ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

HGUCシナンジュ完成


 多分発売してすぐに買った気がするんですけど、色々模型誌のまねをして細部を弄ってみたら予想外に時間がかかり、挙げ句冬の間は塗装が出来なかった(寒いから)ので分解して竹串に刺したまま半年くらい放置しておりましたが、ようやく完成しました。
 という訳でHGUCシナンジュです。
 多分最初で最後かもしれませんが、テカテカに仕上げてみました。

 今回も写真使ってるので畳んであります。



sinanju01.jpg
 撮影は今回も新潟市万代のガタケットコスプレパークで行いました。ドール撮影とかにもいいかも。聞いてみたらそういう用途でも受付でその旨を伝えておけば特に使用に問題はないようです。

 細部を弄ったとはいっても大した事はせず、装甲の縁を薄く削ったり尖らせたりしてただけです。肩の装甲は盾に干渉する事に気付かずに尖らせて伸ばしてしまったのでちょっと後悔。そしてそれをごまかすためのポージングをすると一切いじっていない盾の裏側が露出するという二重の(自業自得的な)不具合が。
 あ、あとビームライフルのスコープ部に余ってたHアイズはめ込みました。4.5ミリが接着も不要なレベルでジャストサイズ。試しに入れたら取れなくなったので裏面にラピーテープとか貼れませんでした。

sinanju02.jpg

 後ろ姿も格好良いですなあ。バックパックの接続ピン何度も折ってしまったんで真鍮線でつないだけどやっぱりまた撮影中に折れて、これ以後全部さわるとプラプラした状態でした。真鍮線は後でもっと太い奴に変えておきます。

 普通に作ったものと並べても何が違うのかわからないレベルの小改造は手間の割に達成感がなくてよろしくないですね。合わせ目消しや後ハメ加工もほとんど必要ないし、最後まで接着していない部分多いです。最近のガンプラのような出来が良いキットはよほどの思い入れがない限りは素組の方が良いかもしれんね。

sinanju03.jpg
 色々と弄ったわりに顔を弄るのを完全に忘れていたり、赤やエングレービング以外の塗装がかなり適当だったりするので完成度は低いです。動力パイプの基部とパイプの色を分けたり間接部を色分けしてなかったりといった部分は気付いたのがかなり終盤だったのであきらめました。
 後ハメ加工は腕と肘のパーツ部分と膝とすねのパーツ部分のみだったと思います。放置期間が長過ぎて色々と細かい失敗はしてますが、何とかなりました。

 先日書いた通り、今回はエングレービングさえキレイにやれたら満足だったので、他は結構適当です。そこをやったら黒のエナメルの艶があまりに美しくて、それを活かしておきたいと思ったので、昔買ったけど使い道のなかった水性ウレタンニスを塗ってみました。エアブラシで吹いてみたけど原液でもはじくので(逆に希釈するべきだったのかもしれない)筆塗りでぼってり塗ってました。後でマスキングテープでキレイに剥がれたりとか爪で簡単に剥がれたりとか、塗膜の保護もかねたコートのはずが最も弱い膜になっている気がして何だかなー。ちなみにエナメル塗料はコートと一緒に剥がれます。
 他のサイト見たら黒だけ艶消しにしていて凄く良いアクセントになってて、これもいいなー。

グレーのパーツとプロペラントタンクは艶消しです。深い意味はありませんが質感にアクセントがあった方がいいかなと思って。グレーは適当な筆塗りだったので艶消しにしないとムラが目立つだろうというのが本音ですが。

唯一改修といっていいのが肩のスパイクなのですが、伸ばさずに短いまま尖らせるべきでした。先端を一旦切ってから真ちゅう線を刺して、そこにランナー片を貼り付けて整形、というやり方を試してみたんですが、三本のスパイクが密集しすぎて初心者がやるべきではありませんでした。なんとか尖りはしましたけど、表面はぼこぼこです。ランナー片使って色が変わらない様にとかしてたのに結局溶きパテとか使ってならしてはみましたがご覧の有様だよ。溶きパテを使ってしまったせいでそこだけ色が変わってしまって、ベースホワイトをこのパーツだけ吹くはめになり、さらに他の赤いパーツはサフレス塗装なので色が合わず、終盤になって手持ちのウィノーブラックを使って混色して無理矢理それっぽい色にしました。何重にも無駄な色の地層が出来てしまったので結構アレな仕上がりです。あと暗くするのに黒を足すのはまねしない方がいいです。ラッカー塗料がその二色しか手持ちがなかったので仕方なくやりましたけど。

sinanju04.jpg

シールドのエングレービングは失敗してしまいました。
エングレービングを塗るためだけに金をラッカーにしてみよう、と思ってガイアカラーのスターブライトゴールドを塗り、艶有りにしてみようと思って(普段使っているアクリルガッシュは完璧な艶消しだから)Mr.カラーのレッドを全身に塗ってみました。全身がラッカー塗料なのはエアブラシ導入後は初です。思ったよりは何とかなりました。塗膜の強さとか食いつきの良さは本当に良いですね。

というわけでようやく終了したので次に進められます。
色々と放置していた奴をしかかりたい所です。ナイトガンダムとスコープドッグは優先したいなあ。
    19:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/971-9d19c9b6
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。