ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

HGUCユニコーンガンダムデストロイモード完成

久しぶりにプラモデルを完成させました。

何故かHGUCユニコーンガンダムデストロイモードです。二ヶ月くらいかかりました。



unicorn-01.jpg

 たまたまガイアカラーの蛍光クリアーが安く手に入ったので、何か使い道はないものかと思ったのが発端でした。ブラックライトで光るので、それに似合うものと思ったのがユニコーンガンダム。キットと蛍光レッドを買って、お手軽に塗って終わりにしようかと思ったのですが、何を思ったか筋彫りをはじめ、ガンダムデカールをオークションで入手し、さらにパール塗料まで持ち出して、なんだかわからないうちにわからないものになっていました。
 全て画像クリックで大きな画像が出ます。

 画像多いので畳んでおきます。

unicorn-02.jpg

 筋彫りは、最初はセイラマスオさんっぽいものを目指していた気がしますが、やっていくうちにどちらかというとRGっぽい方向にシフトしていったように思います。適当にグレーを配置させる事でさらにそれっぽく。このグレーは以前メガサイズガンダムを作った時に調色したグレーの残りです。腋の下の色分けが前後のパーツで整合性が取れてなくて無計画っぷりが露呈しています。


unicorn-03.jpg

 筋彫りを増やす、エッジを立てる、デカールを多めに貼る、グレーを追加する、という作業によって、ユニコーンの最大の特徴である「真っ白いMS」という部分は薄まりましたが、代わりにHGとしてはかなり情報量の多い外見になったと思います。立てたエッジは白とパールを厚く吹き過ぎて殆ど意味がなくなってますが。


unicorn-04.jpg
 筋彫りは、キットのパーツに直接シャープペンシルで線を書いて、イメージが固まったらマスキングテープで真っすぐの線を作り、その上にガイドテープを貼って彫る、という手順に最終的に固まりました。最初は適当にガイドテープを貼る、とかマスキングテープだけでやってみる、とか色々試したのですが(キットで試すな)、色々と試行錯誤した結果が前述したものです。「自由なサイズに切れるマスキングテープでガイドを作る」「固いガイドテープで実際の筋彫りの位置を安定させる」を両立させる事は出来ましたが、二度手間と言えない事もないので時間はかかりました。特に足。
 あと左右対称にするやり方もあんまりうまくなくて、上半身は一部がちゃんと左右対称になってません。
 エッジについては、尖ってるべき所を尖らせてあります。角とか、尻とか、諸々。ほぼ全身ヤスリがけしてはいるんですが、塗装の塗膜で台無しです。



unicorn-05.jpg
 筋彫りなどが終わってから、サフを吹いて、クレオスのクールホワイトを吹いて、同じくクレオスのホワイトパールを吹きました。HGサイズで全身真っ白だと凄く単調に見えてしまうので、角度によって印象の変わりやすいパールを吹いてみました。かなり黄色くなってしまったのはで想定外でしたが、予想以上の効果はあったのではないかと。
 パール吹いた後にデカールを貼り、そこから蛍光クリアーを吹いて、乾燥後にクレオスのスーパークリアーIIIを(蛍光クリアーを少し混ぜて)重ねました。デカールの段差が目立たなくなる程度に研ぎ出ししていたのですが、どうにも初挑戦したマークセッターの使い方が悪かったらしく、セッター利用デカールだけが異様に分厚くなってて段差が消せませんでした。水だけで貼れたデカールはとても薄くて段差がほとんど見えなくなってるんですけど。
 パールとクリアー研ぎ出しはもっと曲面主体の形状の方が映えるんだろうなあ。


unicorn-06.jpg
 最初は(騎士ユニコーンで使った)クリアシルバーを使おうかと思ったんですが、違いが観たかったのでパールにしました。クリアシルバーは白地に吹くと白さには変更なく、細かいメタリック粒子がまぶされる感じで、パールとはちょっと方向性が違いました。
 関節部分などはガイアカラーのガンメタルを吹いて、デカール貼った後にクレオスのスーパークリアー半光沢を吹きました。ブースターの外側だけクレオスのガンクロームで銀色にしています。

unicorn-07.jpg
 つま先やバックパックは昔作った紺色を再利用したので、調合比率はわかりません。色が違う所全てに違うクリアーを吹いて質感を変えてみたかったので、紺色のパーツにはつや消しを吹きました。サイズが小さいと単調に見えてしまうので、それを回避したかったのです。


unicorn-08.jpg
 顔を珍しく塗装しています。クリアパーツ全体に蛍光レッドを吹いた後、赤くなる部分をマスキング。目の周りの黒と隈取りの赤の境目は適当でOK。マスキング後にガンクロームを吹いて、クリアーを重ねた後でガイアカラーの蛍光グリーンを吹きました。これで目の色がメタリックグリーンに。
 その後、マスキングを剥がして適当にエナメルのフラットブラックを塗り、乾いてからいらない所を溶剤で拭き取ります。
 このやり方だとマスキングが結構適当にやっても成立するし、塗装そのものが大変楽なのでおすすめです。


unicorn-09.jpg
 さて、蛍光クリアーと蛍光レッドによるブラックライトの画像がこちら。
 ブラックライト用のLEDもわざわざこれのために買いましたよ。波長375nmのちゃんとした奴。
 百均のライトで照らしてみると紫外線以外の光が強くて思ったような感じにならなかったのです。
unicorn-10.jpg
こんな感じ。
なんか股間から光ってるみたいになってますがそこじゃなくて背景の影の違いが分かりやすいかと。これはこれで発光してる感じがあるかもしれない。

 最初は蓄光パウダーを購入して、サイコフレームを光らせようと思ったんですが、クリアパーツの裏に蓄光パウダーを(シアノンに混ぜて)塗って、表に蛍光クリアー塗ってみたら見事に光を通さなかったのでやめました。表に塗っても綺麗に塗れる自信なかったし。クリアパーツの裏には代わりにシルバーを軽く吹いてあります。
 撮影時には露光時間が長くなるように設定して、開いてる間ずっとライトを動かして影が少なくなるようにしました。なんかそんな事やってる記事を見た事があったような気がしたのでやってみたらいい感じ。ライトはLED一つだけのキーホルダータイプですが、十分裏まで光が回せます。
 白いパーツまで光るようにしてしまったせいで、サイコフレームの赤い部分の光があまり目立たなくなってしまった気がするのは、ちょっと失敗だったかもしれません。
 

unicorn-11.jpg

 ビームサーベルは適当に余ってる奴から頂きました(デストロイモードには付属していません)。トンファー用にサーベル握り手にダボがあるけど手には突起が付いてないので縦に持たせると落ちて行きます。ユニコーンモードの方にはサーベルを持たせられる手が付いているのかしら。

 
unicorn-12.jpg
 せっかくなので以前作ったシナンジュとツーショット。そういやシナンジュもつやアリで作ったんでした。水性ウレタンを筆で塗りました。特に研ぎ出しとかしてません。

 キットレビュー的な事は今更いらないと思いますが、自分が作ってて思った事は書いておきます。

 構造上、合わせ目の見える部分がほとんどなく、今回は筋彫りで誤摩化したので合わせ目消しをした箇所はなかったかと思います。僕はやっていませんが、やっておくべきなのは肩の可動軸の方のパーツと、腿と腋の下くらいでしょうか。ライフルはモナカでしたが。
 後ハメをしなければ困るような部分もなくて、塗装には大変楽な構造だと思います。その代わりパーツ数が凄い事になるのですが。
 あとは首の座りが悪いんで、そこだけビニールかませるとか太らせるとかで対応した方が良さそうです。

 そんな訳でHGUCユニコーンガンダムデストロイモードでした。いじる前の真っ白な姿を撮影し忘れたので、検索して頂ければ元の姿を確認出来ます。


 先日、のもぴープラスティックラジオで紹介して頂けましたんでブログにもアップさせて頂きました。
 この後も模型写真たまってるので出来るだけ連続して更新していこうと思います。
    12:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1118-e4d3d95d
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。