ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ポメラ使用感

ポメラを何度か使用したので感想を。
個人的な使用感なので全ての人が同じ感想になるかはわかりません。

・促音入力時に取りこぼしが発生しやすい。
 連打に弱いっぽい。私の入力速度は以前タイピングソフトで計測したらワープロ検定2級程度だったので特別早いという訳では無いと思いますが、それでも取りこぼしが発生する事があるので促音入力時には意識して遅く入力しています。打鍵力が弱いのかと最初思ったんですがPC使用時に同様の取りこぼしの経験はないので多分「連打に弱い」のだろうと思います。私が打っていた中ではIとUがよく取りこぼされました。多分そういう単語が多かっただけだとは思いますが。
全体に動作が「もっさり」とまではいきませんが決して「きびきび」とした動きではない、という感じです。個人差あるでしょうけど。もっとも、文字入力時、変換されるまでに待たされるような事はないので特に文句はありません。

・8000字制限が怖い
 今回使用した中に「八時間近い長時間の会議の議事録作成」というのがあり、事前に式次第や議題を打ち込んでおいて、そこに書き込むというやり方を試してみました。準備段階ですでにファイル容量が10KBあったため、二つに分ける必要がありました。入力時の位置が文末ではなく追記という形のため、入力中に8000字超えたらどうしようと漠然とした不安に襲われ、途中でさらに後半を二つに分けたりしてました。メモレベルで済まないものはちょっと怖いですね。
 で、怖い怖い言っててもしょうがないので8000字を入力中に超えてしまった場合にどうなるのか実験してみました。最初にやっとけって話ですが。8000字に到達した段階でエラーメッセージが出てその分の文字が消えました。直接打ち込んでもコピーペーストしても文中に追記しても同じ。よく考えたら当たり前ですが。
 

・制限のわりにそれを知る術が無い
 狭い画面の中で可能な限り文字を表示したいという構想なのは理解していますが、上記のような使い方をした場合、行数表示がないので「あとどれくらいでアウトか」というのがまったくわからない。フォントサイズ毎に一行あたりの文字数はほぼ固定なので行数表示があるだけでおおよその文字数は計算出来ますから、1文字犠牲になっても表示して欲しかった。ファイルリストにファイル容量が出てくれるだけでも目安になるんじゃないかと。

・スクロールバーがなく、カーソル位置も保存されないので今どの辺かわからない
 マウスがないのでスクロールバーの存在意義はほとんどないのですが、議事録などではしばしば前の議題に戻って参照・追記を行います。また、前述した通りファイルを分けて運用していたため、他のファイルを開き直す事もありました。この時に必ずカーソル位置が文頭に戻ってしまうため、長い文章を延々スクロールせねばならずに今どの辺かわからなくて焦りました。議事はそんな事してる間にも進むので。スクロールバーって文中の位置の目安でもあるんですよね。
 これは検索機能を利用する事で解決する問題ではあるな、と終わってから気付きましたが。普段マウスのホイールスクロールに頼っていたので失念してました。

・ショートカットが明示されない
 一般的に使われるPCでのショートカットは大体使えるみたいなんですけどメニューに書いて無いんですよね。欲しかったなあ。

・保存済みかどうかわからない
 これは仕様に関係するのでポメラは悪くありません。電源切っても文書はそのまま残るので別に逐一保存しなきゃならん訳がないのです。単純にこまめに保存する癖のついている私が「あれ、今保存されてるんだっけ?」と不安になりやすかったというだけです。エディタだとよくファイル名に「*」が付きますが、ああいうのがあると安心出来るかなーと。今回何度も書いてますが複数ファイルをあっちこっち運用していたのでなおさら臆病になっていました。別に複数ファイルを開けるようにしろとかそういう要望はしません。

・電池は持つ。エネループでもいけた。
 悪い事ばかり書いてもつまんないので。
 八時間に及ぶ長時間の会議でも満充電したエネループが最後まで持ってくれました。最初に電圧低下の告知が出たんで念の為もう1セット持っていったんですが使う必要もなく、休憩をはさみつつ最後まで使えました。電池より8000文字制限の方がよほど怖かったくらいです。
 電源を確保しなくても運用出来るので席の制限がなくなって動きやすかったですね。電源ケーブルで足をひっかける心配もないですし。

・打鍵は静か
 会議で延々打ち続けていた訳ですが苦情はきませんでした。自分でも静かだと思いながら打ってました。二つ折りのためにカタカタ言いそうなもんですがさすがに考えてあります。電子辞書カバーを付けたまま運用していたので机に与えるダメージが小さかった可能性もありますが。
 正直表面に滑り止めなのかつや消しなのかわかりませんが加工がされて、ある程度の高級感が出ているのですが、シグ3程度のもんで良かったような。その分安くするかソフトに注力して欲しかったなと。
 ついでに数字キーとファンクションキーがかなり縦に潰れた形状になってますがこれは慣れればなんとかなりました。あまり頻繁に使わなかったし。

・厚さは鞄にやさしくない
 鞄の中の占有面積において一番嫌な形状は立方体に近いものだと思います。ルービックキューブとフリスビーなら邪魔っぷりはルービックキューブの方が高いのです(個人的な印象ですけど)。他の荷物が書類やノートなど、ほとんど板状のものが多いため、厚みがあってなおかつ表面積が小さいものは立ち位置が難しい。多少表面積が広くなっても薄くなってくれるととても嬉しいですね。多分そういう路線にはならないと思いますが。

・でも他の機械より鞄にやさしい
 アダプター不要ってだけでかなりやさしいし、軽いのも嬉しい所。PC持ち歩くよりは圧倒的に楽になりました。予備電源とか言っても単4電池2本ですからねえ。

 全体的に「Windowsのメモ帳以上の事を期待する人には物足りない」という感じですね。色んなエディタを使って自分の好みのソフトを探し出すような人には色々と物足りないんじゃないかと。メーカーも「メモ帳」という言葉を強調しているのはこのへんの過度の期待を最初から打ち砕く目的があるのだと思います。

 今後も使っていくとは思いますが前にも書いたとおり「面白い機械ではない」という他の人から見たら心底どうでもいい理由により他の機械を使う可能性もなくはないです。



    19:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/617-0149be8e
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。