ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE13話「宇宙要塞到着」

 いつの間にかAGEデバイスの設定が「ガンダムの起動のキー」でしかなくなっていましたよ。アスノ家じゃないと扱えなくて、アスノ家の者がデバイスを持って始めてガンダムが動くよ!という設定だったはずなのですが。普通いじらないであろう設定部分などの項目を放送中に訂正するなんてマメですよね。凄いと思います。

 設定が途中で変わるような作品はあまり聞いた事がありませんが。

そんな訳でガンダムAGEの感想文。
 いよいよ決戦です。
 アダムスがロケットの写真を見るという死亡フラグをかましたり、ラーガンさんがウルフに「彼女いるの?」とか聞いてみたり、エミリー達がダサいノーマルスーツを着たり(なんで2ピースなの)と微妙な盛り上がりを見せてくれますが、最初から「三代にわたる100年の物語」と言われているせいで「どうせここで決着つかないじゃん」という事がわかっていて視聴側は特に盛り上がりません。
 これに限らず公式が堂々とネタバレしまくるので先を見る楽しみまったくないよね。

 わざわざMSの姿勢制御みたいなややこしい名前の敵の基地に到着し、鶴翼の陣で進みます。バカ正直に真正面から。
 しばらくMS戦で時間を稼いで、その隙に前に出して変形して主砲を撃つという作戦だったのですが、何故射程距離に入ってからのんびり変形とかエネルギー充填とかするんですか。先にやっときゃいいじゃない。敵MSも出て来なかったのに何故薮に棒突っ込むような事を。むしろ射線上が主戦場になる都合上味方が巻き込まれる危険性が高すぎる。相変わらず自分達以外の被害は被害と認めない奴です。
 こういった素人がすぐにホイホイ出せるような疑問に対して毎回特に説明とか対応とかしないのは何故なんでしょうか。ほんの少し説明すれば済むのになあ。

 そして今回はマフィア軍勢のMSにも新しいビームライフルが(また何も言わずに)配備されたので彼らでもUEを倒せるようになってました。タイタスでやっと倒したバクトが今回マフィアのMSでもあっさり倒せていたりするあたり、本気でタイタスの存在意義がありませんでしたね。ガンダムそのものの存在意義がありませんけど
 今回はMS戦闘は割と気合い入っていて、何故これを年内にやらなかったのかと思うほど玩具の売れそうな戦闘シーンでした。Xラウンダーの活用についてはよくわからない演出でしたが玩具売るのと関係ないからいいよね。

 玩具販促タイムが終わった所にディーヴァがおもむろに変形を始め、どうなるのかと思ったらアーガマっぽい形状になりました。改造でどうにかなる構造では絶対ないと思いますが、変形の際に乗務員が(いたんだね)壁の手すりにつかまって耐えるというシーンが追加されてて笑いました。デカレンジャーか。そんな暇があるんならブロックごと全員退避させりゃいいだけでしょう。アライグマ艦長は強襲揚陸モードって言ってたけどMS三つしか積んで無い(しかも全部出してる)のに何をどこに揚陸するのやら。ブリッジがわざわざ被弾率を高めるような変形の意味もわかりませんが。
 ちなみに変形したディーヴァを見て「まるで木馬だな」というギーラ・ゾイの発言については釣り針がでか過ぎです。正面から見たところであれが木馬(ホワイトベースに在らず)に見えるとは到底思えません。新しいガンダムだと言うのならそういう釣り針をたらすのをやめて欲しい所です。そういった部分を持って「大人も楽しめる」と言っているのだとしたら子どもも大人も馬鹿にしているとしか。テレビ番組は想定しうる一番頭の悪い人を対象にしておかないと苦情が殺到するという話も聞きますけども、それにしてもね。

 主砲は見事に相手に当たり、敵の戦艦どころかアンバットまで大穴を開けた挙句まだ伸びてましたが、射程距離めちゃくちゃ長いじゃないですか。近付く必要なかったじゃないですか。
 ちなみに敵は轟沈する直前にキノコムサイがひとつ飛び出して来て特攻。マフィアの片割れが「動力部に突っ込んだら止まるだろ」とか無茶言い出して(慣性とかそういうSF以前の考証はされないのでしょうか)特攻返しをしようとします。
 そこに何故かマッドーナさんが超強力なメガバズーカランチャーを使って助けてくれました。赤いシャルドールに乗ったマッドーナさん、ものすごい数のシャルドールを量産して助っ人に来てくれましたよ。MSってそんなガレージキットみたいな早さで量産出来るの?いや、ガレージキットも型抜きしたあとにまた組み立てと塗装が必要だからそんな早さであれだけの数を組めるかわかりませんが。
 というか、結局マッドーナさんが全部持って行きましたね。なんだよあの兵器。味方が遅れてやってくるのは王道の展開ではありますが、それは「来られるかどうかわからないけど間に合ったらうれしい」という話が事前にあってこそであって、戦力として協力するという話が一切なかったにも関わらず突然やってくるのではご都合主義と言われても仕方ないと思います。雑誌等でもメガバズーカランチャーの絵がまったく上がっていなかった辺り、製作側はものすごくドヤ顔してそうな気がするのがいやです。
 なにより現状でおそらく最も強い軍隊はマッドーナさん家じゃないのという所はいいんでしょうか。連邦腐りすぎだろう。というか、もうマッドーナさんさえいればUE倒せるんじゃないかな。

 そんな訳で優勢になったところですが、UE側ではデシルがやってきて、さらに奥から同じノーマルスーツを着せられたユリンが連れて来られました。足腰立たなくなるまで何かをされたのかというような誤解を生みそうな感じに運ばれてきたのが気になりますが、多分気のしすぎですね。ともあれ、次回決着が付きそうです。あくまでこの世代の。


 ニュータイプ誌で、監督のインタビュー記事が載っていたんですが、わりとこの人もご期待通りの方である事がわかりました。そう話すしかないよなーという所はありますけども、明らかに今まで話した日野さんの話と食い違う部分もありますけども、この監督ならこの作品になってもおかしくはないなって思いました。発言の一つ一つ全てが突っ込み所という凄いものでした。この監督にしてこの作品ありと言えます。
 とりあえずコンセプトが山程ありすぎる(事ある毎に「~がコンセプトで~」と言ってた)のはよくないと思いますよ。


 今週は「ディーヴァが主砲を撃ったら敵の戦艦が壊れたよ!巻き添えくらいそうになったらマッドーナさんが来てくれたよ!」という話でした。普通この手の要約はかなり乱暴に必要な部分も無理やり削ぎ落として大筋だけ取り出してこの長さになるものなんですが、本気でこれ以外書く事がないというのは凄いですね。
    17:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/930-dbba8df6
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。