ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE29話「じいちゃん大好きっ子に仕立て上げました」

 最近は余裕が出来るとガンプラいじるようになっていて、色々進んでいるのでこの連休中はそういった部分で更新ネタを作ろうと思っております。そういう訳でさっさと終わらせてしまいたいので今週もちょっと感想文早めに更新です。昔から嫌いなおかずを先に食べるタイプでした。
 
 久しぶりに拍手コメントが来たのでコメントレスを。

 「次回サブタイトルも「じいちゃんのガンダム」ですからねぇ………三世代にわたると言いつつフリット一代記な予感です。」
 >基本コンセプトが「フリットさんすげえ!」という感じにまとめてきてますからねえ。イメージイラストにもきっちり登場している辺り、その予想は高確率で当たるのではないかと私も思います。
 待望のキオ編です。いよいよ全ての決着が付くのでしょうか(何故疑問形)。
 前回から10年。ようやく待望の第一子が生まれ、これでもかと死亡フラグをつぶやきまくるアセムは、そのまま目の前に立っているのに勝手に閉まる危険な自動ドアを超えて戦場へ赴き、次のカットでは13年が経過して行方不明になってました。何を言っているのかわからねえと思うが以下略。
 まさかアバンだけでこれほどまでに驚かせて(そして笑わせて)くれるとは思いませんでした。
 日野作品で初手から行方不明な肉親は高確率で後半に登場するのですが、どうもOPに出てきた海賊とかが怪しいらしく、外伝の漫画とリンクしてるっぽい話も聞きますので、大人しく待っておきましょう。

 さて、もう多分みんな忘れてる「天使の落日」からもう60年以上が経過しています。いまだに戦争が終わっておらず、前回のラストの粛清委員会とか何だったのという感じではありますが、ヴェイガンの方ではイゼルカントがようやく民衆の前に姿を現して、「これから本気出す」(要約)とか言い出しました。何度か存亡を賭けた戦いとかやってた気がするんですけど、今までは何だったんでしょうか。
 ともかく、本気を出すのでビッグリングは特に説明もなく登場した新兵器であっという間に破壊され、地球にもキオの住む街に巨大な立体映像で宣戦布告を行い、町中の建物からヴェイガンのMSが登場し、大混乱に。なんかどこかで見たような展開だけど具体的にどれといえないもやもや感が漂いました。最初に出てきたのが機神兵団でしたけど。
 MSを持ち主に気づかれずに保管し続けるという事は大きさからいって不可能だと思いますんで、そこにあった土地も建物もヴェイガン側の持ち物だったと思われますが、出てきたMSの数がかなりのものだったわけで、つまりかなりの土地がヴェイガン側に奪われていたわけで、もう侵略完了してませんかコレ。おそらくはMSのパイロットもずっとこの町に住んでいたわけでしょうし。草みたいなもんですよね。
 あと、この街だけが狙われてるんですけど、この街ってそんなに大事なところなんでしょうか。いや、なんかそうっぽいのはわかるんですが、例によって特に説明がなかった気がするので。しかもこの街以外まったく襲われている描写がないんで、大侵攻というよりはリュウケンドーとか成原博士とかの町内征服みたいになってます。まあ各地で同時に進行しちゃうとこの街以外が完全に放置する形になるのでよろしくないのかもしれませんが、それにしてもあまり緊迫感がないというか。

 丁度友人のバルガス族の友達の車に乗っていたキオは、衛星軌道上のビッグリングをぶっ壊した新兵器の存在をXラウンダーの能力で察知し(ただの先読み能力という設定を凌駕している気がします)、ついでに壊れた橋の真ん中で取り残された子供を発見して助けに行きます。えらいぞキオ。なんだかキオは今までの二人に比べるとかなり普通に良い子というか、ヒーロー然とした性格をしている気がします。
 まあ、気がしただけというか、やっぱりこの子もアレな人だったんですが(後述)。
 子供は三人。カツレツキッカの立ち位置っぽい感じですが、この位の年だとあまりバルガス族との体型差はないみたいですね。その代わりに目の間隔が妙に短くてミサワっぽくなっててすぐに判別は出来ますが。それはともかくキオは車の中からキックボードで飛び出して向かいます。動力付いてるっぽい。
 そして今回のヒロインと思われるウェンディも、それを見て車を止めさせて子供の所に走り出します。

 そして同時に橋にたどり着く二人。ウェンディの脚力半端ねえな。

 子供のいるところにあったジャンクから0.5秒くらいで橋を作って救出し、たまたま通りがかった軍人さんの車に子供とウェンディを乗せてもらって戦地に赴きます。特に何も裏付けもないのに「僕にはやらなければならないことがある」とか言い出しましたが、父から受け継いだ(行方不明になったけどなぜかこれだけ見つかった)AGEデバイスを握り締めてどこかに行きました。そろそろバルガス運送でガンダムがやってくるのかな、と思ったらバルガスはすでに他界していたのでした。バルガス族の平均寿命は人間と同じようです

