ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE21話「幻影にまで強いられる」

 なんとか間に合った…!
 ここ最近は公私ともに忙しいのでなかなか時間が取れないのですが、これ以上遅れる事を普通にしてしまうと一ヶ月もしないうちに更新しなくなるのでなんとかここで踏ん張りたいところ。
 そして今週は特に書くことがないので通常の書き方にしても短くまとまってしまいました。


 前回の話から、自分の弱さを実感したアセム伍長(18)は、訓練の為にダミーバルーンをペイント弾で撃ちまくります。訓練というよりは憂さ晴らし、という感じではありますが付き合わされるマイク少尉(22)が可哀想です。

 ビッグリングについた所で、急遽フリット司令官に言われてディーヴァ護衛の任務に変更になってしまいました。また地球に降りられないのね。

 特別な訓練プログラムによって、兵士の能力特性を見極めるという催しが行われるのでアセムとマイクが参加。5年以上のMS搭乗経験者が対象だけど特に制限はない、というちょっと意味のわからないテストです。無理やりアセムが出ても良いようにした感じがありますが、単にMS登場経験者ならOKとかにすればいいのにね。ちなみに色々やってみた結果、Xディバイダー能力評価がDという残念な結果に。フリットが考えたテストだし、彼はその能力を偶然手に入れているし、強化方法も判明したとも言われてないし、習得方法についても然り。まったくもってこのテストでの評価はアテにならないと思います。フリットが考えたテストだし(二度言うか)。
 あと、この結果を受けたフリットからのビデオメールがその点についてしか話をしない(他の評価がほとんどAだったにも関わらず)、という辺り彼のアセムに対する扱い方が見て取れます。

 ゼハートと戦場で再会した事をロマリーに打ち明けるアセムは、友と思っていた相手が本当に敵だったんだ、という苦しみを吐露したシーンだったのですが、彼女の「(ゼハートと会えて)いいな…」という台詞で全部ぶち壊されました。アセムのこの時の筆舌に尽くし難いといった表情は最高。
 やはりアセム編でもメインヒロインはおかしいです。ガンダムシリーズといえば主要な女性キャラ程病んでるという印象が拭えないのですが、そういう所は踏襲しなくていいです。
 そこに颯爽と登場したメカニックのメガネ女子、レミ。ヒロインではないのでアセムとはまったく接点がなく、オブライトさんにフラグが立ちかけてるんですけどもこの娘でお願いします! オープニングに登場してるのを見た時はまさかディケの嫁なのか?!と思いましたがただの助手のようです。予想ですがディケだけ奥さんの登場予定がないのでアリーサだけが例外的に父親の髪の色を受け継いだのだと思います。マッドーナの息子、ロディを見ても「両親の設定が存在する二世キャラは母親の外見を引き継ぐ」という作りになってるみたいだし。

 という訳でそのロディのいるマッドーナ工房へ突撃して、特製シミュレーターで特訓です。どこからでもすぐに着けるマッドーナ工房の位置関係がわかりません。移動してるんだとは思いますが。
 AGEは非常に優秀なドライブレコーダーのようなものがついているようで、一度戦っただけでも相手の行動パターンなどが全て完璧に記録出来てしまっていました。どれくらい完璧かというと実践同様アセムが勝てないくらい。そこまで完璧ならそれでもっとしっかりした対策とれるんじゃないの。ちなみにデータは軍の機密だとかアセムが焦ってましたけど、お前も機密だらけの親の部屋に友達連れ込んだりしたじゃん。データの持ち出しはウルフの特技の一つ(フリット編でGエグゼス作る時にやってる)なので問題はありませんね。初めて唐突だけど唐突じゃない展開をAGEで見た気がします。別に感心するようなことじゃないですが。

 シミュレーターはゼイドラとAGE-1の2対1という不利な状況ではありますが、やはりそう簡単には勝てず、何度も挑戦します。その際、ウルフさんに「お前はお前のやり方で強くなればいい」とアドバイスを受けて何かをつかみそうになります。Xディバイダーの能力を一切持たないでもエースパイロットとして現役で居続けられたウルフさんの台詞なので説得力がありますね。彼は主に機体の性能で生き延びている印象しかありませんけど。


 色々ありましたが、地球の衛星軌道上の基地、ビッグリングが最終防衛ラインという事で連邦側の戦力を結集してヴェイガンとの戦闘に挑む事になりました。アセム編の中盤の見せ場という感じでしょうか。衛星軌道上の基地が防衛ラインってとんでもなく逼迫した状態じゃないですか。総攻撃をかける作戦をキャッチしたとか言うなら先にもっと遠くで戦ったりとかした方がいいんじゃないの。こんなところでちょっと失敗したら地球に降下されちゃいますよ。まさか大気圏突入ネタがやりたいがためにこんなところに基地おいたんじゃあるまいな?

 今週は、まあなくてもいいけどあると深みが出る話、というガンダムAGEにあるまじき余裕のある回でした。フリット編にあったのは詰め込み過ぎな重要回とやる意味があるのかわからない無駄な回の二択という極端な状態でしたし、ここにきてかなり普通の展開になりつつありますね。普通になっちゃうとつまんないんですが。普通になればなるほどこの感想文は短くなっていくのでしょう。
 まあ、それは別に悪いことではないのですけども。
    23:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/949-be12fbd3
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。