ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

毎週一度は痴話喧嘩

プリキュアも気がついたら長期に渡るシリーズとして定着してますね。男の子は仮面ライダーやスーパー戦隊、女の子にはビックリコというのが定番ですね。ちがいますね。

で、今年のプリキュアです。お父さんもプリキュアです。
スイートプリキュアというタイトルながらsweetじゃないという捻ったタイトルがお気に入りな捻くれものです。
今年の内容は、もうひたすら主人公二人が痴話喧嘩をし続けるというものになっています。家族の話とか学校の話とかないこともないですが、それも全て痴話喧嘩のネタ振りでしかなく、今週はどんな理由で喧嘩するのかな?というのを楽しみにするのが基本的視聴スタンスとなります。

昨年のハートキャッチのように主人公の周りの人間を事件の発端にする必要がまったくないため、サブキャラの存在感がまったくありません。まあ、実はハートキャッチの方が全体のシリーズを見渡すと異質な存在なんですが。

さて、そんなプリキュア、今年一番頑張っているのが敵であるセイレーンさんです。ちょっと前の話でのがんばりっぷりは凄かった(書いてから放置しちゃったせいで時期がずれちゃった)。
今年の二人は仲が悪いと力が出ないという設定なので、セイレーンさんとしては二人の仲を悪くするために、自分が響と親友になって、奏との仲を割けば良い!と考えます。まずセイレーンさんは「親友とは何か」を響と奏の会話からリサーチを行ない、そこで出た「同じ考えを持つ人」という所にこだわるために今度は響の言動や性格をリサーチ。完璧に「響と同じ嗜好のキャラ」を演じる事で親友になろうと画策します。
セイレーンさん、努力家すぎ。
いちおう悪い人の立場なので、奏の声マネで響に暴言を吐いて仲違いしやすくしたりもしますが、結果的にセイレーンの想定外のレベルで響が自分を信頼してくれたせいで、素で感動してしまいます。
セイレーンさん、可愛いすぎ。

まあ最終的には響と奏の結束が簡単に破れるわけもなく、真の友情とは何かみたいな感じの話になっていつものようにやられちゃうのですが、いつかセイレーンさんの努力が身を結ぶといいなあとか思う様になってきました。むしろ三人目フラグなんじゃないかと思うくらいに最近のセイレーンさんは頑張ってます。痴話喧嘩のネタが尽きた頃に三人目として新たな相関図と新たな喧嘩ネタを持ち込むのかなと。フレッシュで一度やってるから可能性低いかもですが。

対してプリキュア側のハミィの何もしていないっぷりときたら。
痴話喧嘩なのでハミィが出るまでもなく勝手に仲直りしてしまうという事もあり、ハミィはまったくもって傍観者。
今までのマスコットキャラはセイレーンさん程ではないにせよ、プリキュア達のモチベーションアップをはかったり、仲直りのために人肌脱いだりはしてました。逆に一番のトラブルメーカーとなってプリキュア達を引っ掻き回す役どころの奴もいましたが、それでもここまで何もしていないというのはなかったんじゃないかと。

という訳で今年のプリキュアはセイレーンさんの頑張りを応援しつつハミィの何もしていないっぷりを確認するために視聴していこうと思います。
    19:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/855-1a3723e4
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。