ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

RGガンダム完成

rg-gundam-01.jpg
まあ、改修も塗装も何もせずにウォッシングしただけですが。ウォッシングというか汚れただけみたいな感じで、画像だとより一層そんな感じになっちゃってます。途中までエッジ出しのためにペーパーかけてましたがあんまり意味がありませんでした。
組んだりバラしたりをくり返しすぎて左脚が何もしなくても抜けていくという怪現象が発生したので、お菊人形に続く「足抜けガンダム」として語り継ごうかと思います。幸いにして僕の左脚はまったく怪我もしておりませんが。

rg-gundam-02.jpg
組み立てるだけで(個人的には)理想的なプロポーションとなるRGガンダム。肘と膝の金属色だけ塗ればあとはそのままでほぼ問題なしという基地外レベルの色分けと、設定を無視してまでムーバブルフレームを導入して実現した可動範囲。単純な「アニメキャラのプラモデル化」ではない、何層も重なったメタ構造であるRGガンダムだから許された暴挙でしょう。動かすのにものすごく神経使うんで遊ぶには向いてませんが。
指の第二関節まで動くという変態っぷりには驚きました。フラグシップモデルとして、発売当時の先端技術を全てつぎ込んだもの、という事でこういう指とかマルイチモールドやダクトが穴明きだとか、古いキットなら「ここ改修したらスゲエ」的ポイントがほとんどデフォルトで成型されています。
そういう事を理解しているので指が落ちまくるとか中指~小指までの扱いがどうなのとかは気にしない事にしています(してんじゃん)。

右のバーニアだけウォッシング時に見事に真っ二つに割れました。ウォッシングやったのこれが二つ目なので、パーツ割れも初めて体験したんですが「本当に割れるんだ!」とちょっと感動しました。あんまり目立たない所でよかったです本当に。

あとデカールは別売の水転写デカールを使用しました。小さすぎてスライドさせようがない。肩など上半身の縁取りみたいなマークが好きじゃ無かったので貼ってません。

ウォッシングなんかしなくてもスミ入れしてつや消しコートかけるだけで十分見栄えのするキットなので、部品点数は多いですけどおすすめです。
あとバズーカは持ち手部分がウォッシング時に割れて動かなくなった(接着した)ので持たせてません。

それにしてもプラモデルの撮影って難しいですね。今回もGCPで撮影させていただきましたけど(というかアッガイと同じ日ですが)、事前に撮りたいポーズとか綿密に計画しておかないと時間だけが無駄に過ぎます。色々模型写真見て勉強していきたいと思います。カメラの買い替えからはじめたいところですがさすがに無理なのでレイアウトだけがんばります。
    21:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/901-764983e8
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。