ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

バンダイチャンネル

 バンダイチャンネルをようやく契約しました。月々1000円で見放題のプランの奴。
 バンダイチャンネルにある動画全てが対象ではないし、古い作品が多いんですが、むしろその方が有難い。往年の名作を一気に見られるチャンス。BOX買うお金やレンタル屋に通う手間考えればお得ですよね。

 そんな訳でバイファム見ました。
 もともとガンダムの初期案の一つとして考えられていたストーリーだそうですよ。

 平和な日常が異星人の襲撃によって崩壊し、宇宙船で逃げ出すも追撃によって次々に大人が死んでいき、子供達だけで戦っていく事になるのですが、実際にほぼ子供だけになる3話までの絶望の描き方がものすごく上手いです。
 冒頭で嵐の予感を軽く描いた後に日常的な明るい風景が展開し、そこからの襲撃と避難。
 敵の強さも絶妙で、現役の兵器で何とか倒せる描写はあるものの(主人公機バイファムがスーパーロボットじゃなくて量産機なのでこれがないと困る)圧倒的な戦力差を見せつけて、存在そのものを恐怖に直結させる描き方。
 なんとか惑星を脱出出来たものの、追撃を受けて壊滅的な被害を受け、ブリッジにいた子供達と数人の大人以外は死亡。
 頼みの綱のベルウィック星に接近し、同時に脱出した艦(子供達の親が乗っていた)との通信が回復したものの、直後にここも異星人の襲撃を受けて壊滅。助けられたのは三人の子供だけ。

 たった3話で星二つが壊滅して生存者も15人という状態に持っていくという話が描けていて、主人公達のキャラもある程度描写されているのだから恐れ入ります。実はこの段階で主人公がバイファムに乗って無いんですが、十分戦闘シーンも描けてます。
 なんでこんなにぐいぐい引込まれるのかと思ったら、緩急の付け方がうまいんですよね。特に襲撃後は一度通信が回復して親の安否が確認出来るという希望が見えかけた所から一気に落とされる訳で、こういう流れが飽きさせない工夫なんでしょう。
 キャラクターの描き方も、軍人は民間人を守るために、大人は子供を守るために、子供はより小さい子供を守るために行動していて、全員しっかり芯が通ってます。それでいてトラブルメーカーな存在や、場を和ませるキャラや、個性がしっかり描かれていて、ストーリーのためだけの存在では無い、リアルな存在感があります。

 子供の頃に見た再放送しか記憶になくて、詳細は全然覚えてないんで、ケイト先生がこんなに老けた顔だった事に軽くショックを受けてみたりもしてますが(酒に溺れてた頃のシーンが未だに忘れられないのです)、めちゃくちゃ面白いので是非見て欲しい作品です。子供が主人公で住処が破壊されて宇宙に逃げて、正体不明の敵と戦うという、最近とてもよく似たコンセプトの作品がありますが、それはさておきこの作品も是非3話まで見て頂きたいと思います。続きがきっと気になってしまうと思います。
    20:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/903-5b081a08
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。