FC2ブログ

ハイスペック・バカ

渚の横スカ物語

 さてシューティングを語ってみんなが引くコーナーの後編です。
 FPSは含みません。縦の次は横なんです。

 「スプリガンMk2」
 「パロディウス(MSX版)」
 「ヴォルガード2」
 「RーTYPE」

 というか横シューあんまり好きじゃないかも。
 横シューは地形との戦いが多いじゃないですか。ちまちま動かして最適な行動を何よりも優先させてクリアを目指す感じが昔はあまり好きじゃなかった。撃つ!破壊する!避ける!破壊される!というわかりやすさがバカなガキにはぴったりだったのです。

 とかいいつつ面白いものは面白いので。

 スプリガンMk2はストーリー系STGとしては最高峰ではないかと。画面下部に顔グラと台詞が出て、しかも喋るというアニメ的演出がなされて、さらに主役が矢尾一樹ですよ。やってやるぜと叫びますよ(私が)。
 このゲーム主役機(要するに自機)が途中で交替するのですが、驚くべきことにちゃんとゲームやってる最中に最高に燃える演出を持って交代してくれます。はじめてやったとき震えが来ましたね。
 開始前に武器を選んで失敗してやたら苦労したりボスキャラのワキワキ動くロボとかに興奮したり、作った会社のある街を破壊させたり見どころ満載です。それでいて難易度はかなり低いので誰でもエンディングまで行けるのも良し。その分多少物足りなさは感じますが、アニメとゲームの融合というPCエンジンらしさを追求したSTGということで私は満足してました。名作です。

 パロディウスはMSX版が一番凶悪でした。自機を選べるのはMSX版からですが別に性能に変化とかないですし。当時ゲームパッドもってなかったからカーソルキーでやってたし。それでも面白かったのはゲームが少ない時代だったからでしょうか。ちなみにファミコン版とゲームボーイ版はMSX版に比べたら話にならない程簡単なので気楽に楽しめてよかったです。パロディウス入れちゃったのであえてグラディウスは入れてませんがネメシス含めてほとんどやってますよ。

 ヴォルガード2はとりあえず変形合体するというだけでポイント高いじゃないか。フォーメーションZの変形とはちょっと違う、ちゃんとAパーツとBパーツで合体して変形すると空が飛べないのであんまり意味がないというヘボナイスっぷり。スーパーカー(時速200kmで走るぜ)がロボに変形したら時速60kmでしか走れなくなったカウンタックロボみたいな気分。敵を倒してゲージをためると武器が進化するとかレーザーとかいいながらビーズが繋がったような弾がちょっと残念だった(けど強い)とかボスがなぜかハカイダーの頭みたいなよくわからない物体だったりとかさすが小学生レベルの取説読まない理解度ではあのゲーム(設定上で)何やってたのかまったく理解出来てませんな。

 R-TYPEは思い入れという点においてのみグラディウスを凌駕しています。フォースの存在が特に大きかったかと思いますが、全体にキャラが大きくて格好良かったですね。 アイレムのシューティングは大抵覚えゲー状態で(ボス時に)安全地帯をいかに探し出すかというちょっと違うゲーム性を持っていたので印象に残り易いんじゃないかと。巨大戦艦がそのまま一ステージという発想にも驚かされましたし、気持ち悪い生き物がボスというのも印象的でしたね。

 次回はFPSでいってみたい。
    23:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/77-50848780
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: