ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

カブトボーグ#16「老人の夜明け」

カブトボーグ感想文、今日は第16話。

コメントにNGワード突っ込んだら効果覿面で驚いています。もっと早く知っていれば。
あと最近某模型サイトを知って延々読んでいたりするのですが、なんか烈火武者頑駄無が欲しくてたまらんち。12月に再販かかってるみたいだから探せばあるとは思うんですがなかなか見つかりません。どうも烈火だけ売れてるみたいなのね。そして件のサイトは烈伝のページだけ工事中というじらしプレイ。一応善処しますとは言っていただけましたのでじっくり待ちます。このシリーズは造形の出来の良さと相反するように塗装しないとその良さが伝わらないので買ったらがんばって塗装したいと思います。マーカーで。

拍手コメントレス。
>眠り、眠れ、睡眠ですね いわゆる三段論法という奴です
 ありがとうございます。普通に考えれば睡眠ですよね。なんだかスイミングで勝手に納得しちゃってました。本文も修正させていただきました。
 三段論法かどうかはさておき。

タイトルが意味不明
●第16話「美しき!リゾート・デンジャラス・サンセット」

実際潰されてる
 全国大会まであと一週間となったある日、リュウセイさんはそのプレッシャーで潰されそうになって奇声をあげていました。心臓に鋼鉄の毛が生えていそうなリュウセイさんですがプレッシャーには弱かったみたいです。

 見かねたロイドさんが海辺の民宿に連れて行き、カブトボーグの事を忘れてリフレッシュしてもらうという計画を立ててくれました。思いついた瞬間移動してしまいましたが学校とか大丈夫なんでしょうか。夏休みでしょうかね、海だし。

騒ぎすぎ
 ロイドさんのなじみの民宿につくと、オーナーの老夫婦がいきなり太鼓とか鐘とかで「全国大会出場おめでとう!」と大騒ぎ。全然静かじゃねえ。
 しかも部屋に案内されれば奥の間にボーグバトルのフィールドが用意されておりロイドさんぶち切れ。二人にリュウセイさんを外に出させます。

 外に出た三人、リュウセイさんに
 「せっかく海に来たんだから、海に行こうぜ!
 と誘われ、海に行くことに。
 ……なんか言いたいことはわかりますが不思議な言い回しですリュウセイさん。

食品衛生法
 海の家でラーメンを食おうとすると、やけにフラフラなじいさんが現れて(フラフラな割に異様な早さでラーメンを用意します)リュウセイさんのどんぶりの底に自分のカブトボーグを忍ばせて対戦を挑んできます。いいのかそれ。食い終わるまで気付かないリュウセイさんもどうかと思いますが。じいさんに冥土のみやげに対戦させろと言ってきますが当然逃げます。今回はカブトボーグの事を忘れるためのバカンスですので。
定年とかないのか
 しかし逃げた先で今度はお年を召した婦人警官に拉致され、留置所(何故か奥にボーグバトルフィールドが用意されている)で対戦を迫られ、命からがら逃げ出します。

 ロイドさんのおかげでなんとか婦人警官からも逃げられますが、この村が実は大変な事になっている事を知らされます。
 この村は若者が都会に行ってしまい、老人しか残っていない状態の、いわゆる限界集落となってしまったそうです。そして最近はカブトボーグが流行中。そんな時に全国大会出場者のリュウセイさんがやってくるという事で記念に対戦をしようという事になったようです。
 リュウセイさんが来る事を知っているのは民宿の老夫婦で、ロイドさんから「リュウセイさんがカブトボーグの事を忘れられるように」という指示を聞いたのもその二人なので、間違いなく彼らがこの騒ぎの主犯格
 村を出ようにも出口は老人が封鎖しており、逃げ道はなし。仕方なく漁船を奪って海の先にある小島に逃げる作戦を立てる一行ですが、なんかゾンビ映画みたいな展開になってきました。見つかれば「対戦しろー」と老人らしくゆっくり歩いて近寄ってくるわけで、ゾンビでなく普通の人な分武力行使出来ない点がむしろやっかいかも。昼間でなければ明らかにホラーですよコレ。

 港にいる老人ボーガーの見張りは勝治の機転(カブトボーグを見ると反射的に追撃させてしまう習性がボーガーにはあるそうです)で漁船を奪い、出港。
 途中で海女さんにぶつかりそうになりますが、何とか回避するんですけどここで衝撃の事実が。
卵生なのか
 「この漁村ではボーグマシンを養殖している
 ボーグマシンっておもちゃじゃないんだ!
 天然ものとかあるんだ!
 全然本筋と関係ないけどあまりに衝撃的な絵面に紹介せざるを得ませんでした。

 追いつめられた一行は島に上陸しますが、なんとここにもバトルフィールドが。開き直った(というか逆切れした)リュウセイさんは二人とともに老人達をボーグバトルで蹴散らすことに。時間がないのでバトルロワイヤル方式で一気に行きます。
 
さすがに技名はない
 豊富な人生経験を武器に戦う老人たち。加齢臭でボーグマシンの動きをにぶらせたり、入れ歯を飛ばして攻撃したりやりたい放題。このままではピンチ、と思われた時に勝治が起死回生の一撃を放ちます。
 「国民年金払わないぞ!
 ひでえ!
 あまりにクリティカルな攻撃にたじろいた老人達にとどめの必殺技で勝利しますが、負けた老人達は清々しい笑顔で三人を称えます。
ただ戦いたかっただけだが
 年金払わないとか酷い事言われたのにな。
 そんな素敵な笑顔を見たリュウセイさんは、プレッシャーに押しつぶされていた自分の小ささに気付き、全国大会への決意を新たにするのでした。別に老人達はその事に気付かせようとかそういう意図があったわけでもなんでもなく、ただ戦いたかっただけだった、という辺りが実にカブトボーグらしいです。
 「いわゆる、亀の甲より年の功って奴デスネ!」

 なんかゾンビ映画みたいな展開から一転していい話でシメるというアクロバティックなお話でした。
 それにしてもカブトボーグはおもちゃ屋で作ってるんでなくて養殖の可能な生物だったんですね。人造昆虫じゃなかったのか。たぶん例によって今週だけの設定だとは思いますが。ボーグマシン達の交尾とか見たくもない。
    23:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/647-d9f128ed
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。