ハイスペック・バカ

カブトボーグ#6「食べ物は大切にしよう」

カブトボーグ感想文、今日は第6話。

 画面写真は慣れてきたので段々減らしています。刺激に慣れてきたともいいますが。大体10枚前後にしておきたい(十分多いですが)。もうちょっと簡潔にまとめられるようにしていきたいなとは思いますが、展開だけでなく台詞にも面白いものが多いせいでなかなか縮められないのが現状です。嬉しい悲鳴とはこのことですか。

 あと開始当初まったく反応の無かったこのシリーズですが、少しだけ拍手も頂けるようになってきたようでとても嬉しいです。みんなもみようぜカブトボーグ。

お米関係ない
●第6話「魂の叫び!トワイライト・フレンドシップ・ソウル」
いつ商売してるんだろう
 ある日ロイドのお店にリュウセイさんと勝治が行くと、店内が段ボールだらけの状態に。不良在庫の山か何かかと思ったらロイドさんがその中で倒れていました。慌てて駆け寄って話を聞くと、段ボールの山は不良在庫ではなく引っ越しの荷物で、倒れていたのは朝食を抜いたせいでした。一人でいても人騒がせな男、ロイド。
 引っ越しする理由は、この街で新しく就任した市長が米以外の主食を食べることを禁止する条例(と思われる)が出来たため、パン食のロイドさんは毎日朝食抜きの生活を余儀なく続けさせられているからでした。
 この条例をまったく知らないらしいリュウセイさんと勝治は隣とか別な街に住んでいるのでしょう。徒歩で来てる辺りそう遠くはないとは思いますが。ここまで極端な条例出たら全国ニュースになりそうなもんではありますが。

 理不尽な条例に怒った(のか、ロイドさんの店が遠くなって面倒くさくなるのに怒ったのかは知りませんが)リュウセイさんは市長の元へ。

体育館か何か
 「米田市長講演会会場」と垂れ幕のある建物で、例の新しい市長米田が米を食え、米以外の炭水化物を追放しろと講演しています。
ファシズム
 何故かものすごいフィーバーっぷり。次の選挙も安泰だな、とほくそ笑んでいるとリュウセイさんが登場します。
 「お米にジャムは合わねえ!」と叫びながらパンも食わせろと主張すると、米田市長も負けずに
 「いいじゃないか、ご飯にジャム!」
 と何故か用意してあった赤いジャムをご飯にかけ、
自分で食えよ
 秘書に食わせます。お前が食わんのかい
 そして無理矢理美味しいと言わせ、「我々の心の食べ物お米をもっと大事にすべきだと言っているだけだ」と言い張ります。さっき「他の炭水化物を追放しろ」とか言っていた気がしますが

 もちろん人の話を聞かないリュウセイさんは市長の座を賭けてボーグバトルを挑みます。市長のチップは市長の座。リュウセイさんたちのチップは自らの命。もちろん勝治とロイドの命も含まれます。リュウセイさんもちろん異論は許しません。ここまで軽々しく命をかけるアニメを他に知りません。小学生らしいですけど。

設定的にはあり得ない訳じゃない
 対戦相手として市役所職員五人(市役所サービスセンターズ)を呼びつけ、まず五人と戦い、その後市長と戦えば良しと勝手に決めてきました。まあ対戦を持ちかけたのがリュウセイさんなのであまり文句は言えませんね。税金をつぎ込んで編み出した(良いのかそんな事公言して)必殺技「ツヴァイングオリエンタルライスボール」を繰り出しますが、所詮Aパート(CM前)のバトルなのであっさり蹴散らされます
 と思ったら勝治はもう限界らしいです。お前ら三日三晩ボーグバトルやったりしてたじゃねえか。
 いよいよ市長との戦い、と思ったら最後の刺客を呼ぶ市長。そしてその男とは
コスプレ好きなの?
 今まで姿を見せなかったケンでした。俺はチャーハンが好きだからと米田様の配下になったのです。中華料理屋ですしね。
 「お前、身も心もお米になっちまったのかよ!」というリュウセイさんの的確なツッコミが秀逸です。たしかに東京フレンドパーク2のホンジャマカみたいな事になってますし。
 中華料理屋であるケンが米を大事にするのはわかりますが中華料理屋には他にも炭水化物があるような気が、と思ったら勝治が「君の店にはラーメンがあるじゃないか!」と突っ込みますが、市長が突然咳払いをしてケンに聞こえないようにしてしまいます。カブトボーグの本懐であるところの「屁理屈」を物理的に排除する新しい戦法です。

 ケンとリュウセイさんとのバトルが始まります。
 「二人が本当に戦うなんて…こんなことがあっていいわけないじゃないか!」と勝治は言いますがお前ちょっと前に本気でリュウセイさんと戦ったじゃん。

好物はフランス料理全般です
 ケンは背負っているものが違う!とお米の料理のオーラ(例によって中華料理がほとんどない)を発しながらリュウセイさんを追いつめますがリュウセイさんも「お前お米に拘りすぎだろ!」ともっともなツッコミをしつつ応戦します。ケンが総ボケ状態に入ってしまったために今週に限りリュウセイさんがツッコミ役。リュウセイさんが突っ込むと的確すぎてケンより面白い。ボケもツッコミもこなすハイブリッド芸人リュウセイさん。いや芸人じゃありませんが。

 麻婆丼ドライブ、天津丼ターボ、チャーハンクラッシュなどの必殺技を連続で繰り出してリュウセイさんを苦しめ、必殺技(というには今回連発しすぎですが)「チャイナクックマーベラス五目チャーハン」でとどめをさそうとしますが、リュウセイさんはここで必殺の屁理屈「お前はラーメンを食えなくていいのか!」と叫びます。ここでも市長が邪魔しようとしますが勝治の機転でそれを阻止。
ナイスコントロール
機転とはおにぎりを市長の口に投げ入れて喋らなくさせるという作戦。物理的障害に対抗して物理的障害を持って対処するという勝治らしいクレバーな作戦です。この流れで通常の屁理屈バトルがようやく成立し、ケンが敗退します。
 通常の流れである「ボーグバトルから屁理屈バトル」に加え、「屁理屈を阻止する物理的障害からそれに対抗する物理的障害」という二段構えの新しい戦いに、マンネリになりがちなスタイルを6話目にして乗り越えるカブトボーグ。そのうちボーグバトルしている端でストリートファイト(ガチで殴り合い)とか始めたりしかねません。もちろん殴り合いの結果はなかった事にされてボーグバトルの方だけで勝敗が付くのですきっと。

初のオプションパーツ
 業を煮やした米田市長が「ライジング・ライダー・ライス」で乱入。禁断のオプションパーツ(ドリル)を装着した上に土俵の上にご飯をまいて動きを封じるという汚い手に市民が激怒。お米を大切にしようとか言っていたのがこれでは反感を買うのも当然です。もしかしたらわかりやすく凝縮した行政批判なのかもしれません。奥が深いぜカブトボーグ(考えすぎだと思います)。あとオプションパーツが初めて登場しますがそれについての説明は当然のようになし。おもちゃ展開は全然知りませんがこういうのも売ってたんでしょうか。普通に考えて嫌な敵が使ってたら子ども買わないと思うのでちっとも販促になっていませんな。販促のつもりもなく反則として出してきたのでしょう(うまいこと言ったつもりか)。

 「くそ、子どもの頃からいつもお米をいっぱい食べてきた俺が負けるわけがない!」と意味のわからない根拠で必殺技「ブラッディトラクターイッツユー」を繰り出します。
お米はどうした
なんでトマトなんだよ。この辺からもお米を大切にというのが選挙のためだけのスタンスだというのが伺える気がします。大人って汚い!

 「俺様より米を食べていない小僧が!」とけしかけますが、「俺んちはご飯は一膳、しかしおかずはいっぱいだー!」と反論し、グレイトメインディッシュテイクアウトサンダーで撃破。
 ここで米田市長が「子どもの頃にご飯が食べられなかったから」という理由になっていれば多少は共感を得られた可能性もありますが、別にそんなこともないどころかむしろご飯を沢山食べてきた事を自慢するあたり、駄目さ加減が引き立ちます。

 勝敗がつき、米田は市長を追放されます。秘書も市長じゃない米田に愛想をつかして去ります。使い捨てには勿体ないキャラだなあ秘書。
 そしてケンとの友情も何事もなかったかのように復活し、ロイドは安心して引っ越さずにすみ、「早速パン食ベタイ」と空気読まずに発言し、勝治は勝治で「夜はナポリタンでもいいよね」とか言いだし、まあとにかく大団円です。
 「まさに、雨降って地固まるデスネ!」と今週の格言をロイドさんが適当に言って締め。
誰かつっこんでやれよ
 とりあえずケンはそれを脱げ
    19:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/630-7b17dccb
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: