ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

カブトボーグ#03「何でもボーグバトルで解決」

カブトボーグ感想文、今日は第3話。
長いので続きを読みたい人は下をクリックしてください。

kabuto-03-01.jpg
●第3話「守れ!鉄壁のサイキック・ドラゴン・マスター」

 ケンの家の中華料理屋がライバル店登場でピンチになる話

kabuto-03-02.jpg
 冒頭から現れる謎の三人組が今日のライバル。手際よく料理の準備をして、ケンのお店をにらみます。

 所変わってロイドのパーツショップ。いきなりケンが弱気になって「俺もう駄目かもしれない」と言い出すと、ロイドは「給食デモ残シタン?」と心配する。心配の仕方がおかしい
 理由を聞くと、ケンの家のはす向かいに新しい中華料理屋が出来てしまったとの事。
kabuto-03-03.jpg
 勝治・リュウセイ「何イィィィィ!」
 ロイド「ワアァァオ!
 リアクション大げさすぎ。

 店の名前は幸楽。悪名高い幸楽グループだそうで、解説役の勝治によれば10年で世界中に支店を作り、中華三兄弟という料理人が必ず支店に赴いて秘伝の味を伝授してくれるので全ての店で同じ味が楽しめるという。そして幸楽グループに狙われた店は必ず閉店に追い込まれるのだとか。閉店に追い込まれた店は200を超えます。
 話を聞くだけなら単に企業努力を怠らない優良企業にしか思えません。オープン記念の値引き商法とか、別に普通じゃねえかな。まあそんな所を突っ込む作品じゃありませんが。

kabuto-03-04.jpg
 味を伝授されると何故か人相が悪くなるという点以外は特に問題がないような気がしないでもないのですが。

 話を聞いていたのかいないのか、「200戦無敗」という所にだけ反応したリュウセイが「俺がたたきのめしてやる!」と店に向かいます。
 行列の出来る中、並ばずに勝手に入るリュウセイと、何も言わない客と、何も言わず応対する店員。まあそんなところを突っ込む作品じゃありませんが。

kabuto-03-05.jpg
 店に入るなり「責任者を呼べ!」と叫び、現れる中華三兄弟。開口一番「とっとと店を畳んでこの町から出て行け!」と無茶な要求をするリュウセイ。断られたらいきなり「だったら俺たちと勝負しろ!負けたらケンの店を畳む!」と勝手な条件を組むリュウセイ。リュウセイさんマジ外道。

 そして当然勝負方法はボーグバトルだ。
 負けたらどうするんだよ!と困惑するケンに対し「安心しろ!勝てばいいんだ、勝てば!」と無茶な励ましをするリュウセイ。リュウセイさんマジ外道。ケンのお父さんが「リュウセイ君は親切でやってくれているんだ」と勝手にいい方に解釈してくれましたが、多分リュウセイさん戦う理由が欲しかっただけじゃないかと思います。ケンは「俺たちは生活かかってんだよ!」と至極真っ当な理由で勝負を取りやめにしようとしますが、リュウセイさん「逃げるんじゃない!」と話をそらしてうやむやの内に決定してしまいました。台詞だけ聞くとリュウセイさんすごく良い事言ってるんですけどTPOわきまえないのでただのわがままボーイ状態。

kabuto-03-01.jpg
 そして中華三兄弟は実はボーグバトルの賞金で幸楽を立ち上げたという事が発覚。でも料理にカブトボーグのっけるのはやめた方がいいと思います。

 ケンはまだ悩んでいる時に、妹のリンリンが「自分だけが不幸だと思うな」と一括し、ある所に連れて行きます。
kabuto-03-07.jpg
連れてきた公園では、リュウセイと勝治が一生懸命素振り1000回の特訓をしていました。素振りで強くなれるのかはわかりませんが。あと素振りだけで何故ボロボロになるのかもわかりませんが、そういうところを突っ込む作品じゃ(略)。まあそういう感じで友の姿を見て戦う決意をするケンでした。
 詳細すっとばして大雑把にあらすじ書くだけだとわりと普通なんだけど、どうしてこうカオスな雰囲気になっちゃうんだろうこのアニメ。

 勝負当日、遅れてやってきたケンと三人でバトル。一人1ラウンドの三本勝負。チャージ三回、フリーエントリー、ノーオプション。

 一本目は三男対勝治。
 勝治が前日の特訓で右の人差し指を突き指していたため、思うようにカブトボーグを操れずに敗退。チャージインはちゃんと出来ていたように思いますが、この手の作品はバトル中でも本人の体調とホビーの調子は同調してしまうので大概負けます。特訓しなきゃ勝てたって事じゃないのか。

二本目は次男対リュウセイ。
 ストーリーの流れ的にここで1対1にする必要があるのでリュウセイの勝ち。ストーリーの流れの都合で3秒くらいで勝利

三本目は長男対ケン。
 三兄弟は15年と48日の修行で完全なる分業制により、焼く・蒸す・揚げるの腕を競うことで腕を上げてきた(から強い)と豪語するが、ケンは笑って反論します。「1対1の勝負だからコンビネーションは関係ない」事。そして「お前達は15年と48日の修行だが俺の中華は四千年の歴史だ(から勝てる)」事
 反論になっているんだかなってないんだかわかりませんがとりあえず勢いでケンが優勢に立ちました。この手の作品は舌戦で優位に立つとホビーの調子も同調してしまうので勝利は目前です。

kabuto-03-08.jpg
 ケンの必殺技「チャイナクック・マーベラス・チャーハン」と長男の必殺技「ストロングファイヤーフライングスプーン」の激突によりチャーハンの勝ち。

 今日の勝因は「継続は力なり」だそうです(ロイド談)。
 ともあれ、ケンのお店は守られました。リュウセイ的にはノーリスクハイリターンな戦いだったような気がします。

kabuto-03-09.jpg
 最後に謎の人影が出て今週はおしまい。

 一話書くだけですげえ疲れるなあ。明日は第4話を書きたいと思います。
    23:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/621-7a9ae33f
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。