ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

まとめ買い

今月はまとめてコミックスが発行されてしまったので一気に買ってきました。
アマゾンリンクが大変うざいかと思いますが書影見せる目的なのでご了承いただきたいとか適当に詭弁。ちなみにブログでアマゾンリンク始めてからまだ一度もお金もらえてませんのでご安心ください。こんだけ長くやっててそれもどうかと思いますが。
あとやっぱり本は近所の本屋で現物手にとって買うのが一番だよな。

・宙のまにまに 3巻
 天文部学園青春漫画の三巻目。前半が文化祭、後半が県内の天文部を集めての観測大会。
 文化祭は、私は三年間クラブの展示ばかりやっててクラスの出し物にはほとんどノータッチだったうえ、我が母校はあまりイベントに大騒ぎする校風ではなかったこともあり、三年の時に自分のクラスで何やってたのかまったく覚えておりません。当日もそれほど大きな祭りって感じもなく、後夜祭とかもやった記憶がなく、なんだか書いていくとどんどん寂しい高校生活だったんじゃないかという気がしてきてイヤになってきました。いや楽しかったんですけどね。
 文化祭ネタといえばうる星やつらのビューティフルドリーマーとか、涼宮ハルヒの(アニメの)ライブアライブなどのイメージがありますが、実際あんなお祭り騒ぎやる学校あるんでしょうか。あったら行ってみたいなあ。去年知り合いの高校の文化祭見てきましたがまあ近いものがあったと思います。全体的にやる気が感じられずに「手作り感」というよりは「手抜き工事」という感じのものが多くて、まあ実際はこんなもんだろうなあ、と思ったものです。突然学校が別世界な雰囲気に変わると面白そうだろうなあ。
 後半の観測大会では県内の他校の生徒が登場し、突然世界が広がって新キャラも増え、和製ハーマイオニー姫ちゃんの苦悩も増えまくり。他校生徒の「あなたは何座萌え?」という台詞には笑いましたが。そうだよな、天文部員にもそういうのいるよな絶対。
 おまけ漫画のプラネたんのオチはどこかで見たなと思ったら魔法陣グルグルでギップルが同じことしてました。パクリっつうかナチュラルに同じネタにたどり着いたのかなとも思いますが(あからさまに同じすぎなのと誰でも思いつくネタではあるな、という所から)。



・ラブやん 8巻
 カズフサとうとう29歳。来年には魔法使い。大和田秀樹先生のドスペラード(買い逃した)で大々的にそのネタやられちゃってるんであえてやらないのではないかと思いますが。ネット発なものは意図的に外してる気がするし。
 ラブやんと微妙にフラグが立ったように見えたりしましたが、庵子さんがあんなことに。正直最終回でやるのかなーと思ってたらこんなところに持ってきてて、いやまあ引っ張りすぎると庵子さんの年齢もアレな事になるからしょうがないんですけど、これで最終回がどうグデグデになるのか楽しみです。商業作品でまともな終わり方した作品見たことないしなあ。しかしラブやんに限ってはむしろそっちの方がそれらしいんじゃないか、とも思えるのでこれでいいのかもしれません。しかし庵子さんエピソード見るとまともにラブにコメった作品描かせたらすごく面白いものが出来ちゃうんじゃないかとか錯覚しちゃう程しっかりとそれっぽかったのですが(アルプス伝説は実はまっとうなラブコメでしたし)。多分やんないだろうけど。



・ケロロ軍曹 15巻
 そろそろ惰性。でも面白さが衰えたような気がしないのは凄いなあ。福笑いとかベタながらも笑ってしまいました。あとラストに出てくるゲストキャラはどう見てもベレー帽とパイプ姿で有名なあの漫画家のお方にちがいなく、TPぼんで本人が出てくるシーンのオマージュ的なものがあり、ちょっとびっくり。



・ツレビト 1巻
 EAT-MANの吉富先生の最新作。女性キャラの絵柄が未だに安定しないでごろごろしてますな。この方の理想型がどこにあるのかはわからんけど描き続ける限り変わっていくんじゃないかと。
死んだ人がまず行く生と死の狭間で、死者の世界へ導く存在、ツレビト。
開始四コマで主人公の女子高生が死亡して、そこからツレビトというものの存在を知るまでの狭間の世界の描写がすごい。見覚えのあるモノを使って完全な異空間を描き出すところは圧巻。饒舌に語らせずに画力と演出で理解させるという、漫画だからこそ出来る世界。正直長く続けられるだけのポテンシャルを秘めているとは思えない題材だけどそれはそれでしっかりと語り尽くせるなら最後まで付き合いたいなと思います。掲載誌マガジンZよりもうちょっと読者年齢上の雑誌にした方がいいんじゃないかとたまに思いますが。若い人向けに絵柄作ってるのかなと今思ったもんで。




・電脳コイルアクセスガイドブック
 ブログではまったくふれてなかった気がしますがNHKでやってる電脳コイルというアニメが大変面白く、毎週末が楽しみでしょうがないのです。そのうち電脳コイルを語るエントリを作ろうかとか思ってたくらいで。9話までのダイジェストとキャラ設定資料とか色々載ってまして、資料に最適。先日から突然ブログパーツで犬がおりますが電脳コイルのオフィシャルパーツです。やたら動くデンスケにちょっと感動して設置してみました。訪問回数に応じて動きが変わるらしいですよ。CCレモンは全然飲みませんけど。
 アマゾンだと品切れで中古が3000円とか馬鹿みたいな値段になってますが昨日本屋で再度見かけて買えたので、わざわざそんなもん買う必要ないと思います。たぶん再入荷します。




コロコロ伝説も当然のように買ってあるのですが読んでないのでまた後日。
    19:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/397-04359beb
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。