ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE23話「コロニーも疑惑を強いられる」

ギリギリセーフ?
次回放送前に一応書けました。正直翌日も早いのでこんな時間に起きているとやばいんですけど、翌日は完全に一日何も書けないので何とかしてみました。今週は後述しますが「一見まともに見えるけどよく考えると割りとアレ」な回なので、しっかり書いておきたかったのです。
そんな訳で久しぶりに長くなったのでたたんでおきます。

今週は拍手コメントとかもなかったのでこのまま下をクリック。
 25年ぶりにあの男が帰ってきた!
 無駄に止め絵三段活用で!
 そこまでする必要あるの。あとこいつのやった事考えたら銃殺しておかないとやばそうな気がするんですけど。
 まあ、とにかくグルーデックさんは25年の刑期を終えて自由の身になったのでどこかにさまよいます。行くあてとか完璧にないと思いますが。

 一方、ヴェイガン側ではあんまり大したことがなかったゼハートに、マジシャンズ8の生き残り三人が直談判。マジシャンズ8が偉いのか、ゼハートが偉くないのかよくわかりません。

 それはそれとしてディーヴァにフリットがとうとう乗り込みました。もうずっとフリット居続けるんでしょうか。あーあ
 同行した理由が、初めてゲットしたヴェイガン機(もう40年近く経過して初めてってどうなの)を解析したら、地球圏でしか作れない部品があったという事で、怪しい連邦側の企業のあるコロニーを調べるということでした。地球圏では作れない部品がある、というのはわかりますが、悪魔の証明にも近い地球圏でしか作れない部品があるというのはどうやってわかるんでしょうか。基盤のコンデンサに記載されていたメーカーロゴが地球のものだった、とかならわからんでもありませんがそこまで阿呆とも思えませんし。

 本筋とは全然関係ないところで、レミとオブライト中尉がどんどん進展していきますが、その時間を使って主人公とヒロインの仲を進展させてあげて欲しいところです。なぜ時間もない中で特に話が深くなる訳でもないエピソードを重ねたがるのか。
 そっちは進みませんがどんどん父子の仲は悪くなっている気がしますね。厳戒態勢の中で私語をしにきて注意されてふてくされるとか、自分勝手な部分だけはお父さんと一緒ですね。そういう親子っぽい描写だけは結果的に描けています。描き分けができていないだけかもしれませんが。

 さて、例の怪しいコロニーの視察。戦艦で乗り付けてその艦長が直々にやってくるとか本気にも程があるにも関わらず便宜的なものとか言い張るのですが、信じないよね。
 そして裏で潜入調査するのはウルフさん。交渉ごとにオペレーター上がりの艦長、潜入調査にモビルスーツパイロットを配置するという、もうちょっと人材いないのかと思わないでもありませんが、フリット友達あんまりいないから信用できる人いなかったんでしょう。立場上誰でも選べたとは思いますが。
 しかし苦手なんだとかいいつつ壁は破るし電子ロックは解除するし天井には張り付くしで大活躍。メタルギアばりの潜入調査でヴェイガンMSの格納された場所にまでたどり着きますが、そもそもバレバレだったようでヴェイガンさん達が待ち構えてくれました。

 ウルフさんからの連絡で、フリットはヴェイガン一掃のためにMSの出撃を命じますが、アセムは民間人に被害を与える事を良しとせず、総司令官に反論します。
 正式に軍人として入っているのに、総司令官の命令に対して反論するというありえない行動を取るあたり、アセムは総司令官ではなく父親に対して反論したつもりなのでしょう。さんざん特別扱いというか親の七光り的な評価を嫌っている割には特別扱いされる事に対して一切疑念を持たないのがアセム。生まれた時からそれが当たり前すぎて特別扱いされているという認識すらないんじゃないかと思う程に。一応大人になったので公私の区別が付けられるようになったフリットに比べ、どこでも総司令官を父さんと平気で呼ぶあたり、まだまだアセムは我儘なお子様ですね。妹がいないならこの一人っ子にありがちな我儘っぷりも納得するんですけど、一応兄でもあるんだよねえ。
 ちゃんと公私の区別もついているフリットに意見を完全に却下されたアセムはすねてしまい、出撃命令が出たにも関わらずディーヴァを降りて街に出ます。ノープランで

