ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

自分の言葉で

 他人から何かの評価を聞く場合、内容には注意した方がいい。特にそれがネガティブな内容だった場合、それが本人が実際に体験して感じた事なのか、伝聞なのか、ある程度考えながら聞いた方がいい。

 伝聞、つまり他人やネットの評価の受け売りの場合、往々にしてその具体例が出て来ない。一言ネガティブなワードを言って「○○らしいね/○○だよね」で終わるようならば、それが自分の感想なのか伝聞なのか聞くべきだろう。
 伝聞であったのならそれが信頼出来る人間からの情報なのかどうかも聞ければなおよし。

 逆に具体例を出した上でその人がそう思っているとはっきり主張出来ているのならば、特に問題はないだろう。それが例えネガティブな内容だったとしても、主観に文句を言う事は出来ないし、表現の自由を侵す権利もない。そこで出来る事は、あくまで「新たな価値観の発見」を相手に促す事だけだろう。僕は批評とはそういうものだと思っている。

 面白いなと思うのは、周りで低い評価を耳にするものほど一般的な評価や売上は高い場合が多い事だ。
 マジョリティに属する事が格好悪い事だと思う人や、特定の会社や団体を様々な理由で嫌悪している人などの声が、昔に比べて大きく聞こえるように感じられる。表現の場や伝達手段が増えた事もあるだろうし、そういう声が聞こえやすい環境に自分がいるというのもあるかもしれない。

 ともあれ、自分が良いと思った物について、胸を張って良いと言えるようにしていきたい。
 悪い物を悪く言うのは簡単で楽しく、良い物を良く言うのは難しい。だけど実は良く言う方がもっと楽しくて嬉しい事だと思う。昔は買ってみて駄目だったものを駄目だったと書く事があったけど、最近は出来るだけやらないようにしている(つもり)なのは、以上のような考えに基づいています。

 何が言いたいのかと言うと、「みんな仲良く!楽しく遊ぼう!」というそれだけのことであります。なぜそれだけの事がこんなにも難しい世の中になってしまったのかという気はしますが、それについては今語る事ではないのでやめておきます。
    18:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/674-755022c0
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。