ハイスペック・バカ

フィギュアライズバストフミナ(全身像バージョン)完成

 ガンプラ記事第三弾はガンプラというかなんというか。
 画像を見て頂ければわかるとおりのものです。
 フィギュアライズバスト・ホシノフミナ。
 スタンド部分に若干の違和感がありますが。

humina-002.jpg
 今回は下半身をつけてみました。
 某画像掲示板で話題になったプライズのフィギュアの下半身を悪魔合体。
 セガプライズの「けいおん!! Lefty, Rock & Roll!! 秋山澪」というフィギュアです。スカートを剥がして下半身を取り出して塗装することで出来たのがこちら。

humina-001.jpg

 ダボの部分はさすがにそのままというわけにはいかないので、多少の加工は必要ですが、スタイルに関しては一切いじっていません。パンツのモールドを少しごまかしたかったのでツールクリーナーで軽くこすってモールドを消したりはしていますけども。
 あとは元のフィギュアがハイソックスなので、ふくらはぎ辺りに出来ていたソックスの境界線のモールドもパテで埋めてあります。
humina-007.jpg
 あまり目立たなくなっているかと思います。

 ジャージの模様については、モデルとされている実在のジャージを元に適当にマスキングして塗りました。絶対うまくいかないと思ったのでモールドを掘ったりはせず、全てマスキングだけでやってます。ちゃんと左右対称になっていないのはあまり気にしないで頂ければ幸いです。

humina-004.jpg
 横から。
 肌はサフの上からフレッシュサフを更に重ねて肌色のベースとして、そこにモデルカステンの粘膜クリアーとガイアのサフレスフレッシュオレンジを混ぜたものでシャドウを吹きました。画像は割とハイライト飛ばし気味にしたので肌の濃淡は目立ちませんが、一応シャドウ吹きしてるのです。

humina-005.jpg
 くるりと廻って後ろ。
 ジャージは真っ黒だと濃淡がわからないので暗い紺にしました。調色の度合いは忘れましたがクリアー多め。影が暗くなるようにがんばりました。
 あと艶々だとエロいなと思ったのでそのようにしてあります。

humina-006.jpg
 このお尻のために頑張ったと言っても過言ではない。


humina-003.jpg
 正面の白い部分はうっすらとシャドウを入れましたが、目立たなさすぎました。胸のあたりはフレッシュを軽く吹いてうっすらと透けたようにしてありますが、写真だとなんだかわかりません。もう少し濃い目にやっても良さそうですね。
 そういう所は目立たないのにおなか付近の白い部分の辺りの失敗はもの凄く目立つのがいやですね。付属のシールを使ってマスキングしてみたんですが色々失敗しました。

 顔は、眉毛をパテで埋めて書き直しました。眉の下の影と思われる謎パーツも埋めました。その分眉の位置を少し下げています。瞳はクリアを厚めに塗る以外はキットのままです。接着して白目の境目を消してみようと挑戦しましたがうまくいきませんでしたね。
 髪にも濃淡は付けてありますが、ハイライトは入れませんでした。

 という訳でフィギュアライズバストフミナでした。
 美少女フィギュアを塗るのが初めてだったんですけど、色々と練習して何となくつかめた気がします。
 最初は複数の素材の重なりを実際にやってみようと、フレッシュサフの上に粘膜クリアーを濃い目に吹いてからクリアーホワイトをかけるという作戦に出たのですが、シャドウ調整を何度もしなければならないために難易度が高く、それでいて狙った白い肌にするのも難しかったのでやめました。もうちょっと手軽に手順が確立したらまたやってみたいと思います。

 今回の三つの撮影には、背景紙を白でやってみました。最近は明るい背景の方が流行りっぽいので。
 もっとも光量が足りなくて半端な白さになっちゃいましたが。光源もう一つ作るの面倒だなあ……。

 最近作ったキットはこの三つで、あとはちょっと前に(ユニコーン以後に)作ったキットをいくつか出したいと思います。撮影だけはしてあるんだよね。
    12:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1132-89a3ba90
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: