ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

正統派の「文具」

 ポメラはマニア向けでは無いという話。
 今回必要になったから購入したんですけど、ガジェットマニア的な視点からするとあまり面白いものではありませんでした。
 ポメラは(用途の合う人には)誰にでも薦めやすい優等生的な機械ですが、それ故に手をかける事なく扱える分面白みにかける、そんな機械です。完成度が高過ぎるというか、必要な要素だけに最初から磨き上げられてしまっている所が、逆に欲求不満になるという。やはりPDAやPCといった汎用機械を自分の用途に合わせてカリカリにチューンさせていくのが楽しかったんだなあ、と改めて実感しました。そういう意味でこれはデジタルおもちゃではないです。そしてそれは製造元のキングジムが想定した通りの機械であるという事です。面白くはありませんがあくまで文具の一つとして考えるなら間違いなく正解です。

 今まで使って来たミニノートやPDAも、今思い返せば使い勝手をあれこれ研究して来た機械ほど愛おしく思います。現在使っているVAIOの前に使っていたInterlinkXPは大変良い機械でしたが愛着と言う点においてのみAMiTYやMURAMASAの方が遥かに凌駕します。

 用途の合う人には、と書きましたが、これは本当に欲しい人しか手に取らず、またその欲しいと思う範囲がすごく狭いんですよね。キングジムでも一年で3万台を目標としていたくらいですし、それほど必要な人がいるとも思えません。蓋を開けてみればあっという間に完売してしまうという想定外の売れ行きではありましたが、普通に考えて文字を打つだけの機械がそんなに売れるとも思えません。そういう意味では「あれもこれも出来ますよーマルチメディアですよー」という作り方というのは欲しいと思う人を増やすためには必要な事なんですよね。何となく逆説的に実感させられました。
 この機械は「顧客層の分母を増やす」という事の逆を突き進んで成功した訳ですが、それもこの完成度の賜物です。
 ポメラそのものの用途や使い方とは全然関係ない感想ですが、ポメラを手にしなければ発想もしなかったであろう事という意味ではこれはポメラの感想文だと思います。
    19:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/611-9dd5b6b7
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。