ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ムービー大戦

 仮面ライダーの映画を見て来たので感想を。
 ムービー大戦始めた辺りから、東映まんがまつり時代のお祭り感覚の映画になってて、それまでの「TVでは出来なかったもう一つの仮面ライダー」とか「TVを見る上で必要な情報が入った実質的本編」みたいなのがなくなってくれたのはいいなと思いますよ。いや、あれはあれで面白かったけど。作中で仮面ライダーという名称を使うようになったのはクロスオーバーの都合もあるだろうけど、わかりやすさや親しみやすさ重視なのかなと。実際、仮面ライダーは「子ども向けを全力で作れば大人も楽しめる」という事を作品だけで語っているのが凄いですよね。

 という事で今回はオーズとフォーゼと大戦の3パート。

・オーズ
 映画用のゲストが出て来て後日談的に展開。みんなの姿が見られて嬉しかったです。特に伊達さん。
 ラストのジェットスキーバトルはその存在意義がわからなかったけど面白かったのでよしとして。というかもうこれをやるために設定が作られたという感じではあります。
 ゲストライダーの味方の方はキカイダーを全身青くしたようなシルエット。もしくはハイエロファントを青くしたような感じ。妙にスタンドっぽかった。
 里中さんの足癖の悪さが一番の見どころじゃないかと思います。素敵でした。足が。今回の映画は女性陣が容赦なくハイキックかます場面が多くて大変よかったです。見えないけど(何が)。

・フォーゼ
 友情全開。なでしこも可愛かったし。後腐れのない外伝的展開でありながら本編に入っていても構わない自然な流れでした。財団Xが絡んでいたせいで敵がゾディアーツじゃなかったけど、むしろそれが映画版っぽかった。白衣のメガネのお姉さんの足癖の悪さも大変素敵でした。

・大戦
 やっぱり僕は仮面ライダーWが好きなんだなあって改めて思った。あの二人が出ている所が一番好き。二年前の作品という事で雑魚相手になってしまうのは仕方が無いんだけど、短い時間で彼ららしさを十分に堪能出来たと思います。平成ライダーでフォーゼの面白さは突出してるんだけど、「好き」という点ではWにはかなわなかったなーという感じ。
 昔みたいに世界を相手にした敵がほとんどいないので、各地にライダーがいますよという設定にそれほど無理がなくなっているのは面白いね。戦ってる場所は大体同じところだけどな。

 Wでは主役二人が、オーズでは主要キャラ全員がきっちり登場してくれて、とても嬉しかった反面、彼らが「仮面ライダーとか出てる暇がないんですよ」ってくらいに売れてくれるともっと嬉しい。なったらなったで寂しいんだろうけど、もっとオダギリジョーとか要潤みたいになっていって、色んな所で彼らの姿が見られるといいなと思いますよ。橘さんが校長としてやってくれるのも嬉しいんだけどね。
    19:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/934-fcfe3faa
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。