ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

最終回がちょうど今年の設定だった

唐突にあまいぞ!男吾の話をしよう
やはり小学生編が一番好きでしたねえ。あまり人気はなかったらしいけど各話の完成度が高いです。中学生編は連続勝負モノに挑戦したけど月刊誌では作中の季節と現実とのズレが大きくなって主要なイベントを逃しやすくなるので勿体無かったなー。火山先輩とかオデコとか、魅力的なキャラクターを掘り下げる事が出来なかったし。

ちなみに小学生編で一番好きな話はクリスマスのケーキを買う為にマッチを売る話。がんばって何とか手に入った苺のショートケーキを、姫が蝋燭に火をともして「きよしこの夜」を歌うシーンとか凄いですよ。巴家の面子が偶然近くに居合わせてそれを見守るところの演出が素敵すぎる。

あとは男吾が姫の母親に近づかないように言われる話で、潔く身を引きながら窮地に全力で助ける男吾の話とか、赤ん坊を発見して二人で奮闘する話とか、濃密すぎる時間を過ごしたからこそ、中学以降ほとんど会えなくてもわかりあえて結婚まで出来たのだろうなー、と思います。

最終回では何かよくわからない冒険家になってたけど、教師になってても面白かったかも。本編で教師やっちゃったせいで意外性に欠けるという最大の難点はあるけど。

教師編も凄く好きなんで、ケンカトーナメントのせいで早々に切り上げられてしまったのが残念。あれは中学時代にやっておく話だよなあ。三年生でケンカトーナメントやってたら受験出来なくなって教師編に続くような流れになってたらどうでしょうかね。それで最終回にはちゃめちゃな校長がいるって話になって、実は男吾でしたみたいな。

多分小学生編をリアルタイムで読んでいたせいでそっちに思い入れがありすぎてこういう感想になっちゃうんだと思いますが、全編好きですよ。
英知出版が倒産したおかげで単行本はどれも入手困難になっていますが、ぜひ一度は読んで欲しい漫画の一つです。何年経ってもその魅力がまったく衰えない素敵な絵なので、当時の思い入れがなくても読めると思います。読め。
    20:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/806-d58c75cb
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。