ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ケースいろいろ試しています

 という訳で昨日の詭弁の元、iPhoneのケースをいくつか買ってみました。いくつか、というのは買ってからすでに結構な間があいてしまったせいであり同時に何個も買ったわけではありません。
 ケースの条件としては「シリコン系はいらない」「あまりにゴツイものはいらない」「安いやつで十分」という感じで、以下のケースはそれにほぼ合致します。

 一つ目はパワーサポートのエアージャケット。黒いタイプでラバー加工がしてある奴です。表面に貼る保護フィルムも反射型と低反射型の二種類入っているので結構お得。
 低反射型を貼ってみたんですが、今までPDAやDSなどに貼ってきた中で最も楽に貼れた気がします。そもそも本体表面がホコリとか付きにくい上に適度な硬さのフィルムで気泡も入りにくく、あっさり貼れました。
 エアージャケットは、簡単にカチッとはめ込むだけのもので、簡単なだけに保護範囲も狭いです。表面の金属製のフチはまったく保護してくれないし、オモテ面に突起もないのでバターを塗ったパンよろしくオモテ面を下にして落としたりするとまったく保護されません。その辺が気になる人には向かないかも。あくまで裏面に指紋がついたり傷がついたりするのはいやだけど大仰なケースは嫌だ、という人向け。
 重さや厚さにほとんど変化がないので裸の状態に比べてあまり違和感がありません。低反射フィルムが本体より指紋がつきやすいという欠点はありますが、おおむね満足です。




 2個目はCAPDASEというメーカーのクリアケースです。前後からはめ込む形で表面以外を覆い、ベルトポーチと簡易スタンドが付属します。
 バリとか、噛合いとか、ちょっと作りが雑っぽい部分は見受けられますが噛合いに関してはパワーサポートの低反射フィルム貼ってる分が影響しているかもしれません。逆に言えば貼ったままでも何とか装着出来るという事ですが。また、おそらく最大の(しかし意図していない)利点だと思うのですが、ものすごく楽に取り外し出来ます。すき間に爪を突っ込むだけで十分外れるのですき間に入ったゴミを取るのに苦労しません。外す際にも本体を擦ったりすることがないので傷も付きません。それでいて普段何もしてないのにパカっと外れたりすることはないので安心して頂きたい。

 フチの部分をしっかり覆う分派手に前面に突起が出てしまいます。これが非常に好みの別れる所。私は「表面から落ちてもガラス面が触れない」と解釈しましたが、それはそれとしてアプリアイコンを別画面に移動する等の「画面端まで指をスライドする」動作にはかなり支障がでます。
 また、必要なボタン類には全部穴が空いているので特に問題はありません。厚みが1ミリくらいあるのでスリープボタンがエアジャケットより押しにくくなりますが。

 外観は角度によって色の変わる面白い素材(アップルマーク等が見える程度には透明です)で、縁のカバーも含めて裸の状態に比べてかなり印象が変わります。

 簡易スタンドは本体に袖を通すように取付けて使用します。使わない時は別に保管しておく必要がありますが、小さいのでなくさないように注意。足が三角で設置部分が小さいので転びやすく、角度調整も出来ませんが縦にも横にも使えるのは便利。私はスタンドをほとんど使わないので外しておける分スマートに使えるので良いです。

ベルトポーチはこのカバーをつけるとかなりきついです。カバーつける理由がポケットに放り込める事、なので私は使いませんが、カバーに付属するポーチがそれでいいのか。

 値段もそこそこ安くて保護効果はちゃんとあるので、すき間からホコリとか細かいゴミが入りやすい点だけ目を瞑れば(そこがかなり重要なポイントのような気もしますが)良いアイテムかなと思います。



 で、実際今使っているのはまた別なケースだったりするのですが、それはまた後日。
    18:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/682-f53d2582
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。