FC2ブログ

ハイスペック・バカ

100円入れれば僕もアムロ

 シューティングゲームといえば縦か横であってそれ以外はシューティングとはまたちょっと違うゲームになっちゃうと思うわけです。撃つゲームには違いないんだけども微妙な遺伝子操作によるイレギュラーみたいな。
 とはいえやっぱり面白いものは面白いのでしょうがない。むしろこっちのが好きかも。
 今日は3DシューティングとしてFPS(一人称視点のシューティング)もTPS(三人称視点のシューティング。自機の背中見ながらやる奴)も一緒に。少年時代、というかある意味いつまでもガンダムに乗りたかった夢が擬似的にかなうのがロボット系の「乗り込む」タイプの3Dシューティングでした。画面の端にコクピットの計器類が並んでいるだけで興奮します。モニタ上によくわからないマーカーとかが走っているゲームは失禁します。時代が進むにつれて表現が豊かになり、こういったゲームが目に見えて進化していったのがとても嬉しかったのです。

 「パンツァードラグーン(SS)」
 「罪と罰(N64)」
 「カベール(AC)」
 「ガングリフォン(SS)」
 「スターフォックス(SFC)」
 「ソルバルウ(AC)」

 多すぎて削りました。

 パンツァードラグーンはシナリオは1の方が好きです。特にオープニングは良かったなあ。ゲーム性は要するにレイフォースなわけですが、ドラゴンに乗っているというその段階でもう最高です。そしてデザインが既存のドラゴンとは違うオリジナルの世界観を見せてくれたのがよかった。これがただのファンタジー風だったらAD&Dドラゴンストライクがすでにありましたし(あれはちょっとどうかと思う出来だったが…)。パンツァーシリーズは今でも大好きです。アゼルもクリアしましたよ。未だにパンツァードラグーンのせいでX箱が欲しいと思ってる

 罪と罰はトレジャー制作の64ゲームで、任天堂側に「世界観はとても良いからバランスなんとかしろ」と言われたという逸話がありますな。実際イージーでも十分に「俺スゲエ」感が得られる歯応えがありました。シナリオは大して覚えてませんがゲームとしては面白かったです。3Dスティックで照準を、Cボタンで自機操作をするという操作形態があまり受け入れられてなかった気がしますが、自機移動は左右だけなので難しい訳じゃないです。むしろ照準と自機移動で同期取られてたら楽しめなかったと思う。わけることで攻撃と弾避けが同次元でできるようになってるわけだし。それにしても64は地味に名作が多いので手放せない。

 カベールはカプコンから出たトラックボール使用の3Dシューティング。FPSよりはガンシューの先祖みたいな位置付けかと。いや、当時すでにオペレーションウルフありましたけど。似たようなゲームにコナミのGIジョーがありましたが(こっちも面白いよ)操作がトラックボールというのが楽しかった。画面上にあるものはほとんど破壊出来るので爽快感だけなら他の追随を許さないレベルです。熱中し過ぎるとトラックボールと匡体のすき間に指とか手とかはさんで痛かった。10センチちかい直径のトラックボールってどこか作ってくれないかな。

 ガングリフォンはロボットFPSとしてはいろんな意味で最高峰でしょう。鉄騎やったことないんで比較出来ないんですが。ロボットものというかミリタリー色が強く、戦車のスゲェ版みたいな位置付けでしたが、それがいい。画面構成も雰囲気をよく表していたしミッションもヒーロー的なものじゃなくて地味な作戦ぽさが出ていて良かったです。暗視モードとかもう失禁モノです。
 2のブリーフィングで流れるラジオのDJとそれを聴いてリアクションする仲間達の会話が「戦争なんだ」というリアリティを大幅に引き上げてくれてました。あれ最強。
 PS2のガングリフォンブレイズはかなり普通のゲームになっちゃってて画面上にアイテムとかあったりして残念。

 スターフォックスといえば家庭用でポリゴンというものを認識させた草分けのような気がします。以前からポリゴンゲームはありましたけどね。ハードドライビンとか。
 当時動きがとろいとか画面が寂しいとか散々言われてたような気がしますが私はこれのためにSFC買ったのです。少ないポリゴンで見事に世界を作り上げてくれていたと思います。宇宙ステージで敵機を撃墜すると画面に向かってパイロットが飛び込んでくるのがびびった。スターフォックスはステージ構成も良くて色んな所に行くとアイテムが取れるようになってたり自機を縦にしたりするアクションをうまく使って狭い所をすり抜けたりと「俺スゲェ」感を引き立ててくれる要素がちりばめられていて、シューティングなのに操作する楽しさを(弾避け以外で)教えてくれる希有なゲームでありました。スピードがちょっと遅めですがその分浮遊感は高かったなー。同僚たちが一緒に戦ってくれていて、時折通信が入ってくるのも嬉しかった。
 64版では音声が日本語になっちゃってちょっと残念だったなあ。あのハナモゲラ語がよかったのに。

 ソルバルウはまさに夢のゲームでした。あのソルバルウに乗れるんです。大型匡体でちゃんとコクピットになってて、機体からの視点だとザッパーとブラスターの撃ち分けがこんなにも難しいものだったのかと驚愕。平面から立体へと空間が広がったことでゼビウス世界がこんなにも楽しくなるなんて。
 会社から歩いて10分くらいのデパートの最上階のゲームセンターはNGとかノワーズとか配布するくらいのナムコ系で、撤去されるまで毎日ソルバルウやってました。その後はサイバーコマンドやってました(PS2に移植されると信じていた)。今はそのデパートが撤去されました
 ナムコの3D大型匡体はなんというか没入感が他と違う気がする。


 スペースハリアーとかアフターバーナーとか「何故これがない」というのもあるかと思いますがあくまで思い入れの差なので御勘弁下さい。あまりゲーセンに行けなかったこともあり、大型匡体ものはリアルタイムであまり遊べなかったという事情もありますが。 あと書いてからスターラスター入れ忘れたことが一生の不覚。
    23:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/78-ca546c0c
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: