ハイスペック・バカ

文化系戦隊

 ゴーオンジャーが面白過ぎます。
 黒の「一生懸命黒になろうとしている感」がなにより好きなのですが最近は赤が「全員がバカ過ぎてキャラが薄くなって来たので負けじと熱血バカという方向で赤っぽさを強調」という辺りも好きです。なんか脚本の都合よりも劇中でそういう方向にそれぞれが二重に演じている感じがします。たぶん考え過ぎですが
 ほとんどハズレのない状態が続き、小ネタも満載で素直に笑える、井上も見習え(誰?)という感じの痛快面白劇場です。特に今週は声だして笑ったほどの傑作っぷり。

 今週の話はオイルバンキという地面に油巻いて滑らせる奴が相手だったのでどうやって滑らないで済むか、という作戦の話。本題は新キャラ及びメカとの初共闘ですが。
 作戦の発案は黄以外の四人が順次発表していきましたが全員バカすぎ。これでもかというほどボケ倒していきます。

●赤「ウナギをつかんでヌルヌルに慣れればいいのだ!」>パンツにウナギが入って今週もパンツ姿
 「滑り台を逆走してマッハで慣れるぜ!」>全員白い目

●緑「滑らないように足のウラに接着剤をつければいいのだ!」>動けない(当たり前)。全員放置して次へ。その後のシーンで靴がボードにくっついたまま立てかけてあったあたり細かい。というかここで出したこの絵は誰が描いたんだ。
go-on02.jpg


●青「勉強しまくれば滑ることはないッス!」>「そりゃ滑る違いだ」ある意味一番滑ってた。黒のツッコミが冴えるがいつハリセンまで用意したんだ黒。「じゃあ滑り止め…」「それも違うだろ!」黒と青のコンビが確立しはじめてる。

●黒「これを見ろ」といって取り出した一枚の絵。誰も何を描いたのか理解出来ないトンデモ絵。
go-on03.jpg

 ペンギンらしい。「ペンギンのように氷上を滑って攻撃すればいいのだ。ソリでGO」

go-on01.jpg

あっ

目標外れて壁に激突。無表情で。青に渋い声で「押してくれ…」ってそり押したりそもそも住所不定無職の奴らがどうやってスケートリンク貸切ったのかとか色々あるが今週も黒が面白過ぎ。

最終的にでかいモップを作って油を拭き取るという普通の作戦に落ち着きましたがセンベエ博士並みの早さで新武器作成ってのもどうかと思わなくもないです。
で、油拭きとってやったことは敵の足を掴んで引きずり下ろす事という。メカ戦までボケまくるのか。オイルバンキも「そろそろ油じゃなくてとどめをさしてやる」とか誰が上手い事を言えと。

なんと恐ろしい事に今週肉弾戦一切なし。冒頭からロボ戦で、リターンマッチもロボ戦。戦隊モノのセオリーを茶化した話がちょっと前にありましたが今週も完全にセオリー無視状態でカオス過ぎ。タイムレンジャーとは逆の意味で反則過ぎる作りです。

今作の特徴は全員がボケ役でツッコミがいないという点でしょうか。小ネタには全員がボケとツッコミをこなすのですが、流れを修正するレベルの人がいない。通常なら司令官のような人が大体いるものですが住所不定無職の彼らにはそんなものがない(ボンバーや炎神はちょっと違うし)。現役高校生が二人いたりってのも影響してるかもですが、和気藹々とした雰囲気やボケ続ける独特の展開はここにあるのかなーと。なんというか、普段の戦隊は何だかんだで体育会系なんですけど、ゴーオンジャーはかなり文科系の匂いがするんですよね。

今年のゴーオンジャーは本当に面白いので今からでも遅くないから観るんだ。
    23:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/524-44e33765
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: