ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

優秀なネットゲームでもある風ノ旅ビト

 風ノ旅ビト、今日はネットワーク部分について。
 特に記述もないんだけど、実はネットワーク対応。遊んでいると時折自分と同じ外見のキャラクターがステージ内を闊歩しているのだけど、実はこれがネット上の誰か。勝手に繋いで勝手にマッチングしてくれるので、特に意識する必要もなく遊べる。
 特にチャットとか感情表現とか出せないし、相手の名前すらわからない。エンディングでプレイ時に繋がった名前は出るけど、どのシーンで遊んだ相手なのかまではわからない。

 何をするのかというと、ただ一緒に遊ぶだけ。ネット上の誰かがステージのギミックを解けばクリアが出来るようになっちゃうし、相手がクリアして先に進めば置いていかれるだけだし、特に何をしろという決まりはない。ただ、くっつくと空を飛ぶ力を回復出来るし、○ボタンで一気に回復もさせられる。そういうメリットもあるし、知らなかった探し物を教えてくれたり、安全な道を教えてくれたりもするし、してあげられる。

 特に終盤の苦しいステージは、ただ一緒に寄り添って歩くだけで心強いし、楽しく感じられる。
 見事だなーと思ったのは、最初に一緒に遊ぶステージはかなり広い屋外で、ギミックがいろんな所に点在しているせいでバラバラに行動しがちなんだけど、段々とステージを進めるに従ってステージ構成の都合でどんどん寄り添って進むようになっているところ。レベルデザインの段階でそこまで計算されているのかと思うとただ脱帽。

 僕がプレイした時、終盤の雪の降る山の、最後の橋を操作ミスで落ちてしまってスタート地点からやりなおす事になってしまった事があったんだけど、そこまで一緒に歩いてくれた相手が一緒に落ちてくれて、また一緒に最後まで歩いてくれたりした。誰だかわからないけど、久しぶりにネットゲームの楽しさを味わえた。

 そして、最後の最後、クリアする時まで困難を乗り越えて一緒に歩いた人と並んで歩いて光の中に消えていくのを見たとき、長年ネットゲームで連れ添った相手と目標達成した時のような感動を味わえた。たった一時間ちょっとの旅路なのに。話す事も出来ず、ただ寄り添って歩くだけなのに。まあ要するに吊り橋効果なんだけど、クライマックスのキツさ(難易度が高いわけじゃないけど)が印象深いだけに、クリア時の感動もひとしお。

 実はトロフィー的に一緒に遊ぶ方が得だったり必須だったりするものが多いので、そういった行為は全てアガペーではないのだけど、だけど仲良くする事でお互いに得をするシステムに仕上げてくれたことがとても嬉しい。
 言葉がない分直接的なネタバレもしにくいし、会話によって生じるいやな思いもしなくてすむし、PK的システムもない(相手に近づく事はお互いにほとんどメリットしかない)ので常時優しい気分で遊べる。ここまで徹底して優しい気持ちになれるネットゲームって経験がない気がする。FF11での唯一の自慢が「ブラックリスト機能を使った事がない」事で、ネットゲーム全般においてあまり嫌な気持ちを味わった記憶がないのだけど、それでもここまで良い事しかないゲームはないと思う。

 二人で遊ぶ事に慣れてしまうと、一人で遊ぶ事がとても寂しく感じてしまうかもしれない。そしてこのゲームはそれほど寿命の長いタイプのゲームではないと思うので、ネットゲームとしての楽しみを味わいたいのならば、今のうちに是非遊んでいただきたい。今ならどんな時間でも誰かがいるので。
    19:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/954-9928e36d
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。