ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

フィギュアとゲームがドッキング

 自分の作ったプラモやフィギュアがゲームで自由に操れたらいいな。
 なんて子どもの頃はよく妄想したもので、そんな子どもの夢をそのまま実現した漫画プラモ狂四郎ですが(リンク先AA注意)、最近は技術の進歩にともない小さなメモリをフィギュアに詰め込んだゲームなんてものが登場したようです。

 それがこちら
 あの、最初はシミュレーションゲームメーカーというイメージだったのがいつのまにかギャルゲーメーカーになっていた工画堂スタジオの新作、「Music Angel Collection」シリーズ「Dear Pianissimo」です。

 フィギュアにUSBメモリを突っ込んでその中にゲームが入っているという仕組みで、ある意味最強のマニュアルプロテクトといえなくもありません。
 プラモ狂四郎のように「自由に操れる」わけではなく、中に入ってるのはノベルゲーのようですが、フィギュアはあのYUJIN作成ということで無駄に本格的です。実際欲しいかって言われたら微妙ですがまあこれは個人的な趣向の問題ですんで置いておくとして。
 しかし
 piano.jpg

 この三面写真を見る限りUSB端子が見当たらないんですが。
 ホイホイさんのように背中に端子が付いてたりしないんですね。(どうでもいいがリンク先のフィギュア欲しかったけど手に入らなかったので誰かくれ)
 …じゃあどこにあるんですか。
 まさかちぃ方式…っ!?スカートの…中に…っ!?

 無駄に夢が広がってしまいました。冒頭の夢とはだいぶ方向性が違いますが。

 さて、工画堂スタジオはこのゲームのコンセプトを
「(これまでのフィギュアでは)二次元を三次元に変換するにとどまり、原作物との溝は永遠に埋まることはないように思えます。端的に表現すると、原作は原作、フィギュアはそれらコンテンツ(キャラクター)への愛情としてのアイテムのひとつでしかない、“ただの飾り”以上の価値を持つことは難しかった、ということです。そこで、立体化したキャラクターフィギュアにもうひとつの存在意義を持たせてみようという発想にいたり、製品を企画しました」
 …と言ってますが、このコンセプトはもう昔に通り過ぎたゲームがあります

 それがZXE-Dです。
 プラモデル四体が同梱され、それぞれ手足を組み替えることで実際に画面にプラモと同じ状態のキャラが表示されてそれで遊べるという見事に子どもの夢を実現した素敵ゲームです。
 残念ながら公式サイトも消去され、バンダイで検索してもなかったことにされているということで売り上げは推して知るべしという感じではありますが。
 なんで売れなかったかというとこちらのサイトを見ていただければおわかりになるかと思いますが価格が2万という冗談で買うにはちょっとどうかと思う価格ですんで(半額セールでも1万じゃねえ)…。あとはメカデザインが横山宏大先生という一般受けしそうにないところ突いてきたのが原因じゃないかとも思いますが。もしかしたら最初から売る気なくてマニア受け狙ってきたのかもしれませんけど。キャラデザインが江川達也だしこの食い合わせの意味がわかりません。どうせなら小林源文先生にお願いすればよかったのに。

 もちろんフィギュア付きで

    12:26 | Trackback : 1 | Comment : 2 | Top
Comment
2006.04.28 Fri 17:13  |  Malimo #-
工画堂は「破邪の封印」てのもありましたが、
「コズミックソルジャー」「サイキックウォー」のゲーム画面を見るだに、
昔からギャルゲメーカーの気配はあったように思います。

>ZXE-D
キャットシットワン的なパイロットのフィギュアorぬいぐるみ付だったら、
自分は欲しいでs
  [URL] [Edit]
2006.04.28 Fri 20:31  |  Sing #-
破邪の封印もそうでしたっけか。ファミコン版ならフルセット所持しておりますが忘れてました。
開き直ったのはパワードールからだと思われます。

>キャットシットワン
 そっちで来ますか。それやるとそっちがメインになりそうで怖いです。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/146-082e181d
メガハウスエクセレントモデルCOREは、確実な出来なので安心して購入出来ます。いろんなサイトで出来は確認済み!到着が楽しみです。ホビージャパンが対戦型ゲームブックと美少女ビジュアルブックの融合という新しい境地に挑戦した「クイーンズブレイド」より、品質に定評の 2007.07.23 03:58
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。