ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

カブトボーグ#13「また最終回」

カブトボーグ感想文、今日は第13話。

例によって拍手コメントレスを冒頭に。普通にコメントで書いていただいても構わないんですのよ。今まで友人以外でほとんどまともにコメントもらったことないので何かびっくりです。
全て12話の感想です。

>全52話のヒロインを言えるようになったら立派なボーグ脳です、みりき的な子も多いのできっとお気に入りが見つかりますさね!
 >さすがにもう第一話のヒロインの名前忘れてました。ボーグ脳にはまだ険しい道が続いているようです。ならなくていい気もしますが。

>ロイドの愛機、シーザー・カエサル・エンペラー(皇帝・皇帝・皇帝)にも触れておくべき、加茂。(駅からマンホールさん)
 >そうでした。スーパーロイドさんに気を取られてすっかり忘れてしまっていました。追記しておきました。ありがとうございます。

>これがニッチ産業か・・・!
 >隙間が狭すぎて商売になっていない気がしますがそういうのに限って熱狂的なファンが生まれるというものですね。ここのレビューで少しでもDVDが売れたりしてくれればいいのですが。

わりとわかりやすいタイトル
●第13話「夢を諦めない!フラッシュ・ドリーム・エボリューション」
前振り一切なし
 突如「最強最悪の男」ドクターネオという男がやってきて、ビッグバン総帥が海外遠征でいない間に町を支配しようとしているそうです。そしてリュウセイさんは彼を倒すために修行をし、その間に勝治とケンが何とか時間を稼いでいる、というような事をまるで先週まで何回もかけて放送していたかのようにあらすじとして紹介してくれました。
 当然そんな話やってません

実際のカブトボーグは速度遅いです
 リュウセイさんの修行風景。
 山の中を走っていると突然ボーグマシンが飛んできて、リュウセイさんはトムキャットレッドビートルをぶん投げて応戦。
ボーグ仙人
 「だいぶ腕を上げたな、だがそれだけの事だ…」
 と意味深な事をボーグ仙人が告げます。

 一方、スタジアムでのドクターネオ戦、先鋒はケン。どう攻撃しても軽くいなされ、必殺技も効かないばかりか返り討ちに。
 挑発された勝治が戦おうとした時、リュウセイさんの修行風景に切り替わります。
 
また間違った修行風景
 滝に向かって素振り1300回。そんな時にもまたボーグマシンを投げてくる仙人に対し、「レッドクロスローリングメテオトルネード」を開眼します。なんと三日間眠らずに修行をし、習得したという事です。修行を完了したリュウセイさんはスタジアムに向かいます。

 さて、スタジアムに戻って勝治の対戦。
 ドクターネオとの力の差は圧倒的。しかし勝治も諦めずに応戦します。

 また場面は戻ってリュウセイさん。下山中に睡魔に負けて眠ってしまいます。太陽のしっぽの原始人みたいな奴です。
とうとう夢の中の存在に
 で、夢の中で今週のヒロイン、ブラスバンドのマドンナ観音寺紀子に「もう戦わないで」と第一話とまるで同じ事を言われます。よく見たら第一話のヒロインと髪の色が違うだけじゃないかこの子。見た目も(ソフトフォーカスかかってる所も)同じならやってる事も同じ。抱きしめられる事で復活し、「俺は夢を諦めない!」とスタジアムに急ぎます。

 スタジアムに戻ると勝治はあっさりやられてました。「こんな時にこの体め…!」と病気のせいにしていました
 リュウセイさんの帰りを待つ一行ですが、ドクターネオはリュウセイさんをスタジアムに入れないように刺客を放っていました。「どうせリュウセイはこない、この町は俺様のものだ!」と宣言しますが、その瞬間リュウセイさんはスタジアムに入場します。刺客は全部きちんと倒してきたリュウセイさん、流石です。会場に軽く響くリュウセイコール。最後のバトルの開始です。

 「俺様はリアルな人間だ、勝てない勝負はしない」と現実主義である事を強調するドクターネオ。そして勝負中に自分の「現実的でリアルな」計画を発表します。
冥土のみやげらしいが
・一つ、ビッグバンとその組織のいない隙をつく。やつらは数が多いから
・二つ、必ずリュウセイさんら三人が立ち上がる。三人なら倒すことが出来る
・三つ、リュウセイさんに刺客を送る。刺客がしとめればそれでよし、無理でも疲れが残る(から勝てる)。

 ビッグバン帰ってきたらどうするつもりなんでしょうドクターネオ。あと「人数が少なければ何とかなるだろう」というのが現実的と言いたいんでしょうけどなんかせこい人にしか見えません。ボーグバトルは確かに強いんですけど。この手の最終決戦的なセオリーからわざと外れた事やろうというのはわかりますが、なんか微妙だなあ。
 しかし三日間の修行と途中で居眠りした夢で開眼したリュウセイさん、「本当に強いボーガーとは、夢を見続ける事だ!」と豪語します。夢って100才で皇帝になるとかのアレですか。
 とりあえず久しぶりに真っ当な舌戦の後、必殺技を出し合い、リュウセイさんの勝利。町の平和は守られました。

 「熱いハートをたぎらせる、夢のでっかさが(ボーガーには)必要なんだ!」と語るリュウセイさん。
 「このところ寝不足で夢を見ていなかった…。寝る子は育つという事か…っ!」と見当違いの納得を見せるドクターネオ。全然わかってません。

最終回っぽい(いつものこと)
 会場中の喝采をあびる三人。しかしナレーションは水を差すようにビッグバンの事を告げて終了します。そういや何かあやしげなプロジェクトが進行中でしたね、ビッグバンオーガニゼーション。そのうち実行するんでしょうか。


 今週はようするに「夢を諦めない」というのがテーマなんでしょう。ドクターネオが執拗にリアリストである事を強調してましたし。しかしそのセコさのせいでまったく説得力がありませんでした。それでこそカブトボーグ。
 しかし「それまでの経緯を視聴者がまったく知らない」状態を構築して置いてけぼりにするという第一話と同じ構造。今回は特に前回までのあらすじまで(そんなのやってないけど)用意するという徹底ぶり。これは逆に何回か放送しているから出来たネタとも言えますね。ヒロインまで第一話と同じ顔なのもわざとなんでしょう(しかし幽霊の次は夢とは)。ちょうど1クールの区切りという事もあったので、ここで打ち切られてもいいような話にしたんでしょうか。いや、いつも最終回みたいなもんですけどね。
    23:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/641-4f132bc0
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。