ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

大人の修学旅行一日目

世間では熱海旅行が流行しているのに(DSを縦に持つ紳士の方々に限定しますが)、私は群馬に行ってました。
同居人含めて7人の大所帯で、群馬県は伊香保近辺にある微妙な観光地巡りです。
写真はギガ単位で撮影したんですけどさっさと更新してしまいたかったので写真なしで行きます。かわりに公式サイトのリンク貼っておきますのでそちらを参照してみてください。私が撮る写真よりよほど参考になるでしょうし。

まずはジャパンスネークセンターへ。
様々な蛇が展示されている中に何故か豚がいたりとかクレヨンしんちゃんのような人形があったりとか謎が多いのですが、キモは毎日行われる採毒。研究者が色々と蛇の豆知識を交えながら採毒を見せてくれるのですが、これが面白い。オタク気質な研究者が様々な蛇に関する迷信をぶった切りしつつ役立つ知識も教えてくれます。我々の中に医療関係者がいたりしたせいで講議が白熱し、次の採毒時間ギリギリまで続けてしまったりしました。あの方ちゃんと昼飯食べられたでしょうか。後半は結構時間気にしておられたのですが、なんか途中からどうでもいいや!的なテンションになっていました。なんかもうここだけで十分モト取れた。人によってはあの人の態度は馬が合わない可能性が高いのですが、ちょっとこちらを気に入ると一気に態度が軟化して打ち解けてしまうのでぜひ怖がらずに話しかけていただきたいです。
今週15日22時から放送のひみつの嵐ちゃんでスネークセンターが取材されて放送されるそうですんで、とりあえずそちら見てから行くかどうか決めてはいかがかと。

その後、昼も過ぎたので、その上にある三日月村で弁当を食べました。ここの係員の人、とてもフレンドリーなおばちゃんばかりで大変和みます。茶屋のおばちゃんが(空いていたからでしょうが)店内で弁当を広げる事を許可してくれたり、友人の作ってきた弁当がかわいらしいからと入り口の係員を呼びに行ってたりとなかなかゆるい所です。弁当の量が多すぎたので一緒に食べてもらえばよかった。
ここは実際は木枯らし紋次郎に由来したプチテーマパーク的な村なんですが、有料アトラクションがからくり屋敷とか斜めに傾いた家とか仕掛け付洞窟とか、多分渡世人とはあまり関係なさそうなものばかりです。しかし我々はどれにも抜群にくいつき、特に斜めの家は汗だくになるまで遊びまくるという小学生レベルの堪能っぷり。ジョジョ立ちがとても楽に出来ます。
最初に現金を村の中で使えるお金に両替しなければならないのですが、余っても同じレートでまた両替してくれるので、ちょっと多めに両替しておくと良いかも。レートは100円=1文で、そばが6文、かき氷や心太が3文でした。おみやげもひとつ5文前後が多かったような。
ちなみに本来は江戸時代の風景を再現した町並みが一番の見どころだと思います。

本日最後は命と性ミュージアム女神館という、秘宝館的なアレ。真面目な性の話とかエロい話とかオリエント工業製(かどうかは未確認ですが)リアルドールとか満載です。真面目というわりに胡散臭いネタも多かったりしますけど。トイレにリアルドール置いてあったり館の隅にベッドが置いてあってご自由にお使い下さいとかちょっとやりすぎの感はありましたが。というかサイトには「来場記念に赤ちゃんを作っていこう!」とあったのでむしろ使用が推奨されてました。本気か。
リアルドール初めて現物見たけど凄いね。シリコンがぷるぷるしてる。一部の人形は口が裂けてたりして怖かったですけど。あと本当はあまり触らないようにと言われましたけど。
しかしここの一番の目玉はリアルドールより医療系教育用ビデオじゃないでしょうか。特に最後の7番のボタンを押して放送される出産のやつはヤバい。無修正とかそういう話じゃなくて血とかに耐性ない人が見たら吐くレベルのドキュメンタリーっぷり。様々な状況の出産シーンを画面いっぱいにアップして撮影してくれており、えーと大変勉強にはなります。父親が出産時に立ち会うと「あれはそばで見るもんじゃないな」とよく言う、という話がありますが本当にそんな感じ。でもあれは教育として見ておくべきなのかもしれないなあとちょっと真面目に思ったりもします。性行為の末に必ず発生することなので、あれだけ凄惨な絵面を見せられれば精神的ハードルは上がるというか、避妊とか色々真面目に考えるようになるんじゃないかと。子どもに見せたらトラウマものの精神的ブラクラですが
あとSM系に結構偏った展示物はなかなか愉快。最後に展示してあるエロ本関係はSMスナイパーからサンタフェから水色時代まで取揃えて読み放題です。まさかやぶうち先生も団鬼六先生と同列に並べられるとは思わなかったことでしょう。
最後に館長さんと一緒に写真撮らせていただいて帰りました。そういや今日は全ての観光地で中の人と写真撮ったなあ。
初日はここで色んな意味で疲れ果てたので宿に入りました。宿は普通でした。普通過ぎて何も書く事がないくらいに。
Genre : 旅行 旅日記
    22:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/788-c3dcb838
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。