ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE8話「共闘したけど勝てません」

 最近知人や友人に(この区別が最近つかなくなってきて困ってます)AGEの事を聞かれるのですが、もはや上級者向けすぎるので「ピーキーすぎてお前には無理だよ」と答えざるを得ません。
 この感想文も、もっと「こう見たら面白いよ!」という方向で書きたいのですが、突っ込み所を羅列するだけになってきてちょっと困ってます。長過ぎるよね。

 という訳で第8話。
 お読みになる方は続きをクリック。長いです。


 先週はバクトに勝てなかったのでラーガンさんが時間稼ぎにやってきてその隙にディーヴァに帰艦してタイタスに換装してピンチのラーガンさんを救う所で終わっt今週も同じとこやってるーー!
 まさかアバンでもなくAパートで長々と前回のラスト付近を復習させられるとは。しかも前回より短時間できっちり説明してじじいがシステム動かした事になっててたった1週で矛盾する展開というハイレベルっぷり。毎回「前回の話をなかった事にする展開」と書いてきましたがそういう事じゃねえよ
 あとまたじじいがタイタスって名前つけてます。

 換装シーンが今回追加されましたが、あのMSの手足を交換する装置は元々あったんでしょうか。あれも一緒に作ったんでしょうか。他のMSが手足交換する事がないので、あんな機械必要ないと思うんですが。
 それはそれとして、まさか肩を上にひっぱったら抜けるとは思いませんでしたよ。ポリキャップで取り外ししてるんですかガンダム。手と足反対に引っ張られたら終わるぞガンダム。

 先週言われた通り、銃が効かなければ物理で殴って叩き潰すという事で、最初だけ威勢良くバクトをぶん殴ります。もともと物理攻撃が効かないからビームを使ったんだろうに、またビームが効かないから物理攻撃に先祖返りする意味はよくわかりませんね。三すくみって知ってる?ゲーム作るなら知って無いと困ると思うんだけど。
 そしてとどめはビームウリアッ上
 ビーム効かないんじゃないのかよ!力押しでOKなのかよ!

 さてマフィアの方は予想外の善戦っぷりでした。秒殺かと思われましたがまだ生き残ってます。一応、ジェノアスより古い機体という事でモブキャラの乗ってる奴らはあっさり破壊されてますが、二人のボスは生きてました。「殺す事しか考えてねえ…!」とか怖がってましたけど、今まで随分と手加減してくれてるせいでこの言葉がまるで響きません。
 しかしボスがやられそうになって、側近の二人がガフランに覆い被さって捨て身の攻撃に出て、それがあっさり破られて、一旦両者が態勢を整える時にやっとガンダムが登場するという間の悪さはいかがなものかと。前回の話を一部復習しちゃったせいで似たようなシチュエーションが二つ被ってしまったせいだとは思いますが、側近が破壊されそうになった所でボスが叫びながら捨て身の攻撃をしようとした所で後ろから飛んできたガンダムが彼のMSの横から追い抜いてバクトに一撃、とかどうでしょう。そういうベタなのでいいと思うんですけど。

 倒したところで増援が市街地に向かったので追う一行。コロニーへの侵入は防げないけどこういう時だけ働くレーダー。何故かバクトは律儀に防御壁(まだ仕舞ってなかったのかよ)の外側の道路に降りて壁をしゃがみ小キックで蹴ってますが何がしたいの。最初から街の中に降りて攻撃すればいいとかそんな事を考えてはいけないのです。多分そこはガンダムが歩いていけないゾーンなので(RPG的に)エンカウントのためにも敵も入らないのです。

 タイタスの戦闘でパワータイプという表現のつもりなのか、やたらと両手での押し合いをやりたがるんですが、そんなバイオ戦士ダンの押し相撲みたいなことしてるから時間がかかるんですよ。さっさと倒さないからボス達がピンチになっちゃうんです。むしろ進化したんだったら圧倒的なパワー差を見せつけてくださいよ。なんか「別に強くなくね?」としか思えません。
 で、本気でピンチになったら正体不明のMSがやってきて助けてくれました。中に乗っていたのは先にシールドの赤い狼マークを見せてくれて予想通りウルフさん。超あっさりビームサーベルでバクトを一刀両断した強すぎるGエグゼス。というかビームサーベルの出力あげれば勝てたのかよ。ジェノアスからGエグゼスへの進化の方がよほど印象的ですね(改造したのではなく別機体ですが)。バクトとパワー互角らしいし。先程書きましたがGエグゼスのプラモデルはまだ出ていません。ゲイジング用の玩具は出てますけど。未だにゲイジングしてる子ども見たことないなそういや。
 しかし出て行ってから24時間経過せずに新しいMSが丸ごと作れるってAGEシステムいらないじゃん。既製品の色替えだけだとしても早すぎますよ。強すぎるし。もうガンダムもフリットもいらないという流れ。
 ついでに艦長、この正体不明の機体に対し、ウルフが乗っているという事で特に追求もせずに「使えるやつは使ってしまえ」と場当たり的な指示。最もいなくても構わない人材です

 とりあえず役立たずのマフィア達は街の人間を避難させる事にして退場させ、戦闘はガンダムとGエグゼスの二体に集約させます。この辺の使い分けはちゃんとしてますね。いつもなら何も配慮せずに戦闘に参加して棒立ちのまま忘れ去るだろうに。
 しかしその後の戦闘がちょっとまずい。Gエグザス大活躍でアタックファンクションやっちゃうのは百歩譲っていいとしても、ビルの上で爆発させたり道路で爆発させたりと無配慮の極み。前回街に被害が!とかコロニー内でビームは!とか言ってた割にはもう誰も気にして無い辺り、やっぱりAGEクオリティでした。今週はビルの中の人とか雑魚MSのパイロットとか、案外死傷者出てると思うんですけどまったく触れませんね。
 タイタスもラストの戦闘を無意味に数カット使って衝突までを描いたせいで冗長になり、MSサイズ的にほんの少しの距離をやたら時間かけて走る意味の分からない演出になってました。少なくとも重さの表現にはなってませんでしたよ。エースの元に何ヶ月もかけて坂を走るルフィみたいでした
 
 なんだかんだで勝利して、最後はマフィア二人がUEのいる間は共闘する事になります。最初に手袋を外した相手に対し、あえて握手をせずに、UEとの戦いが終わってからだな、だなんて粋な事を言わせる(つまりUEとの戦が終わってもサバゲーを復活させることがない事を表現している)所はとても素敵だと思います。大人っぽいですよね。こういうのが描けると子どもと大人の対比が出来てとてもよいのですが。
 ただ、マフィア同士は仲良くなったけど別に地下の人達は何も変わっていないわけで、あんまり解決してないんですよね。これからもこの生活を強いられていく可能性はありますし(マフィアである事は変わらないからね)、あえてイワークさんたちではなく、エウパの勢力にお世話になって、地下に住む人をもっと被害者ぽく表現する(最初の市街地でのサバゲーの際にガンダムが地下に落ちてあの地下の光景を目の当たりにするとか)のもアリだったかなーと。完全に物語の構造が変わりますけども。
 まあ、なんにせよ四話もかけてやるエピソードなのかという疑問は残ります。

 ラストにGエグゼスを作ってくれた工房にゼダスが置いてあったりチョーさんが来たりと、ようやくUEの正体に迫る感じでしょうか。公式にどうでもいい所でネタバレかましてましたが。

 今回の一件でAGEシステムの意味の無さが露呈してしまった気がします。戦闘データを元に、対峙している敵への有効な武器を作る事は出来ていますが、現状の問題を解決するだけのものではレベルの低い発想です。一度戻って作ってもらって換装なんかしてたら間に合わないでしょうに。それよりもMS鍛冶の作ってきたGエグザスの方が、未知の敵を予想してそれに対する解決策を提示してきたわけで、こっちの方が優れた考え方と言えます(何しろ製作中にバクトを見たことないはずなのに倒せてしまっている)。
さらにMS鍛冶なら一日かからずにMS一体作ってしまえる事も判明したわけで、AGEシステムがその場で作ってしまえてもそんなに凄い差がある訳でもなかったという。もちろん企画開発と製造は別な話なのですが、それでも前述した通り、前日に予想して作れば問題解決する事がわかった以上、AGEのアドバンテージはないも同然です

今週のどうでもいい所
・エミリーの台詞が「フリット…!」しかなかった気がします。
・デブはAGEシステム使う時の背景扱いっぽい。
・バクトさんの優しさが目に染みます。空を飛べるのにわざわざタイタスの姿を見て飛ぶのをやめて肉弾戦につきあうとかなかなか出来ませんよ。相手の土俵に立とうとする騎士道精神にも近い何かがあります。そうしてくれなかったら絶対タイタス勝てなかったでしょう。掌にも腹にもビーム発射装置あるのに組み合ってる時使わないし。
・フリット君は何故対空迎撃に膝蹴りを使うんでしょうか。東丈のファンなんでしょうか。

今週は「タイタスすげえ!プラモデル買おう!」って回のはずなのにそれより強いGエグゼス(プラモデル未発売)があっさりやってきて「ガンダムって実は大した事なくね?」と思わせてしまうという販促アニメとしては最もやってはいけない事をやってしまった気がします。
 そして今週一番疑問に思ったのが、オープニングのスタッフクレジットに「SF考証」を専門に担当する方がいらっしゃるという事実を初めて知った事ですが、このSFっていうのは何の略なんでしょうか。少なくともサイエンスフィクションの略ではなさそうなんですが。
    22:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/909-290bb9ed
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。