ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

一年の計

 フレドリック・ブラウンの短編に、未来の科学者を呼び出して未来の技術を手に入れよう、という話があるそうな。
 結局その人があまりに未来過ぎて彼の専門分野がまったく理解出来ず、収穫がなかったという事なんだけど、これって今のIT技術者を第一次世界大戦時代の軍事科学者が呼び出したら多分こんな感じになるんだろうなーと思った。そう考えると、すげえリアルに思える。

「未来の兵器はどうなっているのか」
「あー、詳しくないんすけど、未来っぽいっつうとなんかステルス戦闘機とか有名スよね」
「……ステルスとは何か?」
「レーダーとかから感知されないらしいス。」
「……レーダーとは何か?」
「電波を使ってどこに何があるか調べる?機械?アンテナ使う奴」
「電波……ヘルツという科学者が何かやっていた気がするが。他にはどんな兵器が?」
「あとはよくわかんないっす。軍事系詳しくないし」
「そうか……。君は技術者と言っていたがどんな分野の技術者なのか?」
「IT系っすね。」
「それはどんな分野なのか?」
「ネットとかがメインっす」
「網?未来では網も新技術が使われるのか?」
「いや、インターネットっすよ。パソコンとかケータイとかで繋ぐやつ。それで俺はウェブ系の開発やってて。」
「……すまない。我々にわかったのは未来は本当に未知の世界だという事だけのようだ」

 多分100年も経たない時間の差ですらこの位はいくのだから、この先も我々の想像もつかないような世界がまっているのかもしれません。せっかくなのでそう思った方が楽しいでしょう。未来が我々の思いもしない方向へ進んでくれる(もちろん嬉しい方向に)事を願いつつ、新年のあいさつとさせていただきます。

 今年もよろしくおねがいします。

 たまには違う感じの始まりにしてみようかと思っただけで深い意味はありません。あとフレドリック・ブラウンは実在します。「ひとりぼっちの宇宙戦争」の元ネタと言われている「闘技場」やグレンラガンのサブタイトルの元ネタと思われる「天の光は全て星」の作者です。読んだ事ないけど。
    21:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/915-ab9588c0
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。