ハイスペック・バカ

フェイバリット玩具

子供の頃からロボットは大好きで、特にパイロットが乗り降り出来るタイプのメカに弱かったようです。ゾイドとかダイアクロンとかあの辺が好きだったのもそこら辺が根底にあったのかも。小さいもの好きだったし(ゾイドは当然ゼンマイ式の小さくて安いやつしか買って貰えませんでしたし)。
逆に巨大ロボット(玩具の大きさでなく設定上の大きさ)はそれほど好きでもなかった気がします。人型である事には異常に執着していたんですけど。宇宙刑事シリーズがそれほど好きでなかった理由が「ロボット出て来ないから」だったし。見てましたが。

そんな偏った嗜好の人間だったので、一番好きだった玩具がミクロマンの「ミクロロボットV」というロボット玩具。
どういうものかというと、5体のロボットが合体して大きなロボットになって、ミクロマンが搭乗出来るというもの。1体の大きさはミクロマンと大差ないんですが、ダグラムの頭みたいなデザインのコクピットを使う事で(合体ロボとしては反則ですが)角張ったPKAみたなロボットになります。全然格好良いものではないんですが、組み換えがきいて、Gアーマーみたいな遊び方が出来る上にミクロマンが乗り込めるという事でお気に入りでした。5体のうち4体は手足になって、残りの一体がミクロマンの椅子(兼コンソール)になるという罰ゲームみたいな扱いになってましたが。たしか操縦桿がこいつの頭から生えてる角だったような。運用風景考えると相当にシュールです。
顔のないロボットでもOK、むしろスマートな人型よりデブ専気味、という嗜好はここから生まれたのかなと今になって思います。ワースブレイドで狩猟機より従兵機の方が好きだったし
    22:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/906-3e997814
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: