ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

たまにはリア充っぽい事もします

花見に行ってきました。
バーベキューもします。
かまどのある場所には桜がほとんどありませんでした。
アルェ?
まあいいや。肉が食えるから。

全員で焼けたはしから食っていく原始的ビュッフェスタイルによってせっかく場所取りしてあった場所にほとんどよりつきません(かまどから5m位しか離れていないのに)。
アルミホイルで包んで炭の中に放り込んでおいたサツマイモとかジャガイモとかが焼きすぎてアルミホイルが一部溶けた(?)上に半分炭化してしまったりとかしましたがおおむねうまく出来ました。今回は買う量を控えめにしたのでちょうど良く消費出来てよかったです。いつも買いすぎて食いきれないので。

隣のスペースにいたイケメン保育士のあまりの甲斐甲斐しさにみんなで感心したり萌えたりしてたりそこのスペースの幼児とシャボン玉で遊んだりしてました。そこんち子ども連れの主婦っぽい人多かったのにイケメン保育士しか働いていなかったような…。しかしアレですね、「バーベキューとかで率先して働く男の姿に惚れる」ってのも「ただしイケメンに限る」のですね。他のスペースの男だと「かわいそう」しか感想出てきませんでした(我がスペース含む)。
シャボン玉は古代の剣みたいなでかいシャボン玉製造マッスィーンとか四連式シャボン銃とかを前日の買い出しの時に買っておいたのです。シャボン銃は電池持参するの忘れてしまい、私が常備していた(ポメラの予備電池)単四電池をボール紙で包んで太さを、アルミホイルの玉で長さを補うというあまり真似しない方が良さそうなやり方で無理矢理通電させて使ってました。

九時集合で十時前にはすでに焼き始めて(と同時に食い始めて)いたために昼過ぎにはもう満腹になってごろごろしてまして、わりと早めに撤収。鋼の錬金術師にも間に合いました。


ついでなのでニチアサとか話。

シンケン:殿が「ごめん」と言った。すまん、でもなく悪かった、でもなくごめん。ここから殿のデレ伝説の始まりか。六人目登場の前に一度デレさせたと思わせておいてまた波乱を呼ぶ展開にするつもりか。六人目と思われる人は予想通り人間に姿を変え、阿部寛と玉鉄を足して2で割ったような容姿がとても良いと思いました。上手い具合に五人の中にいないタイプを連れてきたもんだなー。

ディケイド:皿洗ってたせいであまりよく見ておりませんでしたが、あの小さい蝙蝠がCGに格上げされたかと思ったらラストあたりでまた人形に戻ったりして目が離せません。

ここで出かけたのでプリキュアとかドラゴンボールとか見てません。

ハガレン:継ぎ足して形成されていった複雑な世界観を全て再構成してわかりやすくそして巻き気味に展開させていく(連載中盤や終盤に出る設定や裏話を全て序盤の説明に含めてしまっていた。おかげで連載一話目の話がアニメだと三話目でようやく始まる)というのは面白い試みですな。長期連載物のアニメ化としては珍しいケースじゃないかと。序盤の、読者が知らない事を前提としたストーリー展開もある程度いじる必要が出てくるわけで、これはかなり大変な気がするが、原作知らない人にはわかりやすく、原作知ってる人にも興味深くなるので頑張って頂きたい。大佐の声だけが違和感拭えないけど。


以下は拍手コメントレス。カブトボーグの感想が一話遅れてしまっていますが申し訳ありません。今週三話分書きますので。
(地味なキャラにも愛をより)
>はじめまして。影が薄いという特徴を持っているキャラより影が薄いですよね。半田君というのか、知らなかったですよ。(パイヲさん)

多分影野仁というキャラだと思いますが、なまじ特徴を持ったキャラなだけに半田君のナチュラルな影の薄さにはかなわないと思います。今日もファミリー劇場で見てましたが見事な空気っぷりでした。もう半田君と夏未さんがいれば満足してきました。

(カブトボーグ#19より)
>カツジの「辱めてやろうよ!」てセリフは数多い名言のうちの一つだと思います。(駅からマンホールさん)
>友情全否定もさることながら、「辱めてやろうよ!!」には子供向けを全力放棄した気配が感じられます

二人の方から指摘ありましたが、確かにこの台詞凄いですね。多分勝治的には「恥ずかしいって自覚させてやろう」程度の事を言いたかったんじゃないかと思いますが口にした台詞がちょっとアレ過ぎましたね。
あと「数多い名言」ってフレーズがカブトボーグの凄さを体現していて素晴らしいと思いました。さすがです。
    22:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/654-b1162a04
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。