ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE20話「赤いMSに乗ることを強いられた」

 今週はとうとう一周遅れになってしまいました。いや、いろいろね、時間がね。多分時間と愛のバランスが崩れてきてるんだろうなあとは思いますが。愛というかモチベーション。
 今週も微妙に縮小版。

 冒頭からXラウンダーの能力を発言させてゼダスRが役立たずになるというシーンで始まりましたが、ユニコーンガンダムの試験でほとんど同じシーンがあった気がします。
 新機体を出すために前の期待をdisるのはあまり感心しないなあ。プラモの売上的に。ちなみにゼダスは羽をむしりとってデスティニーガンダムとかの羽根にするとめちゃくちゃ格好良いです。プラモデルの話ですが。

 コールドスリープから目覚めたデシル兄さん、いい具合にクズになってましたね。ある程度最初からそんな感じでしたが、途中まで馬鹿にしていた弟が実は司令官になっていたという事実を知った時の表情が愉快。多分これからゼハートの邪魔するんじゃないですかね。専用MSも用意されるらしいし。
 ところで進化するガンダムがヴェイガンの狙いなんですけど、奪うとか破壊するとかしないで放置しておけば成長も進化もしないと思うのね。要するにRPGの魔王役を自ら買って出てるわけで。ディーヴァだけ遠くに隔離する作戦が取れれば多分ヴェイガンの勝ち。それでなくてもわりとヴェイガン優位らしいし、ガンダムにこだわる必要ってあんまりないんだよね。

 さて、今回の一番の謎が「ゼハートは正体がバレた後になぜマスクをつけるのか」でした。ゼイドラという新型MSの登場と共に例のマスクが登場したのですが、なんとXラウンダーの力を抑えるためという設定でした。普段からつけていてくれとかもういじめだろ。まあ、一応マスクをつける理由がちゃんとあったというだけでも評価すべきかもしれません。

 アセム編も本ヒロインの影が薄くて裏ヒロイン(今のところディケの娘)の愛らしさが強いというパターンですが、本当にこれで子供の顔がわからなければねえ。面白いなと思うのは戦闘時には完全に背景なところ。多分RPG的にそういうシステムにならざるを得ないのかなとか。

 岩礁地域での戦闘で、通常の3倍の速度で接近とかあからさまなアレがやってきます。監督は「アセム編からがオリジナルAGEの出番(シリーズオマージュはやらない?)ですよ!」って言ってたけどどんどんあからさまになってます。

 戦闘シーン、焦る新人ちゃん達とウルフの上手な戦い方、スペックだけで優位なアセムというキャラ付けはいい具合ですね。
 ゼハートの乗る新機体ゼイドラとの戦闘。あからさまに他の機体と隔離する作戦をしていて、ディーヴァクルーも気づいていたけど何もできませんでしたね。

 で、戦い方で相手がわかるというフリット直伝の直感でゼイドラのパイロットがゼハートだと気付いたアセムですが、結局戦いを止めることは出来ず、さらにXラウンダーの力を発揮するゼハートにはなかなかかなわず、あげく最後のトドメはゼイドラのイナズマキックという。
 そして以前コロニーで戦った時と同じ決着の状態(首元にビームサーベルを突きつける)になったのですが、Xラウンダーという能力の自慢をして何もせずに帰りました。AGEシステム欲しかったんじゃないの?!今すげえチャンスだったよ!何なら殺さずにガンダムだけ鹵獲したり本人ごと鹵獲しちゃったりしてもよかったよ!

 帰ったらデシルに見破られてましたね。

 途中で通信を切って単独判断をしたアセムを、叱ろうとしたミレース艦長と諌めるウルフさんという構図がどう見ても両親の会話でした。そういう構図になっちゃうよね、実際。

 Xラウンダーという力を欲するアセムは、フリットと違って「親の七光りはあるけど割りと凡人」という人間なので、そういう点では今までのガンダムとはちょっと違ったタイプなのが面白いです。このまま力を欲するだけで終わると面白いんですが、クライマックスで発揮しちゃうんだろうなーと思うと残念ですね。ロマリーにも今のところXラウンダーの予兆は見られないので、アセムに能力の発現は避けられない運命でしょう。

 今週は、ゼハートとの力の差を思い知るアセム、という感じのお話。ここまでわりとフリット編と同じような流れではあったりするんですが、その中身というか悩みどころがフリットとアセムでは真逆なのが面白いです。普通に面白くなりつつあるので、このまま進んで欲しいんですが、脚本は持ち回りなわけで、そのうちまた軌道修正がなされるんだろうなあというところは不安でもあり(ブログネタ的に)期待でもあります。

 もう少し落ち着けばちゃんとした書き方もできるのですが、突っ込みどころの少なさと忙しさのせいでしばらくこんな調子になるかもしれません。とりあえず書き終わったので次の話を早く見たいと思います。では。
    22:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/948-c5103103
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。