ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

TRPGといえばファンタジー

 ちょっと前にツイッターでTRPGについてつらつら書いてみたら楽しかったのでまたやってみます。

 テーブルトークRPGといえばファンタジーが主流ですな。昔のスタンダードといえばD&Dやソードワールド、今はアルシャード辺りが主流なんでしょうか。
 で、話は全然飛ぶんですけど、TRPGって一度壊滅状態になってるんですよね。Wikipediaでは冬の時代と表現してますが、TRPGプレイヤーがどんどんマジック・ザ・ギャザリング(以下Magic)というトレーディングカードゲームにはまっていって、プレイヤーがどんどん流れていくという。理由はそれだけじゃないとは思いますが。ちなみにMagicはその後のカードゲームの流れを完全に変えてしまって様々なものに影響を与えまくった、歴史に残る凄いゲームだと思います。今日はMagicの話題じゃないのでここでやめますが。

 今ではもうD&Dは版権が別な会社に移って完全に別物になってるし、ソードワールドも別物の2.0が生まれているし、グローランサやシェリーウェバを知る人はほとんどいなくなりました。サポート情報をのせるべき雑誌も当時のものは一つも無く、主な出版社も様変わり。しかし逆にGURPSがまだ続いていたりとかルーンクエストがタイトル変えて続いていたとか生き延びてるものがあるのは驚きましたが。

 という所でファンタジーの話に戻るんですけど、日本のファンタジーって「大昔に一度栄えた文明が滅んだ後の世界」って多いじゃないですか。今のTRPGの状況ってなんかそれに近い物がありますよねって思っただけです。
 古文書的に昔のTRPGルールブックが出て来たり、オーパーツ的にTORGのシステムが語られたり、過去のコンベンションの事が語られたり。まあ色々。現在のシステムも出版社も情報ソースも以前とはまったく違うもので、一部のデザイナーやライターが過去を知る長老的存在に(案外残ってた)。
 まあ、コレ以上話が拡がらないというかオチは考えないで書いてるんで唐突に終わりますが。

 そして明日からしばらくTRPGの事を書いていきますよ。まったく需要ないけどな。
    18:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/846-7fbf51d6
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。