 しかしガンダムAGE-1の廉価版という話の通り、タイタス装備まで付けられるとは思いませんでした。というかタイタス装備量産出来るんじゃん。なぜ最初からやらない。
 
 その後今週のメカ戦に入るのですが、モビルスーツの数倍の高さの壁の中という、特撮ヒーローもののロケ地並に都合の良い環境でありながら、なぜか彼らの撃つビームライフルは壁をゆうに飛び越えた上で周りの建物に命中し、街に被害を与えます。このビームは放物線を描くように飛ぶのか?
 もちろん、スペースコロニーなので空に向かって撃てばその先の地面に当たるのですが、角度的に上からではなく横にビームが飛んでるし、そもそもそんな発想する人がいないので、工場付近の市街地が被害にあっているようです。なぜか地面に穴開いてますが。コロニーには穴は開かないから大丈夫ですね。
 壁をぶち破ってその穴から出てきたにしてはビームの線が多すぎる上にランダムすぎるし、多分例によって考えたら負けなのでしょう。

 そんな被害にあっている街をただ見るだけのアセム、本気で何をしに来たのかさっぱりわかりませんが、ついでにロマリーもついてきて緩慢な心中か何かかと思いましたが、どうも「ヴェイガンにやられている街を見る事で、守る戦いをするアセムの主張と攻める戦いをするフリットの主張との違いを明確にする」という目的があるような気がします。それ自体はいいんですが、その直後にロマリーが
「でも、今は戦争なのよ!」
 という面白すぎるセリフで全部吹っ飛んでしまいました。
 お前が言うか
 いや、このシチュエーションで、父親との確執で我儘を通しているアセムに対して言うべきセリフとしては正しいんですが、それを言うのがロマリーというところがおもしろすぎます。多分一番戦争の自覚なく行動しているキャラなだけに。さらにゼハートの名前すら出してくる空気読めなさ加減。お陰でアセムもマジギレして「あいつはヴェイガンなんだ!」と叫んでしまいます。大勢を無視して個人的な感情で暴走するあたりも親子ですね。

 とりあえず危ないし、ロマリーに怒鳴り散らして落ち着いたのでガンダムのデリバリーを頼み、バルガス運送かと思ったら自動制御で勝手に飛んできて、AGEデバイスって何だったんだろうとか思いながら見ていたら、ロマリーに「今は、君を守るよ」とかいいつつ置き去りにして戦地に向かいました。この数十秒の「何か凄くシリアスで格好良いシーンのように見えるけどよく考えたら突っ込みどころしかない」というガンダムAGEの真骨頂が見られて満足です。今週はわりとそっちの意味で良い回です。

 さてさて、メカ戦に戻りますよ。
 廉価版とはいえノーマルタイプのガフランにすらパワーで拮抗するアデルタイタスの役立たずっぷりはまあさておくとして、雑魚にだけは強いアセムがMS四体を瞬殺。まったく容赦無くコロニー内で大爆発×4。今更ですね。証拠隠滅のために工場も自爆してくれてますし。
 あと、予想通り市長は協力を強いられていたふりをして実は協力者だったというオチでした。

 ここまでさんざん命令違反とか勝手な行動とかを繰り返しまくっていたアセムですが、ここに来てようやく独房入りです。それのフォローをするのがウルフさんなあたり、本当に父親役だなあウルフさん。どっちかというと悟飯に対するピッコロさんポジションですけど。

 ラスト、とうとうフリットとグルーデックが再会します。彼に何かを強いるのでしょうか。ふたりとも似合わないサングラスを外した所でお話が終わってしまったので、続きは来週に。



 今週はアセムとフリットの立ち位置や思想の違いを明確にするための回だったと思います。親子の話なのでそれ自体は大変良いと思うのですが、そのために用意されたお話がアレすぎるといういつもの流れ。
 フリット編と比べて、「何がしたいのかわからない」という混沌さが完全に払拭されてしまったのでなんだかまともに見えてしまうのですが、冷静に考えてみるとやっぱりアレ、というのがアセム編の特徴なので、より高度なレベルのギャグが展開されていると見るべきなのでしょう。見る側のレベル向上を強いられてるわけで、なかなか難しい所です。
 表面的には平穏を装いつつその実内面の狂気が恐ろしい事になっているというのは、藤子・F・不二雄先生の描く恐怖に近いものがありますが一緒にしてごめんなさい

 何とか今週中に、と思って書いていたらいつの間にか日付が変わってしまっていたのでギリギリアウトな感じではありますが、平然と「次回の放送から2日経ってから更新」という前回のエントリに比べたら全然マシかなって思いましたテヘぺろ。
    01:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/951-6fab3e25
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。