していたそうですが、今週からゼハートの部隊がその担当になるようです。70年探しても見つからないようなものをゼハートに任せても見つかるとも思えませんが、まあそこはそれ。ヴェイガン側でもトップシークレット扱いの情報として扱われているようで、もう一人のヘラクライストみたいな目をした司令官はまったく知らされていない様子。そんな情報手に入れたら簡単にクーデター起こせてしまうものだけに、扱いは慎重にしているようで、完全な忠誠を誓っているゼハートだからこそ明かせた話なのでしょう。
 演出としてもアセムの説明とゼハートの説明の場面を交互に切り替えながら行うという普通のアニメのようなやり方がなされていて、視聴者への説明と、両者の立ち位置を同時に説明する、よいシーンでした。

 そろそろ今週の戦闘パートなのですが、今回はゼハートと司令官の二つの部隊がディーヴァを挟み撃ちにするという作戦できました。飛び道具を持った状態での挟み撃ちって大丈夫なのかとか、広大な宇宙で特に移動の制限がない状態での挟み撃ちに意味があるのかとか、気になる所はありますが専門ではないのでこれ以上書けません。ともかく、そういう状態での戦闘がスタート。
 キオは今週新しく作られたウェアで戦うために、わざわざコアファイターで出撃しました。そしてわざわざ単独で打ち出されたGセプターと、初めての合体を行います。今までは戦闘中に作られたのでやむを得ず、とかそんな事で無理矢理戦闘中域で換装してましたが、今週は「ただ合体シーンを描くためだけ」にわざわざバラバラで出撃(としか思えない状態)です。なんかもう、格好良いシーンに至るまでの格好良いシチュエーションを考える事すら放棄したかのような今回の出撃シーンは、そこまでの秘宝関連の流れからすると大変残念。
 しかも初登場だというのにむしろゼハートに搭載された「ビット」(宇宙世紀で言う所のサイコミュのビットとかファンネルとか呼ばれてたあれとまったく一緒)の方がなんか強力っぽくて劣勢です。フォートレスのキチガイみたいな火力と比べるとかなり見劣りしてしまう演出で、あまりに苦戦してしまっているのでフリットがブリッジを飛び出てしまいました。予告を見る限りAGE1フラットに乗るようですね。
 珍しくゼハートが優勢な所で今週は引き。

 という訳で今週は「秘宝の存在と謎がわかってオービタルお披露目した」という回でした。秘宝の方で疲れてしまったのか、新ウェアについては息切れすら感じました。特にピンチに陥ったわけでもないのに新ウェアを出してしまうのなら、宇宙にはもう慣れたよ!と生意気にノーマルで出撃してビットにボコボコにされた所に来週AGE1フラットと新ウェアが駆けつける、というような展開にした方が盛り上がったんじゃないかなー。まあ、これ露骨にやると0083のパクリかって言われるかもしれませんが(もしかしたらそれを避けた結果がアレなのかもしれない)。

 あと書く所がなくて省いてしまいましたが、今週は実はオブライトさんがハンガーの床をモップで拭いているというシーンがありました。キオが自動掃除あるのに何故わざわざ掃除するのか、と聞くと、ここは家だからきれいにするんだよ、というレミの台詞をそのまま踏襲し、何となく共感したキオはしばらく一緒に掃除をします。何故かモップが二つあったのは、多分レミの分なんでしょうね。ちょっといい話。たまたまディーヴァに再配属されただけではありますが。

 さて、もう気になる事がほとんどなくなってきましたが、まだ何か隠し玉があるっぽいので注目していきたいと思います。最後にオブライトさんの話書いたせいでうまく締められなくなっちゃいましたが、また来週。
    23:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/975-572e83db
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。