 かわりにフリットがなんか運んできましたが。

 車に偽装したコアファイターを動かし、同様に車に偽装したGセプターに空中からフリットが飛び乗り、二つとも空を飛んで合体します。なぜかキオが「変形するんだ!」と喜んだら「変形ではない、合体だ!」と訂正させていたので何か日野さんなりにこだわりがあったのでしょう。合体の仕方をフリットに教わりながら、ファイナルフュージョンを自分で承認する感じでコンソールをぶったたくと合体を開始しました。
 今回はコアファイターに頭がついていて、機種が背中に回るので、合体後にコクピットがどこにあるのかちょっと謎。合体するとGセプターのパイロット(今回はフリット)がキオの後ろにやってきて複座式になるという戦隊ロボみたいな仕様になってます。バイファムに登場したトランファムは一人が操縦、一人がガンナーという形で分業していましたが、こっちは結局全部キオがやるので後ろの人の存在意義がわかりません。かといってZZみたいに合体したらコアファイターで逃げてください、というのもなんだか怖いし、難しいところ。

 今回はキオは軍人ではないし、特に訓練も受けていないので操縦に関してはどうするんだろう、と思ったら未就学児の頃から遊ばせていたゲームが実はこのAGE3のシミュレーターだったそうで、もう物心付く前から洗脳が完了していたようです。キオはじいちゃんの言うことなら特に疑問に思うこともなく信じ、受け入れ、何でもします。それを良いことにフリットはキオに人殺しの技術を仕込んでいたのかと思うと軽く寒気がします。アセムと違って祖父との対立はないとは思うんですが、それはそれで怖い展開です。戦っていた相手が血の通う人間だったんだ!的な話は多分ないだろうし。

 合体したガンダムはフリット編のラスボスだった妙に脚のセクシーなビグザムもどきを一撃で倒し、視聴者に強さを印象付けることに成功しています。ビグザムもどきがそんなに強かったという印象あんまりありませんけど

 ラストに、コールドスリープ(作中ではヒーリングスリープ)で若いままのゼハートがやってきて、フル・フロンタルの台詞をパクってからガンダムに襲い掛かりました。いい加減そういう寒いことするのやめて欲しいですね。言わせている側としては「ここでこんな気の利いた事言わせちゃうなんて、今頃掲示板とかで『ちょwww』とか大受けじゃねえの」とかドヤ顔で思っているのかもしれませんが、そろそろ「誰も面白がってなくて適当にあしらってるのに自分だけ受けてると勘違いして面白くないネタを繰り返すウザい人」みたいになってきてます。いや、別に日野さんがそういう人だと言ってるわけじゃありませんから念のため。
 ゼハートはフリットとは特に面識もないし因縁もないし、キオは、まあ学生時代の友人二人の子供という微妙な関係ではありますが、彼がキオ編に出張る意味が正直わかりません。デシルの方がよほど適任だったんじゃないかと。
 まあそんな感じでゼハート操る赤いMSとガンダムの止め絵で〆。後で模型師読んで知りましたが、ゼハートの乗ってるMSってアセム編で乗ってたゼイドラとは別な機体だったんですね。まったく区別が付きませんでしたよ。なんか尻尾長いなーとは思いましたけど。もうちょっと一目でわかるようなキャラクター付けをしてくれないでしょうか。並べれば違いがわかるよ!という人もいるでしょうが、そもそも劇中で並ぶことがほとんどないのでそれでは意味がないでしょう。せっかく愉快な怪獣型MSというきっちり違うものを提示してきたのだから、こっちもまったく違う形にしてくれればよかったのに。というかせめて色くらい変えてください。


 今週は「キオがガンダムに乗ったよ!」という話でした。予想通りフリット大活躍
 話の構造が完全にマジンガーZと同じ、という、「子供向けのガンダム作ったよ!」と言われて大半が想像したであろうガンダムの話がそこにあったという感じでした。まさか三世代目にしてストーリーが時代を逆行するとは思いませんでしたが、正直下手に凝ったことするくらいならこっちのほうが面白いです。フリット編とアセム編をダイジェストっぽく(回想という形にすれば問題なし)1クールでまとめちゃって、キオ編を本編って形にすればよかったんじゃないかと思いました。そういやアセム編でもフリット編はいらないよねって書いたような気がするので、まあそういうことなんでしょうね。
 これからどんな展開が待っているのか全然わかんないですが、アセム編の時のように「なんか普通に面白くなるのかも」という期待は全然持てない、という意味で大変期待出来る第一話でした。わかりにくい日本語ですみません。
    00:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/962-08acfc7c
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。