ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ちょっと両極端な二冊

取り上げそこねた漫画二冊ご紹介。そういやコロコロ復刻版をまだ書いてませんでしたな。完璧に忘れてましたがとりあえず今日は普通の単行本です。しかしなんで最近は単行本の事をコミックと称するのでしょうかね。コミックスだろコミックス。なんで単数形なんだよ。裏表紙にもジャンプコミックスってちゃんと書いてあるじゃねえか。風潮ですと言われたらそれまでですけども。

・日常
表紙イラスト、一見すると普通の授業風景なのですが、何故かそこに鹿が。
つまりそういう漫画だということです。

タイトルと相反するちっとも日常的じゃないキャラクターたち。誰がどうみてもロボットだけど一応秘密ってことでクラスメイトが気を遣っている女子とか、漫画に出てきそうな(漫画だが)お金持ちっぽいキャラそのままの男子とか。登場人物でまともな人はほとんどおらず、知らないで読みすすめるとえらい目にあいます。いや、そういうギャップを楽しむ作品なのですが。
わりと好きな空気なのですが(「それでも町は回っている」に近いものがあります)、ギャグの間を取り過ぎてる所や、ト書きの文字に頼り過ぎている所など、あまり好みでない事が多く、ちょっと残念でした。ギャグの後にかなり間をおいて突っ込みが入る事が多いのですが、その間のコマに必然性がなさすぎてただ間延びしているように感じます。たぶん自分とは笑いのテンポが違うだけなんだろうけども。リアクションとかをわざと同じにして繰り返したりするのもテンポの悪さと相まってくどく感じました。
あとはわざと崩した絵で進める事があるのですが、もうちょっと丁寧に下手な絵を描くべきではないかなーと。

酷評しといてなんですが、これはこれで好きな人にはたまらない世界だと思いますので一度ちらっと読んでみて欲しいですね。保証は致しかねますが。


・ドスペラード
 あのガンダムさんで一躍有名になり、忘れた頃に大魔法峠がアニメ化された大和田秀樹先生の漫画。
 開始三コマで「やくそうが安いよ!」とか「武器はそうびしないといけない」というRPGにおけるよくあるお約束を入れる事で、ああここはそういうファンタジーな世界なんだ、とあっという間に納得させてしまう辺り、饒舌にト書きで解説するよりよほど上品で好きです。わからない人にはまったくわからない科白ではありますが、掲載誌を考えてこれで大丈夫と判断したと思われます。
 魔法の世界のギルドを極道の世界にしてしまい、その抗争を描くという切り口でストーリーは進みます。
 以後ネタバレを含む内容になりますので御注意下さい。


 仁義なき戦いの中、帰って来た男エイジは謎の魔法を使う男。表紙の男がエイジなのですが、なぜかメイド服を着ています。これは表紙のための罠などではなく、本編でもちゃんと着用しているのです。基本的に高倉健などをイメージした仁侠の男で、初登場時はちゃんとそれっぽい和服を着ているのですが、何故メイド服を着なければならないのか、ここが前半の山場です。最初書こうかと思ったんですけどせっかくなので本編読んでいただきたい。

 その後お約束の主人公エイジの強化イベントにおいて、聖地バッキアに赴きます。ここが魔法使い発祥の地なのです。何故ここなのかは読めば納得です。精神と時の部屋のような所に監禁されて過去の恥ずかしい思い出と対峙させられ、スーパーサイヤ人的パワーアップをとげ、すごい童貞がすごくなって童貞達の先導者として君臨するのですが、ここで展開される萌えの定義も素晴らしい。

 前半は謎の魔法使いエイジの秘密に迫る感じでファンタジーっぽさをかろうじてキープしているのですが、後半の魔法使いそのものの謎に迫る怒濤の展開はすさまじく、無理矢理カテゴリ分けするならばオタクカムアウト系漫画の超変化球にして危険球版といった感じでしょうか。つうかなんかもうそういうのとは一線を画すどころか小学生の走り高跳びの会場に棒高跳びで乱入してどこまで飛んでいく気だお前!と全力で突っ込みたくなるような、そんな漫画です。
 それでいて作中にあらわれるオタク像や、萌え談義などは大変愛のある描き方がされています。見下ろすような視点でもなく、逆に卑屈になりすぎたりよくわからない擁護が入ったりすることもなく、適度な距離感で描かれており、うまくギャグとして昇華されています。

 この作品は全編に渡って様々なパロディやお約束がちりばめられており、漫画やゲームを有る程度知っている人がより楽しめる構造で、最初から読むターゲットを絞り込んでいるのがわかります(それゆえ雑誌での人気がふるわなかった可能性もあるのですが)。特に最終話における「打ち切り漫画によくある光景」の展開は、ここで打ち切り!とわかった上で読むと面白さが倍増します。どう考えても回収できそうに無い伏線展開、新たな敵の登場、まるで本当に描いている最中に突如打ち切りが決定して慌てて描き足したようなラストなど、もうこれでもかというほど詰め込んであります。打ち切りそのものは残念ですが、それを逆手にとって全力で打ち切りネタをやってのけた所は賞賛すべきだと思います。まあ長続きして面白くなる漫画でもないだろうし。

 読むひとを選ぶっぷりは「日常」の比ではないのですが、頭の悪いギャグ漫画(褒め言葉)が好きな人にはおすすめしたいところです。どうも単行本の売り上げによっては第二部が始まるという噂もありますので買って下さい。
    20:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/403-202e4840
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。