ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

HGUCガンダムGP-01Fb限定版完成

「おいお前プラモデル作れたよな?」
「は、ハイィ!」
「じゃあコレ作れや」
「は、ハイィ…?!」
という感じで渡された(うそです)キットが、HGUC/GP-01Fbでした。
GP01FB-01.jpg
ただのGP-01ではなく、リンキンパークの限定版CDのおまけのやつ。
ええっ、これ作っちゃうの?!もったいなくね?とか思ってしまうのは僕だけだったようで、「どうせならちゃんと作って欲しい」と言われて僕の所に来たようです。多分もっと凄いモデラーが身近にいたんでしょうけど暇そうな僕に回ってきたと思われる。
そんな訳で一生懸命作らせていただきました。

gp01fb-02.jpg
独特のカラーリングが映えます。白とグレーのツートンかと思ったら関節部分はラメ入りブラックだったりして。
この独特のカラーを一切無視して普通の色に塗るといういたずらも考えたんですが(もちろん普通のキットを買ってきてそっちをグレーに塗って一緒に渡す)、もったいないのでやめました。
あまりハデにいじるのも勿体無いので、一部気になった所だけ改修しています。正直見ても違いがわからないという微妙っぷり。

gp01fb-03.jpg

頭部のアンテナを真ちゅう線で作り直し。基部はエポキシパテで適当に。基部まで作るつもりなかったんですけどどこかに飛んでいったまま行方不明になったので…。あとアンテナ自体も単に作業中に折ったから作り直しただけです。
V字アンテナもフラッグ部分を落として尖らせてあります。
肩のバーニアは、普通は収納状態に作り直すらしいんですが、全然知らなくてディテールアップする方向でやっちゃいました。コトブキヤのバーニアパーツと丸モールドを組み合わせてそれっぽくしています(設定上この基部はおかしいんですけど絵的に映える方を選びました)。正面の穴はドリルで適当に深く掘ってますが塗装終わるまで表面処理忘れてて汚いです。

腰のスカートは最近では定番の、接続棒を切って独立可動させました。この頃のキットはこの加工をさせる事が前提になってなくて切っただけだと抜けてしまうため、適当に先端をライターであぶって溶かすことでひっかかりを作りました。透明ランナーでレンズパーツを作る要領で。
あとは真ちゅう線通して繋ぐ事で曲がらないようにしています。やっとかないとスカートが真直ぐにならなくて格好悪いので。

gp01fb-04.jpg
あとサイドスカートはエポパテで先端を伸ばしてあります。何となく格好よさそうだったから。表面処理まで終わった所で誤って折ってしまったりもしましたが、外から見たらわからないようにはなったかと。溶きパテって偉大。
スネのカバーも何となく延長。足がスリッパで大きくなっているので、こういうところが鋭くなっていた方がバランスが取れるかなーという程度の思惑。あとは裾のパーツにあった不自然なエッジをならして薄くしてあります。やりすぎてここだけ妙に曲面構成になってしまいました。

あとはリューターで大きなバーニアのフチを薄くしたりとかその程度です。

gp01fb-05.jpg
塗装に関しては、パテいじりとバーニアいじりの段階で全塗装必須なのはわかっていたのでエアブラシを導入。いつか買おうと思ってたんですがこれがいい契機になりました。こんなん筆で塗れないし。
アクリルガッシュは粒子が粗くなるのでちょっと薄めにして濡らしてしまうくらいのつもりで塗った方が綺麗になる気がします。薄過ぎるとはじかれるので加減が難しいですが。
あとは塗膜の弱さを補うためにトップコートかけると染み込んで色が変わってしまうので注意が必要です。塗る前の塗料の色が、大体トップコートかけた後の色になる感じ。そのままだと乾燥時に彩度が落ちます。実は写真のコアファイターはまったく色塗って無いんですが、それほど違和感もなく出来たんではないかと。

最後にエナメルでドライブラシをグレー部分にかけて終了。塗装が下手くそで軽く梨地っぽくなってしまったので、開き直ってドライブラシで金属感を出しました。妙な質感が出てます。写真だとわかんないけど。

gp01fb-06.jpg
シールドはリンキンパークのトレードマークのシールがあったんですけど曲面にうまく貼れませんでした。また、伸縮部分のバーを切り離して作り直そうかとも思ったんですけど完成が半年はズレそうだったのでやめました。

という訳でちまちまやってたら半年以上かかってしまいましたがなんとか完成。スジ彫り関連をいっさい手をつけていない(塗装後までその知識とスキルがなかった)のが残念です。
渡された時にはエアブラシもエナメルもなかったのですが(よく引き受けたなと自分でも思います)、このキットのおかげで色々と環境をそろえるきっかけになったので、よい記念になりました。エアブラシ関連もちょっと記事書いていこうかなと思ってます。

塗装練習の実験台になってくれたFGガンダムありがとう。上半身はまた次の機会に実験台になってください。
    18:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/902-8d606897
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。