ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

名物にうまいものを教えてくれ

京都の土産と言えば八つ橋です。
というわけでおみやげのおこぼれとして八つ橋頂きました。

ラムネ味の

八つ橋ってあれだよな、あんこを餅で餃子風に包もうとしたけど耳が作れないからそのまま三角に折ってやめちゃった奴だよな。あんこだよな。小豆煮た奴だよな、あんこって。

しかるになんですかこの「原材料:ラムネあん」て。
なんだその斬新な日本語は。そんな単語生きてきて今まで聞いたことないわ。

他にもブルーベリーとかももとか青リンゴとか、どう考えても八つ橋とは繋がりようもない味の不思議な物体がテーブルに並びました。まあキュウリ味とかと違って単体では美味しそうなもの、という点ではマシだったかもしれません。

最初は各々家で食べよう、という話だったのですが、一つ試しに食べてみることにしました。
試してみたのはももの味。
口に入れた途端鼻腔に広がるももの香りと
口腔ににまとわりつくあんこ状のなにか。

何というか、八つ橋の姿をした何かです、としか言いようのない奇妙な味。
こうなったら他の奴も全部食べ比べてみるしかあるまい、という事になり、各々頂いた土産を開け始めました。
開けてみるとまあ毒々しい色がお出迎え。
yatu-ramune.jpg

これが冒頭のラムネ味ともも味。

yatu-blue.jpg

こっちがブルーベリー味。

食欲を減退させるために青いふりかけを開発なんて話もありましたが、これもまた見事にそそる色でございます。

まあお菓子だし、色が付いてるのはそれほど気にしないことにして食べ比べ、とにかくその丙丁付けがたい味の八つ橋どもが減る毎に私たちの口数も減っていきました。心とは裏腹に不本意に満たされていく腹具合がなんとなく納得しかねるものがあります。

これから京都に行かれる方は是非珍妙な八つ橋をお探しになり、満面の笑顔でおみやげを渡すと良いと思います。
きっとその渡した相手が京都に行ったときにもっと珍妙な八つ橋を買ってきてくれると思います。
こうやって人と人の絆って深まっていくんですね。深まるのは溝のような気もしますが。
    22:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/386-ad25eea8
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。