ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

今期注目の二作

 今期のドラマでの(個人的)注目はやはり「ハチミツとクローバー」(以下ハチクロ)と「1ポンドの福音」(以下福音)の二作。どちらも大好きな原作だけに楽しみでもあり怖くもありました。
 ようやく両方の第一話が見られたので感想を書こうかと。

 先に始まったのはハチクロ。
 開始30秒で原作レイプとわかる超展開っぷりに軽く珈琲を吹きかけ、真山の立ち位置の違いに失笑。ローマイヤ先輩についてはもう出オチ扱い。
 主人公の名前と肩書きだけ借りてあとは好き勝手に「俺的美大物語」を作り上げましたけどどう?という感じのする、大変素敵なドラマでありました。一番似ているのは陶芸家の教授。

 そして土曜日に福音。
 キャラ似てない度についてはこっちの方が遙かに高く、特にシスターアンジェラの好戦的なお顔はちょっと笑うしかなかったです。役者のせいではありませんが、南沢奈央の方がアンジェラっぽくね?とは友達とも話してました。一番似てるのはもたいまさこ。
 さらに設定をかなりいじってあり、会長が女性だったりジムの人間関係が変化してたりしてます。ただ、いじった分はストーリーとしての説得力を増す方向に生きているように感じ、展開がスムーズというかわかりやすくなっていたように思います。主要キャラが少ないと尺が足りなくなるとかそういう理由もあったんですかね。

 原作との違い、という点だけを見ると両者の違いが顕著。
 ハチクロは基本的なキャラ設定は一応守りつつストーリー展開についてはまったく守る気がなく、結果として別物になっているのに対し、福音は様々な部分の設定をいじったりキャラ増やしたりしておきながらストーリーの骨子を尊重しているのでそれなりに原作通りの展開になっています。
 福音はもともと「減量ができない」「アンジェラが好き」という二点だけで話が構成されていた(ようなものの)ため、ある程度アレンジしても作品がブレない、という利点があるかもしれません。逆に群像劇であるハチクロは主軸を押さえにくい分ちょっとした変更で全てが崩れ去ってしまった、という印象があります。そしてストーリーの構成そのものを変更してしまったために、時折思い出したように原作エピソードを切り貼りされると逆に違和感を覚えるという逆転現象が起きてました。
 もちろん福音も、耕作のアンジェラに対する感情がかなり原作とは違う描かれ方をしているため、この方が自然な展開であるとはいえ人によっては拒絶反応を示す可能性がなくはないでしょう。

 フジはのだめカンタービレという「原作をどこまでそのまま表現出来るか」という方向でやってみた作品があった分、どちらかというとフジのハチクロに期待したんですけどねえ。まるで原作に対する尊重というかリスペクトを感じない作りに、ああやっぱりフジだとこうだよなあと。
 福音については特に「何故今更?」と思いましたが、前述した構成要素さえ守ればあとは何やってもそれっぽくなる、という点と、各話完結式にやりやすい点もドラマ向きなのかなと。

 原作抜きでドラマとしてどっちが面白いのか、というと、これは福音の方がわかりやすくて面白かったんじゃないでしょうかね。ハチクロはその構造上一話だけで評価がしにくいとはいえ、無理矢理全員の主要エピソードを詰め込んで破綻したお話は、ちょっと。

 どちらも無条件でオススメ!と言うほどでもないんですが、強いて言えば福音の方が楽しめるんじゃないでしょうか。ボクサー役の人が(ボクサーなんだから当然ですが)上半身裸になる頻度が高いという点で違う意味での訴求力もありそうですが。
    23:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/468-da2776ea
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。