ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

結局何の生き物なのかは謎

リサとガスパールってあるじゃないですか。なんか可愛い絵本のキャラ。
偶然あれの出会いとなる本を読んだんですけど、これが面白かったので紹介。

まず、ガスパールのいる学校にリサが転校してくるところから話は始まります。特に登校中にぶつかったりすることもありませんでしたが、まず「ガスパールのいる学校」はガスパール以外全員人間でした。ガスパールだけヒトじゃない何かなんですけど、それについては誰も疑問に思っていないので、これは絵的な表現で実際には全員がヒト(または全員がガスパールと同じ外見)なのか、と思い読み進めていたら、本文中に「転校生のリサちゃんはガスパールにそっくり」というクラスメイトの発言があったのでやっぱり二人以外はヒトらしいです。そしてガスパールだけはそっくりだという事が理解出来ないようなので、ガスパールは自分がヒトだと思っている可能性もあります。
たった二行で随分深い話になってしまったような気がします。

その後、一方的にガスパールが敵意むき出しにしていたら、ふとしたきっかけで二人は殴り合いの喧嘩を始めてしまいます。まさかグーで殴る方の喧嘩をリサから仕掛けてくるとは予想外。ちなみにリサが女の子でガスパールが男の子です。
この喧嘩の後、かけっこなどのイベントで二人は仲良くなり、お互いのしていたマフラーを交換する事で友情の証とするのですが、そのマフラー交換を他の人は誰も知らないらしいです。行為自体を知らなくてもマフラーの色が変われば気づきそうなもんですが、誰も知らないという事なので、普通のヒトには彼らの固体識別が出来ていないとも受け取れてしまい、やっぱりなんだか随分深い話になってしまったような気がします。

深い話はともかく、まさかこんな異国の絵本で日本の漫画によくあるベタな展開が満載とは思いませんでしたよ。転校生で最初は仲が悪いとか喧嘩して友情を深めるとか、この辺の「ベタな展開」というのは万国共通なんでしょうか。
    19:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/813-c1c056f7
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。