ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ダンガンロンパ

PSP「ダンガンロンパ」クリア。
連休を利用して一気にクリアしました。ストーリーも面白いんだけど、全体的なシステムの面白さと難易度の調整がお見事だったので、そっちの話を書きます。珍しくファーストインプレッションすっ飛ばしてクリア感想。

お話はものすごく大雑把に言うと、閉鎖された学園内でリアル「汝は人狼なりや」をやってるという感じ。実際に人は死ぬし、処刑もされちゃいますが。
で、学園内で殺人事件が起こる度に捜査して裁判を開いて真犯人を当てていくんだけど、裁判シーンが大変面白い。
殺人現場を調べて、証拠や証言を集めていくシーンでは、キャラクターは真実にたどり着いていない。なのでプレイヤーも同じ状態である可能性がある(というか私は阿呆なので大半の事件でそうだった)。
証拠を集めて裁判を開き、そこで議論していく事で真実に辿りついていくという構成になっていて、大変分かりやすい。

裁判も「リアルタイムで会話していく議論の矛盾点を(証拠を突き付ける事で)指摘する」ゲーム(これがメインでありタイトルの由来)とか、「答えの言葉が虫食いになっていてそれを埋める」ゲームとか、「全体の流れを漫画にして、虫食いのコマを自分で埋める」ゲームとか、「逆切れした相手の言葉を打ち落とす音ゲー」とか、色々状況に合わせて趣向を凝らして楽しませてくれる。音ゲーは正直アクションゲームとか苦手な人がどう思うか気になる所だけど。
「お話の続きが知りたいだけ」な人には煩わしい事この上ない複雑さではあるものの、「自分で正解を提示しない限り先に進めない」ようになっている分、自分で推理して謎を解いている感は他のゲームではなかなか味わえない。

結局推理ゲームとは言っても、システムの都合上、証拠を集めたらゲーム内の主人公が(プレイヤーが理解しているかどうかを無視して)謎を最後まで解いてくれるようなものになってしまいがちな中、プレイヤーにちゃんと謎を解かせる事を主軸に置いた(と思われる)システムは実によく働いていたと思う。
さらに、複数の人間が議論しながら謎を解いていくという流れになっているために、主人公が知らない事を他の人が提示してくれたりする事もあって、プレイヤーとのシンクロ率もわりと高め(私が必要以上に阿呆である可能性があるけど)。

血の色がピンク色で表現されていてかえってグロく感じたりとか、わりと容赦なく人死にを表現していたりとかするので多少人を選ぶかもしれないけど、「なんか面白そうな謎解きゲームないかなー」って人にはお勧めしたい。
    19:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/870-1ef6521c
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。