ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

OSバージョンアップに潜む罠

iPhone3GSを交換対応してもらった場合、少々困った事態になる可能性があるようです。

私のiPhoneは3GSをiOS4にアップグレードした状態でバックアップが取ってあったのですが、交換された3GSはOS3がインストールされた状態でした。今後の交換用3GSがiOS4になっているかどうかはわかりませんが、そういう事態があったよという事で書かせて頂きます。

これ、何が問題かというと
「交換して帰宅してパソコンに繋いでもすぐにバックアップから復元出来ない」のです。
何故なら前述した通りOSのバージョンが違うから。
で、ここで特に何も調べず適当にやったらえらい手間取ったので、その時の状況と、そこから想定されるおそらくベストな手順を書いておこうという訳です。

まず、バージョン上げなきゃ復元出来ないよ、と言われたので「じゃあバージョン上げます」、と更新ボタン押したら「でもまずは認識させてね」と言われました。前の名前「俺のiPhone1(仮名)」で登録しなおして、万が一データが初期状態で上書きされたら困るので、「俺のiPhone2(仮名)」という別な名前で接続し、更新ボタンを押してバージョンアップ。iOSは無事4へ。

そして次に元々のバックアップから復旧させようと思ったらどうやってもiPhoneが「俺のiPhone2(仮名)」としか認識してくれません。当たり前です。
ここでどうやったらいいのかわからず、「俺のiPhone2(仮名)」のバックアップデータを削除してみたりとか色々やったんですけどなんともならず、結局「復元」ボタンを再度押して初期化してみました。これでOSまで戻ったら振り出しに戻る所でしたが、iOS4の状態で初期化されました。ここで繋ぎ直し、バックアップから復元しますか?と聞かれた時に元々のバックアップデータである「俺のiPhone1(仮名)」を選択して、ようやく元に戻りました。危なかった。
10GB近いデータの移動はさすがに時間がかかりましたが完全に元通りになってほっとしました。一日分のメールデータと写真データは勉強料ということにします。


さきほど書いた通り、最初に接続した時の、「新しいiPhoneの設定にする」所で従来の登録名にしたらどうなるのか怖くて試せなかったんですが、とりあえずそこをやった通りにするならば、手順は以下のとおり。

1.PCに接続して「バックアップから復元」しようとしても当時のデータ(これをA設定とする)がバージョンが違うと実行出来ないので、いったん以前とは違う名前(これをB設定とする)でiPhoneを登録してから更新し、OSのバージョンを上げる。

2.そのままではB設定が適用されて以前の情報が一切入っていないのでiTunesから「復元」を押して初期化する。OSのバージョンは上がったままになる。

3.その状態で再度PCと繋ぐと「バックアップから復元しますか?」と改めて聞かれるので、A設定を選んで復元すれば元に戻る。


もっと楽な方法があるのかもしれませんが、とりあえず見つかるまではこのままにしておきます。見つけ次第追記するかも。
    19:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/793-4829390e
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。