ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE14話「強いられる悲しみ」

 今週は忙しくて番組を見る時間がとれませんでした。何とか金曜日に見ることは出来ましたが、おかげで感想文を書く時間が全然ありません。しかし、一週休むとなかなか復旧出来ないのはカブトボーグで散々味わったのでちゃんと書きます。
 ちなみに書いている時にHGジェノアスカスタムが届きました。アマゾンで450円だったので。先に買っておいたジェノアスのカスタムパーツとして使う予定です。

 いつもと違って全然時間なくて内容が煮詰めてないんですがご了承ください。
 アンバットでの最終決戦という事で総力戦です。マッドーナさんも工房をそのまんま持ってきて、「壊れたMSはもってこいや!」とか気前のいい事を言ってくれます。もう本当にマッドーナさんさえいればいいんじゃないかと思うほど頼もしい。

 あとはラーガンさんがまだがんばってくれているのがうれしい所。シールドで敵のビーム攻撃を防げるようにもなってたし、まあちょっと怪我はしてしまいましたが(かすっただけでコクピットが爆発するとか戦隊ロボみたいな仕様なのはどうかと思いますが)治療に来たエミリーを気遣ったり、ミレースに「あなたにしか頼めないの」とか言われてみたりと存在感(と同時に死亡フラグ的ななにか)がぐんぐん上昇しています。ガンダムに乗りそこなったガンダムパイロットという異例の存在であるラーガンさん、是非生き延びて欲しいものです。

 一応、今回はギーラ・ゾイというUE側の人物が、ガンダムを写しながら「あいつのせいで作戦がうまく進まないんだよ!」とか言ってたんですけど、ガンダムが作戦を阻害した事ありましたっけ?いつもガンダムのために苦労してあげていた気はしますけど。というか何をたくらんでいるのかさっぱりわからないので邪魔していると言われても全然実感がわかないというか「ガンダムがんばったな!」とちっとも思えないのはすごいです。

 さて、そのガンダムに搭乗しているフリット君、また何かを感じ取ったのか、また勝手に戦線を離脱してUEのMSの所に。デシルが乗っているとわかったからみたいなんですけど、団体行動守れよいい加減。周りの大人も注意したれよ。デシルと対峙したらしたで「お前は本当は戦いたくないんだろ!」とか言い出すし。自分の価値観でしか動かないし考えないよね、フリットって。まあ、ほとんど会話にならないレベルでデシルに言い負かされていますが。
 で、ここでピンク色の謎のMSが登場。花の形をしたファンネルがやってきて、中に入っているのは予想通りユリンでした。それはいいんだけど、ユリンが乗ってここにやってくる理由が弱すぎて納得がいかないのです。インパクトこそありましたがストーリー上のフリットとのつながりが弱すぎて、そこまで思いつめるものなのかと。実際にはストーリー上語られていない過去を根拠としてその嘘映像を流して無理矢理説明したつもりになっている(という体のギャグの)カブトボーグみたいなことになってます。問題はカブトボーグと違ってギャグのつもりじゃない所でしょうか。

 専用のMSに、ビットがついている女子キャラといったらもうアレしか思い浮かばないわけで、まあそういう展開になるんだろうなーと思って見ていたら案の定そうなりました。フリットにせまるデシルの刃を背中で受け止めてしまうユリン。ビーム刃ではないので、背中を刺されても頭にあるコクピットは大丈夫なんじゃないかと思うんですがフリットと話しながらちんたらやってたらどんどんガラス状の部品にひびが入っていって、最終的には爆散しました。
 「生きるのって難しいね」という最後の言葉と共に散るユリン。そんなに大変な人生だったとも思えないんですけど、まあ作った人の中でキャラクターの生き様がどんどん膨れてしまって勝手に感情移入してしまって出てきた言葉だと思えば納得できなくもないです。
 大方の予想通りユリンが死んでしまいましたが、完全にそうするためだけに出てきたキャラなために、製作者側の「ほら、好きだった人が死んでしまって悲しいでしょ?フリットも怒ってしまうのも無理ないでしょ?感動するでしょ?」というのが見えすぎてなんとも。
 だってフリットは親代わりの司令が死んだ時も仲間になったマフィアのボスが死んだ時も眉ひとつ動かさなかったじゃないですか。ユリンの時だけ怒られても。

 怒ったフリットはスパローをすごいはやさで動かしてデシルの乗るゼダスをまたダルマにしてどこかに飛ばしました。ほぼ瞬間移動というかドラゴンボールの戦闘みたいになってました。宇宙のど真ん中でまともな機能を失った状態のMSで漂流させるとか人のやることじゃないと思いますがフリットがやるならいいのか。(直接的に)殺してないからOKなのか。普通に考えたら遅かれ早かれ死にますが

 とりあえず勝手な行動の結果スパローが壊れちゃったのでタイタスにウェア交換をして、アンバックの入り口を超プラズマバーストみたいな全身ビームだらけ状態で突っ込んで破壊します。入り口のシャッターもその勢いでドカーンと壊せばいいのにそこで急に止まって全力で上下に扉を押し開ける謎演出。ああ、この世界はシャッターが一番強いから破壊できないんですね。そこまでのスピード感溢れる絵から突然重量挙げの選手みたいなポーズになるから何事かと思いましたが。
 がんばってこじあけたところでタイタスの手足はぶっ壊れ、ディーヴァが突入します。これだけ緊迫した状況の中でいつの間にか反転してバックで入庫するとか余裕あんなお前ら。突っ込めよそこは。

 来週はフリット編最終章という感じで、ビグザムというかウォドムというかなんかそんな感じのラスボスっぽいMSが登場するようです。重力下での運用がどうとか言っていたので、多分アンバックの重力のある部分で戦闘するのだと思いますが、ガンダムAGEの世界の人間は空が飛べる設定(だと思わないと成り立たないシーンが多い)なのでまた愉快な重力表現を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。楽しみ方のベクトルがおかしいですけど。



 ということで今週は「ユリンが死んだよ!デシルが半殺しだよ!」という話でした。正直ちゃんとしたつくりではあるんですが、それまでの無駄な話とか説明が足りない部分とか色々あった上に結局ララァかよ!という感じの残念さが残念な感じになってますね。ただ、今回の怒ったフリットの表現がとてもよかったので、全編そんな調子でやっときゃ面白くなったんじゃないかなーと思わないでもないです。
 あとは最終章らしくガンダムがどんどんボロボロになっていきます。次の世代がAGE-2になるのがわかっているのでこれもまったくドキドキしませんが、ラストシューティングみたいなのやるんだろうなーと。クリスマス商戦もお年玉需要も無視したタイミングで格好良いMS戦を見せてくれるというのもどうかと思いますが、今週の戦闘も格好よかったと思いますよ。戦い方(ダルマ本当に好きだねえ)はともかく。

 さて、UE側のボスが特にフリット側から何の因縁もない人という、ある意味意外な展開にはなりましたが、どういう締め方にするのか楽しみですね。もう明日ですけど。
    15:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/931-c7ba0cf1
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。