ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

カブトボーグ#09「おばさん最強伝説」

カブトボーグ感想文、今日は第9話。

拍手コメントレスをいきなりここで。7話の感想です。
>皆大好きベネチアン。唯一ヒロインの分際で使い捨てでない女性ですがここで生意気だとか思った私はボーグ脳ではありません。ええありませんとも。

 何が凄いってヒロインに対して「分際」という単語が普通に出てくる所だと思います。狂気の世界にいると自分がその狂気に蝕まれている事に気付かないという好例だと思います。もう立派なボーグ脳。素晴らしいです。
 深淵をのぞき込む時は深淵もまた貴方をのぞき込んでいるという事ですね。
 拍手コメントは独自にレスが付けられる仕様なのですがいちいちまた拍手しないと読めないのが面倒なのでやっぱり本文で返信する事にします。

あの歌がモチーフなのかね
●第9話「輝け!ダイヤモンド・ダイヤモンド・ダイヤモンド!」
 今週のヒロイン、相馬友子が宿題を忘れた石田君を叱るところを見て、ケンとリュウセイさんが「叱られたい」と気味悪く笑ってました。そういう趣味だったのか二人とも。
キモい
笑い方が本気で気持ち悪いぞ二人とも。

 帰りにロイドさんの店に行くと、ボーセン(ボーグセンターの略)に気をつけろと注意を受けました。不良おばさんボーガーがたむろしているからだそうです。つまり今週はそこに行くわけですね。
 とか話してると友子さんがやってきて勝治を連れて行き、冒頭の石田君の事を相談してきます。石田君のお母さんが不良主婦のおばさんボーガーになってしまったのだとか。

 勉強もしないで家の土俵でカブトボーグを遊んでいた石田君を叱り、取り上げたまではよかったのですが「ちょっと試しに」と遊んでみたらお母さんがドハマリしてしまい、何故か不良主婦になってしまったため、家事を全て石田君がやるはめになってしまったというのです。そういう状態なので、宿題を忘れるというよりはやってる時間がないのです。
麻薬のようなハマリ方
 しかし「ちょっと試しに」といって一人でカブトボーグを走らせてるだけでそんなにはまるもんなんですか。チャージするだけで大喜びどころか何故かアイシャドーが自動的に入ってますよお母さん。戦ってもいないのに面白いとか言い出すし。あと一般家庭にカブトボーグの土俵が普通にあるんですね、この世界。

 そんな訳で勝治に何とかして欲しいと相談してきたのです。何故勝治に相談してきたのかというとケンとリュウセイさんはボケで下品で野暮だから嫌だそうです。容赦ねえな友子。
 頼られなかった二人は勝治を茶化しますが、勝治は彼らに協力させるために
妄想です
「うまくいったら友子がキスしてくれるかも」とあり得ない仮定を持ち出してその気にさせます。勝治も案外外道。

 石田君のお母さんがいるのは冒頭でロイドさんに警告されたボーセン。入り口におばさんがたむろしていて本気で怖いです。三人も見た瞬間引き返すほど。あのリュウセイさんが尻込みするんだから相当なものです。
濁った目
「あんな濁った目でにらまれるの初めてだ」とケン。
 怖じ気づく二人に勝治はまた「相馬友子にキスされなくてもいいんだな!」とけしかけて奮い立たせます。勝治も案外外道。
 するとさすがリュウセイさん、キスのためなら命も惜しくありません。切り込み隊長として乗り込み、おばさ…いえ、お姉さん方に話しかけ、殴られかけますがそこに姉御と呼ばれるおばさんが登場。
満を持しての登場
丁寧にこの人の説明をしてくれるおばさんの口調がわかりやすい不良口調で笑った。で、この「町内最強のおばさんボーガー」が石田君のお母さんでした。

手段を選ばない男勝治
 勝治はおばさんに土下座して家に戻るように懇願しますが、結局ボーグで勝負。勝治が勝てばお母さんが家庭に戻り、勝治が負ければボーグをやめる、という条件で。もちろん他の二人もやめます。当然ですね。勝治も案外外道。

 ボーグバトル開始。何故かレフリーにロイドさんが登場します。店は?
 ルールの宣言の時に、いきなりお母さんがロイドにお願いしてチャージを一回おまけしてもらいます。勝治は抗議しますが、「おまけを求めるのはおばさんのテクニックの一つデス」とか言い出して許可。喰い下がらない勝治に「勝治クーン、それがおばさんデス!」と言い切って黙らせますがどっちの味方なんだよロイド

 とにかくチャージイン。
 「ゴールデンオバサンファイアー」はなんとバックで突進してくるという構造上ありえない攻撃。おばさん特有のお尻特攻です。
 早めに決着をつけなければ、と勝治が必殺技をしかけようとしたところにお母さん突然の「タイム!」なんとトイレに行ってしまいます。もう何でもありか。抗議する勝治にロイドは「いいんです。おばさんだから!」と黙らせます。お前本当にどっちの味方なんだよ。

 えー、バトル再開。
 お母さんの必殺技「ストリートバーゲンセールフラッシュ」でバーゲンセールの商品が見えてくると突然他のおばさんたちがチャージイン
ここだけ見るとヤバイ光景
「これが欲しかったのよー!」と服を奪い合いながら四人が土俵に入ってきます。普通に反則だろコレ。勝治が抗議すると「おばさんの辞書には卑怯という文字はない」と「恥も外聞もないおばさん笑い」(ロイド談)で却下。

 ここでリュウセイさんが「若い頃の写真を見せれば若さを思い出して恥ずかしいと思うはず」と石田の家に乗り込んで勝手にタンスをあけて写真を持ち出します。さすが外道っぷりなら勝治に負けません。

 勝治の敗退が濃厚になったと思われた時、「あの頃君は若かった!」とリュウセイさんがお母さんにアルバムを投げ、若い頃を思い出させる事に成功します。これで逆転か、と思われたら
何か納得
 お母さんは若い頃暴走族でした。ゲエエー!
 すっかり昔を思い出したお母さん、強さに磨きがかかってしまい、必殺技「ローリングスピードハイテンション」でとどめをさしにきます。吹き飛ばされた勝治のエレクトリカルスピードワゴンですが、勢い余ったゴールデンオバサンファイアーがそのままリングアウト。勝治より先に地面についてしまったためにお母さんの負けが決まってしまいます。結局勝治何もしてない

 決着がついたお母さん、大人しく家庭に帰ることになりました。もう一ひねりあるかと思われましたが尺の都合であっさり終了。

 そして翌日、友子から勝治にお礼を言われますが、「これで勉強する時間が出来たね!」と思ったら
ラブラブに去る二人
「デートする時間が出来たの!」ときた。実は二人は付き合っていたのでした。あるある

ショック受けすぎ
 あまりのショックにマジ泣きした挙げ句ケンの家でやけ食いする勝治。キスがどうとか言ってたのは本当は自分がそうなりたかったんだね。


 おばさんが実におばさんらしいファイト(なのか?)を見せてくれた今週。ロイドまでグルになっておばさんの生態をまざまざと見せてくれました。
 ボーグバトルが屁理屈バトルになるいつものパターンからさらに脱却し、清々しいまでの反則っぷりで戦うおばさんボーガー。本当に「ただのノルマ」のはずのボーグバトルをここまで飽きさせないで見せてくれるこの作品は素晴らしいですね。

 またどんどん感想書くのが遅れていってますが何とか間に合うように続けていきたいと思います。仕事が忙しくなってきたりして、もう本気でしんどくなってきましたが。
    23:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/635-d6739fa9
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。